fc2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

マンガクロス4月第3週更新分 前半 遥かなる旅路

ンガクロス4月第3週更新分の巻。 前半
こんばんは、ナベキチです。

「ラスボスラブデス/ラスボスラブデス」
おや・・・ぐずぐずのデビュー戦からなんか「真に倒すべき敵」みたいなのが・・・
あんまシリアスになられてもちょっと個人的には困るんですがさて・・

「宮廷をクビになった植物魔導師はスローライフを謳歌する~のんびり世界樹を育てたら、最強領地ができました~」
そっかー・・マンマとミーアもリイトくんと同じように腐りきった世間から脱出してきた恰好なんだなあ・・
ちょっと事情は違うけど・・
リイト君も実力行使するわけにはいかないからって、敵の弱みを握って・・ってするあたりがさすがだし
発注ミスの件も、こっちの手落ちでなく
向こうが意図的に仕組んだものってこともわかったし
手加減無用だな!!

「百魔の主 異世界で魔王チートは最強かもしれません」
ガスパルのオッサンの前にもすでに帝国の人間が学園に入り込んでいて
もう侵略のための準備とか陰で色々暗躍してたってことは
遅かれ早かれこうなる運命だったんですなと・・
しかし前回も書いたけど学園側に不審者発見システムとかそういう防衛のための機関
まったくなかったんであろうか・・・

「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」
「敬語」の方言ってのは恥ずかしながら初めて知った・・・
日本語は奥が深いですね・・・
(早速使うやつ)

「ナインピークス NINE PEAKS」
タイトル通り「一週間待たなかった結果」がこれか・・・
こうして見ると、前回も書いたけどまともな頭がどこもいなくなって
ぐずぐずになる前に春実父ちゃんが・・ってことなのかなあ。
我妻さんには気の毒だけど、こうなるとやっぱ樂くんが来たことで
戦乱の世が続く感じで、2020年どうなっていることか・・

「日陰魔女は気づかない ~魔法学園に入学した天才妹が、姉はもっとすごいと言いふらしていたなんて~」
「嫁入りなら大歓迎だが、仕事のできない奴を置いておくほど余裕はない」
っていうの、寒村のリアルだよなあって・・・
それでも「廃墟をなんとか住めるように」くらいは魔法を使わなくてもできるってのはいいかも・・
「魔法は見世物じゃない」ってターニャさんも言ってくれてるから
それだけでも救いかなと・・

「エロントロピーが止まらない!~JK巫女のラブレッスン~」
耳が性感帯ってのは前から知ってましたけど
耳掃除すると幸せホルモンも出るってことまでは知らなかったし
耳掃除という習慣があるのは東アジアの一部のみで、耳に異物を入れることを忌避する文化があるというのも知らなんだ・・
くどいくらい書いてるしこれからも書くけど
やっぱ見た目以上に真面目な漫画ですよこれ・・・
それでいてエロも摂取できるから二度おいしい!!

「スライム娘は侵食したい!」
滝沢さんの正体については意外だったけど
これもなんか当初から決められてた路線なんだろうなと・・・
なんかもう完全に話畳む方向に進んでるのがやっぱ寂しいなあ・・・
でも魔王様もやっぱ当初から武力による移住は考えてなかったっぽいし
これはハッピーエンドになると予想できる・・・

今回はここまで!

スポンサーサイト



テーマ:週刊少年チャンピオン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2024/04/17(水) 20:26:36|
  2. Web系チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

坊戸翔太郎

童漫画キャラ紹介の巻。
おはようございます、ナベキチです。

shotaro01.jpg
名前:坊戸翔太郎(ぼうどしょうたろう)
作品:スケボーロッキー

第一部のメインキャラ。
見るものを魅了するテクニックを持ち、主にスポーツ関連の会社をはじめとして
多くの会社を傘下に置く「坊戸財閥」の御曹司で
「スケボー界の貴公子」と呼ばれる少年。
ファミコンロッキーにおける芸夢遊一郎とほぼ同じポジション。
(名前もなんとなく似てる)
shotaro03.jpg
ストリートパフォーマンス中に行きがかりとはいえ飛之介に大恥をかかされてしまい
決闘的な意味で飛之介に勝負を挑み
「あんな不良の相手はできない」と拒否されると
shotaro06.jpg
早川スポーツを潰すと脅しをかけてでも対決を迫る。
shotaro07.jpg
しかしそれは初めて会った際に、スケボーに乗ったことがないという飛之介の
身体能力に並々ならぬ素質とセンスを感じ
それを自ら確かめるためにあえて悪ぶってみせたものだった。
shotaro08.jpg
そしてその期待通りに自分に勝利した飛之介を「気に入ったぜ!」とし
以後は自分のチーム「デビルキッズ」に飛之介を引き入れ
数々の強敵たちと共に戦う相棒兼、知識面でのサポートを担当するようになる。
前述の通り本人は決して悪い奴ではないんですが
チームメンバーたちは坊戸財閥の威を借りてやりたい放題してたのに
当の本人がそれを知らなかったり
shotaro04.jpg
(噂には聞いていた模様)
家が廃遊園地を買い取ってスケボー練習場にすることになり
その下見に行った際、遊園地を含むボウルを練習場にしていた地元の少年たちから恨みを買ってしまったり
shotaro12.jpg
(これは坊戸財閥あんま悪くないとは思うんですが)
全国スケボー選手権大会でも、飛之介がデビルキッズのメンバーだと知った参加選手の妹から
shotaro13.jpg
「大会5連覇の坊戸翔太郎のデビルキッズに勝てば兄さんはアメリカのチームからスカウトされる」と
まあ割とホビーバトル漫画によくある展開で、心ならずとも毒を盛られたりと
家も本人も名前が売れすぎてるがゆえに余計な敵やトラブルを招いてしまうことも多かった。
この全日本選手権の前の練習で、ジャンプをミスって転落しそうになった飛之介をかばい大怪我をして入院。
shotaro14.jpg
飛之介にチームを託し、そこが実質最後の出番となり
最終回のラストシーンでみどり達と共にローラーバトルキャノンボールの予選突破した飛之介に合流しエールを送っている。
年齢は飛之介やみどり達より少し上の中学生で(2年生くらいか?)
shotaro11.jpg
和解後は基本的には二人からは「翔太郎さん」と呼ばれている。

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2024/04/16(火) 06:00:41|
  2. 漫画・アニメ私的キャラクター紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見たアニメ、特撮の感想4月14日

たアニメ、特撮の感想。4月14日の巻。
こんばんは、ナベキチです。

「わんだふるぷりきゅあ!」
これは・・・ユキちゃんがキュアニャミーで確定ってことでしょうかしら?
さきにまゆちゃんの方がプリキュアになると思ってたので正直意外というか
こんなに早くってのも意外でありました・・
言及されてましたけど、アニマルタウンの山の中にもかかわらず
上に行くほど動物がいなくなってるっていうのが
なんかストーリー的にも関係してくるのかなと・・・
トリオ・ザ・マダムがちょうど山の中にいたってのも偶然ではないだろうになあ・・
さて次回キュアニャミー登場でありますが、正体明かしやチーム入りは先になりそう?
あと悟きゅん、女子力高いよね!
いつでもお嫁にいけるね!なっちゃいなよ!プリキュア!

「爆上戦隊ブンブンジャー」
玄蕃くん、なんか訳ありなのは事実なんだろうけど
ヒーローのピンチに颯爽と駆けつける自分に酔ってる感じもあるのがいいですなとw
ブロック塀の苦魔獣だから鳴き声が「ベ~イベイベイ」なのも
キン肉マンの超人みがあっていいですなw
働く車、特に建設重機っていつの時代も子供のあこがれだから
やっぱそれのロボットってのは絵になるなあと・・・
調さんが今週は出てこなかったことだけが残念w

「ひみつのアイプリ」
「一緒にデビューしよう」という約束だったのに
お互いに(事情はあったとはいえ)一人でデビューしてしまい
お互いに相手が怒ってるのでは・・・って思っちゃうの
仲良しの親友ならではって感じはしまするな・・
ひまりちゃんが史上初の「バズリウムチェンジ」発生者だったのに
みつきちゃんも続いて・・ってなるの
まあ主人公コンビだからってのもあるんでしょうが
生徒会チームの立つ瀬がないような気はしますかなと・・・w

「サザエさん」
雪室先生って、原作ノルマ(ある)を冒頭で消化して
そこからオリジナル話に持っていくってのが基本パターンだけに
「置手紙」という一つのテーマに沿って
オチに持ってきたというのが結構新鮮でありました・・
やっぱこういう話作りは城山先生と双璧だよなあと改めて・・
あとCパート、値段の見間違えで「こんな高いお肉買えないわ」と言ったサザエに
露骨に咳払いするスーパーの店員・・
昔ならいざ知らず今こういうことやったら確実に炎上しそうだよなあ
原作の「うすぎたないチンピラ」発言や
ワカメを泣かせた子供にいきなり平手打ちする等の過激な言動は
全部マイルドになっててまあこれはね・・w

「魔法騎士レイアース」
武器を蘇らせるために自らの精神世界で闇と戦うことになった光ちゃん。
ノヴァの精神攻撃で仲間や愛する人たちからの冷たい声に闇落ちしそうに・・
こういうのは自身の力で・・ってのはわかるんですが
だからこそ手助けしてあげなよって思ってたところに
プレセアさんが光の精神世界に入ろうとしていて
そういうことできるんなら最初からしてあげて!って感じだなあ・・
海ちゃんと風ちゃんもそれぞれ敵方に捕らえられ
クローン美女軍団になりかされそうな状況に・・
それぞれその直前に自身の愛機から「危機に陥った時は呼ぶのだ」って言われてましたが
セフィーロを狙う敵勢力の要塞に幽閉されてる今が「危機に陥った」状況ではないのか・・?
気が付けば話が進んでないように見えて進んでるっぽいけど
クライマックス近い・・・って感じでもないんだよなあ

「姫ちゃんのリボン」
前回と同じくらいモヤモヤした・・
愛子お姉ちゃんが誰と付き合おうと本人の自由なのに
ハセクラ先輩じゃない男子とデートしてるってだけで
見ず知らずの女性に変身して「私というものがありながら」的にそれをぶち壊そうとするって・・
こういう完璧に私的な魔法の使い方って、魔法の国の査定とかに影響しないもんなの?
一方のお姉ちゃんも、姫ちゃんの部屋で見つけた、在りし日のハセクラ先輩への想いを綴ったノートを見てしまったことで
これまで何かと自分とハセクラ先輩をくっつけようとした妹の苦しい胸の内を理解し(たつもりで)
あえて自ら手を引くような形で好きでもない男とデートしていたということで・・・
そこへ当のハセクラ先輩が来たことで、お互いの気持ちに改めて正直になり、めでたしめでたし・・
じゃねーーーーだろ!
岡君(デート相手の少年)なんも悪い事してないのに初対面の相手にボロカスに言われたあげく
これまた見ず知らずの頭のイカれた女(と、思ってただろうなあ・・)
に、将来を誓い合ったのに~みたいなこと言われて
果てはデート相手がまったくその気でなかった上に、自分の目の前で彼氏とよりを戻すところを
イチャイチャラブラブで見せつけられるって・・・
本人言ってたけどまさに
「俺の立場はどうなるの・・・」だよなあ・・・
岡君だって、前々から愛子お姉ちゃんのことが好きで
ダメもとでデートに誘ってみたらOKされて、天にも昇る気持ちだったかもしれないのに
かわいそうすぎるし、なんのフォローもされずに哀れな三枚目として処理されて
ラスト姫ちゃんが先輩ノートをビリビリに破いた上で窓から撒いて
初恋に笑ってサヨナラするというオチも
なんか主人公中心で世界が回ってる感がしてかなりもやもやした・・・
紙屑窓から撒き散らすなよ!
一応姫ちゃんが
「お姉ちゃん!勝手に部屋に入らないでよ!」みたいなこと言わずに
片付けてくれたことに感謝してるってのは良かったけど・・

「装甲騎兵ボトムズ」
ワイズマンの存在を知ったギルガメス・バララント両軍が協定を結び
ワイズマン打倒のために共闘するっていうの
百年戦争とかしてたとは思えないくらいのスピード和平条約で
やっぱきっかけさえあればすぐにでも仲良くできたじゃん・・って感じで
ソロシップ打倒のために地球とバッフクランが一時的ではあるものの手を組んだのをホーフツとさせるなあ・・
ワイズマンの後継者になったキリコ、すっかり人が変わったようになり
まさに「神の子」みたいな感じになってしまったが
ワイズマンに直接会うために、再びクエントに戻るということで
そこが最終決戦地になりそうだなと・・
ところでロッチナさんは無事だよね・・・?本艦の方に乗ってたよね?
キリコとのさしの通信の最後に
「長い付き合いだったな」って言われたのはキリコ大好き人間としては嬉しかったんだろうな・・・

「キャッツ・アイ」
なんか強敵っぽいなと思ってた今回のターゲット
まさかのお父様の元・同僚で
泪姐さんと瞳さんをキャッツだと見抜いた最初の人間であったか・・・
泪姐さんを捕え、冷凍ガスで・・・ってところとか
助けに入った瞳さんのキャッツカードで目をやられ、撃った弾がオイルタンクに穴をあけ
そのまま半狂乱状態で船と共に爆死っていう最期とか
ルパンやコブラにありそうな感じで
そういう意味では異色回と呼べなくもない感じでした・・
アサッタ二くん出てこなかったの寂しい・・
ブンブンジャーの調さんも出なかったので
黒髪ロング眼鏡の才色兼備おねーさん分が足りない・・・

「美味しんぼ」
今回も胸糞だった・・・
いや、今回のは意図的に露悪的に描かれていたんでしょうけど
銀座で一番の寿司屋なのに
客の態度や食べ方、果ては注文の品にまでいちいちケチ付けて怒鳴りつけて
すぐキレて包丁を持ち出して・・・ってダメだろこんなやつ・・・
食べログで絶対
「味はいいんですが店主の態度が最悪でした。客商売失格です」みたいなコメント付きで★1つとかだろ・・
あと客に包丁向けた時点でもうアウトだと思います・・
老舗寿司屋のおじいちゃんとの勝負で負けてもそれを認めないので
山岡が大学病院で二人の寿司をCTスキャンにかけてもらって
米の密度の違いを説明・・
ってそんなくだらねえことのためにCT使うなや!
そのために検査とかこの時間に受けられなかった人とかいるかもしれんだろ!
山岡の友人という事でしたが
院長にはどう説明したんだろう・・・
「握りずしのCT取りたいので」なんて言ったら気が狂ったと思われそうだし・・
普段は化学調味料とか文明の利器を二言目にはdisるくせに
こういう時だけ利用するのはずるいとおもいまーす!
冒頭で栗田さんの手作り弁当のおにぎりを食べて一言「30点」と吐いて去っていき
ラストでリベンジのおにぎりを「もらっていく」って「全部」持ち去る等
山岡は今回も安定のクズっぷりを見せつけてくれましたとさ・・・
ホント救いようのない男だ・・・

今回はここまで!

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2024/04/15(月) 21:08:53|
  2. アニメの感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

別冊少年チャンピオン5月号 心 斜め15度に

冊少年チャンピオン5月号の巻。
おはようございます、ナベキチです。

「カブリダニ」
新連載!は、正義感あふれる新米刑事が
逃走中の凶悪犯の手から子供を守るために盾になり・・
気が付いたら中学時代、自分のトラウマとして残り続けていた親友の自殺した日の朝に精神だけタイムスリップし・・
といった感じでしょうか・・・
「どうせならせめてもっと前に」って思う気持ちもわかるし
親友を死に追いやったいじめの主犯が追っていた凶悪犯だとわかり
復讐の幕が・・・ってのは色々面白そうではあるんですが
苦手なタイプの漫画なので感想は毎月書くかどうか未定であります・・

「擬態人A」
うーん・・・かなちゃんも必要以上の争いは望んでいないのは十分にわかっているんですが
自分たちの目的を遂げるためには多少の戦いはやむを得ないって考えなので
やはり全面戦争は避けられない感じなのか・・・
一人でも人間が殺されたらMIBは「擬態人排除すべし」って方向に舵を切るだろうしなあ・・
そうなるとカギを握るのはやはり大佐やユーゴくんたちではありますが・・

「ババンババンバンバンパイア」
DSCF0002_20240414104257b00.jpg
おお・・!一触即発というかすでに始まってしまった戦いに
坂本先生が文字通り身を挺して
人間とバンパイアは共存できるということを示しましたが・・・
DSCF0003_202404141042581e3.jpg
圧倒してたのに十字の傷を見ただけで怯む長可兄ちゃんとか
やっぱこう、ドシリアスにはなんないよっていう安心感はもうあるので
トラックにはねられそうになってるヒロインズたちもきっとなんとかなるって思えるのはいいね・・

「せせせせ!」
何度か書いてるけど、あやのちゃんくん。
せっかくJCに転生したのに「とにかくセックスするぞ」っていう目的のためだけにここまで来たし
DSCF0004_202404141043019b3.jpg
自己肯定力も低くて、「まばたきしたら元通りになってるかもしれない」と常に思い
女子として林間学校に参加できるのに
「合法的に女湯に入れるぞ!」って思うどころか
DSCF0005_202404141043019eb.jpg
「自分は中身がオッサンだから」ってんでそもそも参加すらしようと思わなかったってところが
紳士・・・というよりは不憫にすら思えてきてな・・
言わなきゃ絶対誰にもわからないし、案の定本当のことは理解されなかったけど
DSCF0006_20240414104304d36.jpg
正直に自分は中身がオッサンってことを沙沙倉さんたちに言えるのもね・・
ただそんな中で、大人しく気にせず女湯に行くか部屋のユニットバスに沙沙倉さんと二人で入るかの
究極の二択に・・どっちにせよ波乱必至・・!

「AIの遺電子 BlueAge」
祝!連載再開!
・・・・は、いいんですが・・・
ハッキリわかるくらい絵が荒れてるというか線が太い絵がいくつもあって・・
山田先生、他誌の連載や育児中もあってお忙しいとのことですが
やはり落ち着いてからでもいいのでは・・って思ってしまうなと・・・

「カンダタおねえさんの地獄スローライフ」
胎児耳小骨ちゃんシリーズもひとまず完結・・・なのかな?
体だけじゃなくて頭も完全に赤子に戻ってたけど
地獄で亡者が年を取らないのは再生時の姿が生前のものになるということで
そのルール?に乗っ取り体は3歳児でストップしたけど頭はこっち来た時の状態で・・
っていう変化球だったのがなんか納得したようなそうでもないようなw
DSCF0009_20240414104308abf.jpg
でもピッコロさんどころじゃないスパルタンな状況で幼児期を過ごしたネオ耳小骨ちゃんは
きっと前よりタフになってるはず・・・

「マウントセレブ金田さん」
セレブ二本立て!
一本目
結構前から思ってたけど、やっぱニャロメロン先生
ゲームネタを描いてる時が一番生き生きしてる感じはしますなとw
DSCF0010_20240414104310619.jpg
命の危険すらあるゲームシステムってホビーバトル漫画あるあるすぎてw

二本目
テト子ちゃんには懐く幸雄くんよw
これは金田さんと彼を奪い合うおねショタものになるのか?
でも度重なるラッキースケベのせいか、「もち姉・・」って呼びそうになってるのがいいねw
DSCF0011_202404141043103a8.jpg
に、してもテト子ちゃん眼鏡と探偵ルック似合うのが意外w
まあ美人は何着ても絵になりますがw

「魔入りました!入間くんif Episode of 魔フィア」
DSCF0012_20240414104311842.jpg
ついにアメリ会長登場ーーーー!!
しかも入間くんと幼馴染って設定だから入間くんも「アメリ」って呼び捨てにしてるし!
DSCF0013_2024041410431359a.jpg
原作とは立場をほぼ逆転させて・・ってところがニクイし
いきなりプロポーズ同様のことも言ってくれてるあたり
DSCF0014_20240414104314dcf.jpg
イルアメ派としては大満足ですよ・・・!
ま、ただ今はアメリさんは入間くんを「守護るべき姫」として認識してるから
冒頭の「僕はいつまで守られる存在(こども)なんですか?」っていう彼の
自分の力でこの街を変えたいってところといずれ衝突する日がくるのかもしれんし
「あの」オチョがギャング団の一人としてアメリさんに接触してるのが厄い感じはするなと・・

「ナメ。」
うーん・・・振り出し・・どころかむしろマイナス方向に十飴君の状態が向かってるのがなんとも切ないし
水谷さんは「そういう十飴君が好き」ってことで
DSCF0015_20240414104316f24.jpg
わざと煽って心を揺さぶるのも、やっぱ十飴君本人が知ったら幻滅して
自分の方から別れ話切り出すんじゃないかって思うし
滑旗さんに対してもこっちから行くのは違うってのを夏にさんざ思い知らされたわけでして
やはり二人とも手を切って、リセットするつもりでもない限りは
十飴君に真の安らぎみたいなのは訪れないのかな・・・

「今朝も揺られてます」
マクドはなーw
臭いが強烈だから電車内に持ち込むのは危険ってのはわかるんだよなーw
でも個人的には特急や新幹線、せめてグリーン車ならわかるけど
普通の車両で物を食べるという行為そのものに抵抗があったりしまする・・
あとお腹の音なんてよほど静かなところでない限り聞こえんから大丈夫だと思うし
そもそも生理現象だし屁やげっぷ等と違って我慢できるもんでもないから
誰も気にしないと思うけどねぃw
DSCF0016_20240414104318491.jpg
懐かしいカップルもゲスト出演した楽しい回でしたw

「イセグレ」
こっちから向こうに行くよりは
向こうからこっちに来る方がはるかにハードル高いからなあ・・
DSCF0018_20240414104320889.jpg
戸籍とか身分証明とかどういう風にしてたんだろうか・・w
ただ柴咲さんが一応知り合いになった以上、学校の入学手続きもだろうけど
色々便利にしてくれそうねw
大家のばあちゃんもおっかない人ではあるけど
まあ言ってることは理解できるし
DSCF0019_20240414104322922.jpg
千和ちゃんをめぐっての争いを「これ何て乙女ゲー?」って思えるくらいには心も若いのがいいね!
ポメラくんのことも「イケメン」と認定してはいるみたいだしw

「少女聖典ベスケ・デス・ケベス」
DSCF0020_20240414104323ed0.jpg
いつも通りのしょうがねえ話だなあwってゲラゲラ笑ってたら
まさかの次回最終回という事実に衝撃・・・
いや、永遠に続くと勝手に思ってたけど
タンコーボンは3巻以降電子オンリーになった状態でよくぞここまで続いたなという気持ちも・・
ルノアール兄弟先生のトゥイッターによると
やむにやまれぬ事情でってことらいんですが
やはり少年誌とは言えちんぽネタは色々引っかかるようになってしまったんかしらと思わんでもない・・
しかしせっかく別チャン、ギャグマンガ充実してきたと思ってたのに
そのけん引役だったケベスが終わっちゃうのはやはり寂しい・・・
最終回、どういう形で締めてくれますか・・

今回はここまで!

テーマ:週刊少年チャンピオン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2024/04/14(日) 10:53:06|
  2. 別冊少年チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年チャンピオン19号 たいたい尽くし

刊少年チャンピオン19号の巻。
こんばんは、ナベキチです。

「SANDA」
DSCF0001_20240413214851dc6.jpg
我輩もね、この年になると二胡ちゃんの言い分みたいなのはよくわかるんですよ・・
自分とその家族だけはいつまでも若々しくて健康でいられるっていう
根拠のない自信・・というかそう無理にでも思い込ませようと自分でもしてるっていうのが・・
しかし二胡ちゃん、登場時は負けヒロインかと思ってたけど
三田くんがおふゆさんにフラれたからか
DSCF0002_202404132148530e4.jpg
(だから。ってわけではもちろんないんだろうけど)
一気にここに来て正ヒロインの座に近づいたな・・・!

「魔入りました!入間くん」
DSCF0003_20240413214854121.jpg
ガルナさんの怖さって悪魔特効かと思ってたけど人間の入間くんにもしっかり「怖い」って伝わるのか・・
あと本物のガルナはシルビアちゃんですらもって数分が限界で
少しでも気を抜くと精神をもっていかれそうなほどだったことを思うと
やはり「展示できるレベル」まで怖さは抑えられているんだなと・・
それを「劣化」というつもりはないけど、やはりビーム先輩ってヤバイレベルの画家なんだなって・・
DSCF0004_202404132148579a7.jpg
に、しても入間くん、去年の今頃では絶対やらないような表情や絶対言わないようなセリフも言えるようになったね・・
すっかり悪魔として成長してるなあ・・・よきかなよきかな。

「ルパン三世 異世界の姫君」
またなんていうか、テレビシリーズの1話分みたいなお話だったし
よくぞ週刊少年誌の1話分に収められるなあと思うな・・・
これも構成力ってやつでしょうか・・
DSCF0005_20240413214856073.jpg
「古来より怪異の好意は人の思惑とはずれる」っての
言い得て妙だなと・・

「浦安鉄筋家族」
DSCF0006_20240413214859533.jpg
ついにストレートにおデートのお誘いですかみなみ先生・・・
くどいくらい書いてるけど「あの」春巻のどこがいいのか心底知りたい・・・
みなみ先生自身、顔もスタイルも性格もいいから絶対男が放っておかないと思うんだけどなあ・・
DSCF0007_20240413214859dd1.jpg
バーベルやベンチプレスだってそうポンと買い与えられるもんでもないだろうに・・
うむむ・・・

「SHY」
DSCF0008_20240413214902f9b.jpg
スピリッツさんやラヴォワールさんといった最強クラスのヒーローですら
アマラリルクの事を忘れ、さらに「面倒くさい」というタルム―の波導に飲まれまくってることが
事態の大きさを物語るのぅ・・・
我々の世界で今まさに起こってるあれやこれが元になっている分
生々しさが強くてしんどいなと・・・
DSCF0009_202404132149026a9.jpg
ハルティアさんが「絶対死なせない」というポリシーになったのと
タルム―くんが「死ぬべき理由」を持ったのも
この「壁の中の地区」が関係してるってことで
ヒーローのいない世界ではまだ戦争が続いていることも
二人を結び付け、そしてテルちゃんが現実に帰るカギになるのであろうなと・・

「ヤンキーJKクズハナちゃん」
言い方は悪いけど、オツム軽い系の女子だった牛込さん・・
確かにメンタル面でも大きく成長してるってのがわかるな・・
DSCF0010_2024041321490455d.jpg
心境としては孔雀会長に一番近い感じもするし
(やるとして)新・生徒会にもなんかノリノリで参加しそうな感じはするなと・・

「今朝も揺られてます」
別チャンからの出張読み切り!
というか、前日譚みたいな感じなのでこれ読んで興味持ったら別チャンの方もよろしくね!
ってことなんだろうなとw
DSCF0011_202404132149053f2.jpg
別チャンの方の感想でも書いたけど、やっぱ「実わた」や「夢見が丘ワンダーランド」みたいな
闇やコメディの部分がちと自分には刺さらなかったので
「さくらディスコード」みたいな感じの青春ど真ん中ラブコメに今んとこ全振りしてくれてるのがありがたいかなと・・
歌の力って凄いよね・・
我輩も職に就けず将来に不安しかなかった20代後半、何度アニソンに助けられたか・・・

「あつまれ!ふしぎ研究部」
やっぱりこの時期にプールネタやるってことは・・・
って思っちゃうよなあと・・・
てっきりこないだの雪の日の話で麗ちゃんのお話最後なのかなって思ってたので嬉しくはあるんですが・・
DSCF0012_2024041321490732a.jpg
大祐がちゃんとムキムキになってるところを見ると
時系列いじらずホワイトデーから先のお話ってのはなんとなくわかるんですが・・
あとやっぱ結ちゃん可愛すぎる・・・
今もなんかクラスのアイドルみたいな気はするし
中学、高校と進んだらこれもうモテモテでしょ・・・
DSCF0013_20240413214909520.jpg
あと麗ちゃん、もう好意を隠さなくなってるのもちと気になるというか
10年後回の同窓会にも(部外者だからってのが一番だろうけど)顔出さなかったのは
大祐と付き合ってるからでは・・・?って想像もしちゃうなと・・そうあって欲しいかも・・

「フェアウェイの声をきかせて」
DSCF0014_20240413214910c52.jpg
「プロになれば「上手い」なんて当たり前」ってのが
さすが強豪校って感じはしますし
「馬鹿の一つ覚えで勝てるほどゴルフは甘くない」ってのも正論でありますな・・
DSCF0015_202404132149118eb.jpg
晴れてマブダチになり、ひよちゃんに全幅の信頼を置いてる冬子さんがカワイイ・・

「気絶勇者と暗殺姫」
普通に考えるとマンソンさんと偽シエルはグルだったと考えられますが・・・
まあトトはノーダメージか大して効いてない範囲だろうけど
シエルさんが心配ではある・・・な・・

「ヒロトくんはヒーローになりたい」
田中こめ先生の集中連載!
タイトルからヒーローに憧れる少年のお話かなって思ってたんですが・・
DSCF0016_202404132149131a6.jpg
「ほぼ育児放棄状態のいじめられっこの少年が、保護者にして憧れでもある近所のお姉さんのために人の役に立つ人間になろうと
DSCF0017_20240413214916597.jpg
色々するも上手くいかず
DSCF0018_20240413214918211.jpg
さらにお姉さんにも彼氏がいると知りショックを受けた直後、自分の妹の手でお姉さんが殺され・・・」
というあまりといえばあまりにショッキングな内容で残り2話どうなるのか全く読めないという・・
先週のオタクくんイメチェンのお話は割と明るい感じでオチもいい感じでしたが
やっぱり受賞作の「クラスメイトはモンスター」みたいな心にひり付くお話が田中先生の得意とする感じなのかしら・・
さてどうなる・・・
妹ちゃんがお兄ちゃんを取られないようにっていう動機からやったものとは思いますが・・

「彼女たちは穴をうめたい」
郁くん、最初からそうだったけど
美人であるカリンちゃんたちにも基本的には「変な奴」とか「ゲンキを狙う害虫」くらいにしか思ってないの
ラブコメの主人公の友人としてはかなり新鮮な気はするなと・・w
DSCF0019_20240413214918412.jpg
自分に接触してきたのも「ゲンキとの仲を取り持つためのダシだと思ってんだろ」って見抜いてるし・・

「お姉さんエルフは一線を越えたい」
読み切り!はタイトル通り
駆け出しの少年冒険者の師匠である凄腕エルフのお姉さんが
DSCF0020_202404132149211e9.jpg
表向きの態度とは別に実は少年を溺愛していて…といった感じでしょうかw
もう、こと少年に暴力を振るわれたり軽くdisられたりするだけでキレそうになるのかわいいし
DSCF0022_20240413214942ee0.jpg
作者様のことは存じ上げないの申し訳ないんですけど
「好きなもの目いっぱい詰め込んだ」って感じのお話もいい感じでありましたw
DSCF0021_202404132149396b5.jpg
絵柄も可愛いし、いつかは連載で読みたいなあ・・

「木曜日のフルット」
DSCF0023_20240413214945188.jpg
巌流島が行われたのが4月13日だから「決闘の日」になってんのか・・
でも日本の法律では決闘は禁止されてるし
じゃあなんのための記念日なんだ?って気もする・・w
そもそも最近は武蔵が弟子数人に小次郎を襲わせて殺したってのが定説になってるみたいですし・・

今回はここまで!


テーマ:週刊少年チャンピオン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2024/04/13(土) 21:57:55|
  2. 週刊少年チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンガクロス4月第2週更新分 後半 さらば斗いの日々、そして。

ンガクロス4月第2週更新分の巻。 後半
こんばんは、ナベキチです。

「朽ちかけ龍の契約者」
最終回!厳密には最終話までの残りを一気に配信するって形でした。なんでだろう。
ともあれガイは体こそ朽ちたものの、ヤオくんと同化して
(見た目もちょっとガイっぽくなった)
心は共にあるという形になり
悪い奴らはみんな倒れ、お姉ちゃんも無事に帰ってくるという終わってみれば大団円となりました・・
目を合わせたら死 みたいなラスボス相手にどうやって戦うんだって思ってたけど
なるほど、その手があったか・・って感じの勝ち方もいい感じでした・・
みどりわたる先生、お疲れさまでした!

「もういっぽん!」
おぅあ・・・・・やはりそういう展開であったか・・・
あの後未知はさっちゃんに敗れ、
青葉西は「5位入賞」。その博多南も「3位」、最後に残った栄も準優勝という結果が
やっぱり最後の最後まで主人公補正とか、そういうの効かないリアルな漫画だったなあと・・
だからこそ、主人公補正でなく、本人の努力とある程度は友情パワーもあったかもしれないけど
世界レベルのエマを倒したことが何より大きいし
エマ戦含め二試合しかしてない未知が「優秀選手賞」の栄誉をもらったのであろうなと・・
ただ本作最初の頃からそうだったけど
徹底して「見せるところだけ見せて後はばっさりカット」ってところ。
今大会に関してはやはり全試合しっかり見たかったと思わんでもないかな・・・
小町ちゃんもやっと競技者としてやる決心がついたし
また3人にはなってしまうけど、姫コキャプテンの元頑張って青西柔道部の灯を消さないでほしいなと・・
そしてあと4回の告知・・・
未知たちのその後も語られるのか、はたまた・・
でもやっぱり「大学編」とかで仕切り直しで新しいシリーズを見たいなあ・・

「はるかリセット」
ちょっと耳の痛いお話だなと・・
我輩靴は一足だけで、それが潰れたら次を・・みたいなことやってるんですが
確かにそれなりのものを買ってるのに1年くらいで潰してるからなあ・・
やはり2足買ってローテ回した方が結果的に長持ちしてお得なのか・・・

「クロスオーバーレブ!」
うん・・今のトオルさんなら会わない方が正解かも・・・
モトちゃん、勝手に高1くらいに思ってたけど
そら車の免許取れる年齢ならそうか・・
話聞く限りではレーサーやラリーストになりたそうではありますが・・
さて・・・

今回はここまで!

テーマ:週刊少年チャンピオン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2024/04/12(金) 20:58:49|
  2. Web系チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンガクロス4月第2週更新分 前半 いい人たちの宴

ンガクロス4月第2週更新分の巻。 前半
こんばんは、ナベキチです。

「異世界チート戦士&魔法使い」
いい人っぽいだけに、この力が何の努力もせずに与えられたものだと知ったら
どう思うのか心配だな・・・

「HIGHSPEED Étoile: L'Entrée de Towa et Kanata」
アニメは先週から始まったので見てみたんですが
やっぱり「時速500キロの世界」にもかかわらずスピード感があんま無いのが一番気になったかなと・・・
キャストはめっちゃ豪華で古谷徹さんやささきいさお御大とかいてたまげたんですが・・

「きみがローファーをはいたら」
うむ。予想通りというか、今更こんなこと(というには大きい事でしたが)くらいで
冬馬くんの凛音ちゃんへの愛は揺らぐことは全くないどころか
逆に二人の絆がより深まるという良い結果になりました・・・
が、虎龍くんの不敵発言がちと気にならんでもないかなと・・
前回を見ると、二人が両想いだとわかったら身を引きそうな感じではあったんですが・・

「魔女先輩日報」
丹波さん、悪い人ではなかったし
静ちゃんへの幻滅・・というか勝手に憧れてハードル上げてただけって自覚もできた上で
改めて彼女の偉大なところを再確認したのは立派なんですが
「こんなところにいたら勿体ない」
「私があなたにふさわしい場所を見つけてみせる」
とかかなり厄い方向に考えてるのが心配だったり・・
二人で新会社を設立しましょう!とか言い出しかねない感じで・・

「異世界小林幸子〜ラスボス降臨!〜」
最初の方でも書いたけど
ともすると出オチともとらえられかねない題材なのに
まっとうに、しかも「魔王として人間の手によって荒らされた魔界を立て直す旅」っていう
結構新鮮な内容なのがいいよね・・・
小林幸子さんの衣装と歌がそのまま魔界の守護神になってるのも・・
これ真面目にアニメ化されないかなあ。もちろんご本人主演で

「僕の心のヤバイやつ」
やー・・・でも健全な男子中学生だから雑念はシコって賢者モードにすることので解消ってのは
正解だとおもうねぃ・・・
ましてや立派に彼女持ちだしねぃ・・
恋愛関係はもう決着ついたし(アニメでも)
後はどこまでやるかって感じだけど、萌ちゃんの立ち位置みたいなのも今後注目だな・・

「科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌」
とりあえず敵意は無いことはわかっただけでもいいか・・
「自分たちのスライム部分を見せると「かわいい度」が下がる」という事も理解していて
「それでも見たければ見せるけどそれによるあらゆる事態も保証しない」って言うの
相当に頭が良くないと言えないし、やはり「頭脳」の部分のスライム
めっちゃできる存在だな・・・
ここまで数多くのクリ娘とやってきたダイスケくんもさすがに相手が相手だけに勃たないか・・
事前に「普段のスライム」見てきたらまあ納得はできますが・・

「ナインピークス NINE PEAKS」
うーむ・・元の(?)歴史では名だたるメンツがことごとく表舞台から去って
各校ともにもうまともな頭がいなくなったから
ぐずぐずになる前に春実父ちゃんがしかたなく・・・って感じなのであろうか。
となると、そういった面々がまだほぼ全員そろってる今の2000年。
さらなる混沌というか戦乱が待っているのでは・・・

「怪人ミラの第2形態が可愛すぎる」
抜け駆け禁止という一昔前はよくあったいわゆる「親衛隊」制度か・・
でもこういうのって個人の意思みたいなのは尊重するのが常ですがさて・・・
悪を倒すんでなく、生徒がけがをしそうになったのを見てとっさに変身するあたりは
さすがヒーロー・・・!

今回はここまで!

テーマ:週刊少年チャンピオン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2024/04/10(水) 21:04:53|
  2. Web系チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する