ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

ゆめ妖怪・まくらがえし 

んばんわ、ナベキチです。

さて!連休中ってことで時間ができたので
ワンダービートの第2話いくぜ!
ひさびさすぎるからタグの 「ワンダービートスクランブル」 から参照してくれると助かるね。

「謎のスペースシップ」

眼球での浄化作業中、謎の生物と宇宙船に遭遇したワンダービート号。
彼らの活動がケンイチの目の異常の原因だったのだ。
活動時間限界のため、一時帰還したワンダービート号は
パワーアップしたレーザーを積み、再び体内へ。
果たして彼らは何者なのか?そしてケンイチの目は・・?
デカい

一話とは前後編なので、お話的には前回の続き。
ビジュール星人(この頃はまだ名無し)や、ワンダービート号の武装などが初お目見え。

雑魚敵
調査用メドロソルジャー。本作における雑魚敵。
ハゲなのがなあ・・・
ビジュール大王の娘で陣頭指揮をとる「ビジュラ姫」
声は鶴ひろみさん。
ビジュール星人は全員スキンヘッドです。

悪影響なし
ワンダービート号の主武装 「エンザーミサイル」
酵素の力で体内の異物を消滅させるもので、もちろん人体に影響は無し。

気持ち悪い
今週のメドロモンスター 「バブラ」 
メドロモンスターは基本的に気色悪いものが多く、なんだかよくわからない形なのが特徴。


宇宙人ばっかりでもナンなので、メインキャラも。
凛とした女性
リー隊長。パイロット版ではこれでもかってくらいの中国人面だったので
これはよい改変。
萌えス
カトリーヌ。かわいいのに、管制メンバーなのでどうしても出番が少なくなっちゃうのよね・・・
テーマ。
マユミちゃん。
余談だけどワンダービートスクランブルは 「マユミ」 って名前にこだわっていて
主演の声優二人も 「マユミ」 ヒロインの名前も 「マユミ」 ついでに主題歌も 「マユミ」 なんだよね。

この辺「トップをねらえ!」にも影響を与えてると我輩は思うな。
いや、本当に。

手塚先生
次回予告の前のミニコーナーにて、毎回のテーマについて軽く解説する手塚先生。
今回は「目」。
これも貴重映像だぁね。

スポンサーサイト

テーマ:懐かしアニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/22(火) 00:04:34|
  2. ワンダービートスクランブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーレリィの顔

ー!ワンダービート!
力の叫び~!
こんばんわ、ナベキチです。

と、いうことでフライングワンワンのCDを入手したよ!
flying DOG コレクション テーマソング・アーカイブ 80’s PartIIflying DOG コレクション テーマソング・アーカイブ 80’s PartII
(2008/03/26)
アニメ主題歌、加茂晴美 他

商品詳細を見る

石丸博也のポイントが2000くらいあったので、全部つぎ込んで1000円強で購入。

やっぱワンダービートの曲はいいなぁ・・・
あと 「アタッカーYOU!」の「青春プレリュード」や「らんぽう」の「ワープボーイ」もいい感じ。
やはりマイナー作品にはまだまだ埋もれた名曲がたくさんあるんだよね。

・・・・・ん!?よく見たらこの二つ、裏番組じゃないか!
ビクター同士で潰しあいか~。
「アタッカーYOU!」が勝ったってのも興味深いよな。

あと最近知ったんだけど、「ペルシャ」の岡本舞子さんって、あの森岡みまさんの事らしいね。
言われてみれば声が似てるような気もする・・・


正直持ってる曲も多かったけど、未CD化の曲も入れてくれているところが高ポイント!
パート2で終りにしないで、是非とも3、4と続けてほしいよね。

ボタンノーズもタツノコ聖書アニメもビクターだしね。

BGM:燕 奈緒美 真由美 「ワンダービート」

もう30回くらいエンドレスで聴いてますわ。
あぁ・・最高だ・・!

テーマ:アニソン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/03/26(水) 22:45:17|
  2. ワンダービートスクランブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真機どろぼう

祝!ワンダービートスクランブル初CD化!


flying DOG コレクション テーマソング・アーカイブ 80’s PartIIflying DOG コレクション テーマソング・アーカイブ 80’s PartII
(2008/03/26)
アニメ主題歌

商品詳細を見る


ビクターはきっとやってくれると信じていたよ!
パート1の曲はライトユーザー向けって感じでほとんど持ってるんだけど
パート2は初CD化曲が目白押し!

ワンダービートの他にも「らんぽう」や「アタッカーYOU!」などマニア垂涎の内容!

欲を言わせてもらえば、やっぱ聖書三部作は入れて欲しかったな~
パート3以降があるなら期待、つーか嘆願書でも出そうかな

ともあれめでたい!これは絶対買わなきゃダメだ


せっかくなのでチューブマン映像を。

知らない人もこれを機にワンダービートのよさを知ってほしいものだな

テーマ:アニソン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/02/14(木) 22:42:20|
  2. ワンダービートスクランブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワンダービートスクランブル キャラクター

と、いうわけで今回はキャラクター紹介であります。
まずはメインから

スギタ・ススム 声:田中真弓
主人公、熱血バカっぽく見えるが心の優しい少年。父親の事になると周りが見えなくなる。ワンダービート号では船外活動担当

マユミ 声:荘真由美
ススムのガールフレンドでドクター・ミヤの姪。一応ホワイトペガサスの隊員らしいが何をしているのかはいまいち不明確。

ドクター・ミヤ 声:永井一郎
フェニックスタワーの所長でホワイトペガサス隊を指揮している。ミクロナイザーシステムの開発者でもあるすごい人。ススムの父とは旧知の仲だった。

リー・メイ・ファン 声:小山まみ
ホワイトペガサス隊隊長の中国人。知的な感じのする美女でワンダービート号のキャプテンとして的確な指示を出す。

マイケル・ヤンソン 声:難波圭一
船外活動チーフのアメリカ人。ススムのよき先輩で、たびたびススムのピンチを救う。作画チームからの人気が一番だったそうな。

ジョー・クムバ 声:塩屋浩三
船内メカニックのコンゴ人。宇宙言語学にも精通しており異星人の言葉の翻訳を担当したりもする。いまいち影が薄い

マナカ・コウジ 声:塩屋翼
管制メカニックの日本人。ワンダービート号に乗らないので出番はやや少なめ。一応操縦はできるようである、ビオを作ったのはこの人

カトリーヌ・ドワイエ 声:吉田奈穂
管制メディカルのフランス人。やはりワンダービート号に乗らないので出番は少ない。ブロンドヘアーがまぶしい、美人というよりはかわいい女性。カンフーの達人でもあるらしいが、一話以降それを発揮する機会はなかった。残念

ビオ 声:江森浩子
コウジの作ったアナライザーロボット。ススム達と共に船外活動を行い、敵モンスターの生命コアを分析する能力がある。漫画を読むのが趣味


スギタ・イサオ 声:屋良有作
ススムの父親で宇宙船の船長でもあった。謎の小惑星X23と接触後、消息を絶つ。

スギタ・リツコ 声:川浪葉子
ススムの母親で作曲家でもある。夫の帰りを信じ気丈に振舞う。序盤と終盤にしか登場しない

スギタ・マリエ 声:柴田由美子
ススムの妹。やはり中盤は出番無し。

スギタ・ミノル 声:調査中
ススムの弟。母や妹以上に出番が少ない。かわいそう


ゲストキャラや敵側については登場時に紹介予定

テーマ:マイナー作品 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/10/12(木) 00:43:11|
  2. ワンダービートスクランブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワンダービートスクランブル 1話

今日からマイフェイバリットアニメ「ワンダービートスクランブル」の
不定期レビューをしていこうと思う。

ワンダービートスクランブルは、人間の体内を舞台に
ミクロ化して治療を行う体内医療救急隊「ホワイトペガサス」と
人間の体内に入り込み、何らかの症状を引き起こさせる謎の異星人「ヒュー」との戦いを描いたアニメである。
企画監修は自らも医学博士号をもつ手塚治虫先生。(番組の終わりには先生が各話のテーマになった体の器官について語るコーナーもある)
製作は虫プロと、磐石の布陣で臨んだにもかかわらず、裏番組に「めぞん一刻」と「連想ゲーム」があったおかげで視聴率不振、ついには打ち切りの憂き目をみることになってしまう。
さらに厳密に言うと「手塚先生の作品」ではないので手塚先生関連の書籍でも無視されることが多く、一般的な知名度は皆無に等しい。
しかし断じてつまらない作品ではない!やいミーハーども!
マイナー作品はみんなつまらないのかぁぁぁぁぁぁぁ!!!・・・失礼
私はこの作品のよさを一人でも多くの人に知ってもらおうと思い、このレビューを始めたのである。
まあ、そんなところかな。

第一話「行け!体内宇宙へ!」テーマ:眼球

あらすじ:西暦2121年。スギタ博士率いる宇宙生命探査船が謎の移動小惑星に遭遇、博士は小惑星の破壊命令を無視した直後消息を絶ってしまう。
そして3ヶ月後、博士の息子ススムは突如ホワイトペガサスの本部「フェニックスタワー」につれてこられ、そこで父の友人である「ドクター・ミヤ」から、ホワイトペガサスの隊員に選ばれたことを告げられる。
厳しい訓練の末、ついに正式に隊員になることができたススム。
しかしススムの所属していたサッカー部のライバル、ケンイチが退部を許さず、PK勝負を挑んできた。
そしてその最中、突然彼の目に異変がおき、その場に倒れこんでしまう。
フェニックスセンターに運ばれたケンイチの眼球に謎の反応があったことから、ホワイトペガサスはワンダービート号で体内に入り込んでの調査を開始、やがてガラス体にプリズムのような異物を発見する。
船外に出て直接調査に出るススムと船外活動チーフのマイケル。
だがその調査中に謎の生物がススムに襲いかかってきた・・・!


コメント:第一話ということで話の導入部分からスタート。
ススムの学校の成績は軒並み悪いが、体育と生物が得意。さらに命の尊さを知っているということが選考理由。
ススムをスカウトに来たのは管制メカニックのマナカ・コウジと管制メディカルのカトリーヌ・ドワイエ。でもトレンチコートにグラサンといういでたちでは誰だって警戒するぞ。そして抵抗するススムに延髄チョップを喰らわせるカトリーヌ、過激だ・・・
ケンイチはやや石崎似、声は頓宮さんだけど。

こんな感じで続けていこうかなあ・・次回はキャラ紹介の予定。
結構登場人物多いから話が難しいのよね・・

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/10/07(土) 01:01:21|
  2. ワンダービートスクランブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する