ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

都会育ち

こ2日ほど更新をサボってしまったことを深く反省。
いや、なんとなくやる気が起きなくってさ。
いかんな~更新しなかった日に来てくれた人に申し訳ないな~
と、自虐はここまでにして、ついに「風の少女エミリー」のCDを購入した!

風の少女 風の少女
EPO 堀江美都子、堀江美都子 他 (2007/04/25)
コロムビアミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る


あの石丸博也でも売り切れだったので、普段絶対行かない某アニ×イトにダメもとで行ったところ、新譜コーナーのすみっこに3枚ほどあったので即購入。
売れてるんだろうか?
内容に関して言えば、オンエアを見て購入を決心したので問題なし。
やはりミッチの歌は最高だ。
本編に出演してもよさそうなのだが?


今日の名言
「ハ~~~~ッパッパッパッパ!」
(秘密戦隊ゴレンジャー より 落葉仮面)
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/30(月) 23:54:39|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

助けてくれた人

刊アウト1987年12月号
「愛の若草物語特集」より
wakakusa.jpg

羽原信義画伯による「現代版若草四姉妹」
これでもかってくらい羽原絵だなあ。うむ、これは萌えだろ。
若草物語は美少女が多かったからか、普段は名劇なんか見向きもしない
他のアニメ雑誌でも特集が組まれていたのだ。
ちなみに後番のセディは・・・・・


今日の名言
「ディス ライス ハンド リング マイ ツリー ピクチャー アイムソーリー!」
(パタリロ! より パタリロ8世)

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/27(金) 23:52:45|
  2. 月刊アウト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

島での出来事

ムシティDS
購入一週間で人口13万人突破。
現在資金は50万とちょっと。
年は1966年
全ての予算を200パーセントにしてもまだ大幅な黒字になり、冬には毎年サンタさんが訪れる平和で綺麗な町。
そしてランドマークは富士山とクッパ城。と今のところかなり順調。

ここから)パスワードをかき集めてきたんだけどね。

う~ん、こうしてプレイしてみると初代シムシティからずいぶんと進化してるなあ。
いや自分はスーファミの(しかも初代)しかやったことなかったからさ。
はじめは三大区画の因果関係とか、電気、水の供給方法などがいまいちつかめなかったが、
(貯水塔は知らないうちに崩れ落ち、発電所は設置後3年足らずで爆発してました・・・はい)

慣れてくると、景観を意識しつつ機能的な町が作れるようになってきてとても楽しい。
市民からの要請はちょっとうざったいところもあるけどね。
(特にもう5つも建ててるのにまだ災害研究所を要求してくるシムマチ博士!)
俗に言う「箱庭ゲーム」が好きなら買って損はないでしょう、うん。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/04/26(木) 22:55:34|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出会いと別れ

日の買い物
エロマンガ

復活記念と言うことで、近所のブックオフにて100円で購入
しかし改めて見るとエロイね~!まあ掲載誌が掲載誌だけにしょうがないのかもしれないが。
お話もただひたすらにゼオライマーの無敵っぷりだけが印象に残る内容で、鉄神帝国側のロボがかわいそうに見えてくる・・
そしてラストは敵の本拠地に乗り込むぞってところでチョン。
う~む・・・
げに恐ろしきはアニメ化の力。
そう考えると黒岩よしひろ先生の「魔神竜バリオン」も、ちょっと間違えるとゼオライマーみたいになったのかなあと思わずにはいられないのであった。


今日の名言
「マッチ一本火事の元~!ポーの一族はぎおもと~!」
(すすめ!パイレーツ より 犬井と猿山)

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/25(水) 23:24:39|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊と牛はどちらが強いか

日の買い物
あんみつ姫

お値段は
オリジナル:600円
竹本泉 版:各350円

オリジナルが発見できたことももちろん嬉しいが、
竹本先生版は、初版本(例の悪の秘密結社によるクレーム修正が入る前)だったのでラッキー!
どっちも絶版だしね。
これでアニメと合わせて、あんみつ姫はほぼ掌握したことになるな!
あとは掲載当時とキョンキョン主演のドラマだな・・・
(そこまで集める気か?)
しかしこうして見ると、オリジナル、竹本版、アニメ、と
どれ一つとして同じエピソードがないのが興味深い。
同じなのは登場人物と(これも作品によっては登場しないキャラもいたりする)
世界観くらい。
まあ竹本版のあとがきによると、アニメと連動して連載が決まったものの、好きに描いてもいいということらしかったから・・・
一番ハチャメチャなのがアニメ版で、竹本版は言い方は悪いが、オリジナルとアニメを足して2で割ったような所か。
オリジナルも掲載年のわりには古臭い部分がなく、今でも通用する内容で
(少なくとも吾輩はそう思う)
改めて「あんみつ姫」という作品の良さと、倉金章介先生の偉大さを感じたな~


今日の名言
「12月は師走と言って1日に30分は先生が走らなければならない月なのです。先生はみんな文部省から義務づけられているのです。」

(あんみつ姫(竹本版)より カステラ先生)

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/24(火) 23:07:45|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春を待ちながら

日の買い物

ロボット三等兵

神田の古本屋で300円で購入
こち亀で結構紹介されてるから知ってる人も多いのでは?

タイトルを聞いて、戦争賛美漫画と勘違いする人も結構いるみたいだけど、作者の前谷先生自身がビルマ戦線で九死に一生を得て帰ってきただけに、戦争がいかに馬鹿馬鹿しくてくだらないかをギャグを交えて描いた反戦漫画なんだよ。
本編でも国境線をまたいだ、いない、でソ連軍と戦い(とはいっても子供の喧嘩のような殴り合い)が始まったり、
主人公のロボット(これが名前なのだ)が竹やりで米軍と戦えと命令されたことに対し
「こんなもんでアメリカと戦うなんてまともなやつのすることじゃないよ」
とぼやくなど、
戦争と軍隊を徹底的に茶化した傑作。

入手は困難なれど機会があればぜひ一読を。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/22(日) 23:57:07|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アベルが狙われた

3話「変わり者イルゼ」

学校初日のエミリー、案の定マレー家の人間と言うことで嫌がらせを受ける。
下校時に友達になったローダという少女から、イルゼに関する嫌な噂を聞いたエミリー。ローダはこの手の友人キャラとしては珍しくツリ目。ツリ目が悪役の時代は終わったのか?
彼女から聞いた噂を確かめている最中に当のイルゼと遭遇し、そのままバトルに突入。喧嘩の仕方が中々にリアル、この年頃の女の子ってパンチよりも平手や掌手を良く使うんだよね。あと髪引っ張り。

喧嘩で服を汚したエミリー、エリザベスおばさんに叱られるかと思ったが、ジミーおじさんたちの気転で難を逃れる。
(おばさんは薄々感づいているみたいだったが)
次の日
友達だと思っていたローダ、あっさり尻尾を出す。やはり法則は生きていたか・・・
ハメられたと知ったエミリーの怒りの張り手が炸裂。何か一言あってからだと思っていたが・・・どうやら口よりも先に手が動く模様。
激しい喧嘩をしたもの同士は直後に仲良くなるの法則にしたがってか、はたまた敵の敵は味方と言う事なのか、イルゼとエミリーあっさりと友人に。イルゼの父親も予想通りドクターだった。
そしてラストにはテディ登場、テディを見たエミリーの心に何か特別な感情が芽生えたような?ともかくこれで主要メンバーがそろった形になるか。

来週はテディの家庭についての、つっこんだ説明がある模様。

テーマ:風の少女エミリー - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/22(日) 00:45:22|
  2. アニメの感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来た人と去る人

バテレビであんみつ姫を放送していることは半年ほど前に書いたけど、
これ本っっっっ当に面白いわ。
ベースはもちろん江戸時代なんだけど、ファミコンやったり、バズーカ砲を持ち出したりと
江戸と現代のミックス具合が絶妙で、世界観をくずすことなくハチャメチャワールドを作り出すことに成功しているのよね。
(このへん「キャッ党忍伝てやんでえ」にも通ずるものがある気がする)
人情話はあっても説教くさいところはまったくなく、かつ安心して話に集中できる。
さらに作画のレベルはおしなべて高く、これでもかと言う位良く動く。
キャラデザも南家こうじ大先生で、あんみつ姫をはじめとするキャラクターたちにも温かみが感じられて○
と、おおよそ文句をつけるところの無い名作なのだ。
「どうせファミリー向けのヌルいアニメでしょ」
とか言って敬遠してると損するよ。
すでにDVDも出ているのでぜひぜひ。


オープニングより。姫さまは「萌え」だと思うが?
あんみつ姫 DVD-BOX1 / 倉金章介、 他

今日の名言
「ヨーヨーも一日一時間、人のいないところでやろう!」
(高橋名人物語 より 高橋名人)

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/20(金) 23:52:30|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

隣どうし

ってどうする?あなたのエイジ度チェック

以下の質問に対し、あなたが当てはまると思った項目に○をして下さい


Q1 乗り物の免許を持っている

Q2 色は赤より青が好き

Q3 得意な武道がある

Q4 わりと無鉄砲なほうだ

Q5 年下の異性が好き

Q6 複雑な家系の持ち主である

Q7 人に好かれるようになるまで時間がかかる

Q8 その気はないのについつい人に迷惑をかけてしまう

Q9 複数の異性に好かれている

Q10 父親はそれなりに有名である

Q11 ものわかりの悪い兄弟(姉妹)がいる

Q12 人の頼みは嫌とは言えない

Q13 血は赤いほうである

Q14 愛している同性の先輩がいる

Q15 自分の知らないときに部屋に入られるのが嫌

Q16 相手が怒らないと自分の失礼に気がつかない

Q17 けっこう単純な友達が多い

Q18 時々むしょうに実家に帰りたくなる

Q19 思わず花に見とれてしまう

Q20 3年前よりたくましくなったと思う

Q21 ついキザなセリフを言ってしまう

Q22 目的を果たすためならどんな屈辱にも耐える

Q23 ポリシーがコロコロ変わる

Q24 国家権力からひどい仕打ちを受けたことがある

Q25 北斗の拳に心酔している

お疲れ様でした。結果は↓からどうぞ [隣どうし]の続きを読む

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/19(木) 22:47:27|
  2. 月刊アウト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二つの火事

刊アウト1986年11月号
「サンライズ宇宙史・宇宙編」の1カット

○○○

いや、そう言われんでもみんな知ってる・・・
この特集、名前の通りサンライズアニメを一つの世界の歴史として検証するもので、
「ソロ星のアダムとイブはキリコとフィアナだった」 とか
「ハマーンがペンタゴナ・ワールドのミズン星を攻撃」とか
かな~り読みごたえのあるものになっている。
ある意味「サンライズ英雄譚」の企画にインスパイアされた可能性もあるのでは?

まあ、これも一連の冗談企画の一種なんだけどね。

そんなアウトに吾輩は強く魅かれたんじゃぁ~!

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/18(水) 23:21:36|
  2. 月刊アウト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狼を退治する日

ンゴの森の子猫たち
作詞:松本隆 作曲:筒美京平 歌:飯島真理

リンゴの森の子猫たちに
誘われたのよ 楽しいパーティ
木靴カタコト タップダンス
枝に小鳥のコーラス隊ね

好きよ スプーンおばさん
さあさ一緒に踊りましょう
好きよ スプーンおばさん
シェイプアップもしなくちゃね
ほら 見えない幸せと
クルクル 手をつないで

熊のドラムに合わせながら
シルクハットのアヒルが踊るの
みんな笑顔で はちきれそう 
だって今日はおばさんのバースディ!

好きよ スプーンおばさん
はにかんだ目が素敵なの
好きよ スプーンおばさん
あなたみたいに生きたいわ
ほら 世界のてっぺんで
クルクル 輪をえがいて

リンゴの森の子猫たちに
誘われたのよ 楽しいパーティ
木靴カタコト タップダンス
枝に小鳥のコーラス隊ね

リンゴの森の子猫たちに
誘われたのよ 楽しいパーティ
木靴カタコト タップダンス
枝に小鳥のコーラス隊ね

枝に小鳥のコーラス隊ね!



「スプーンおばさん」より名曲の誉れ高いエンディングです。
歌と映像がここまでシンクロした曲ってそうそうないんじゃないか?
あと詞を良く見てみると、この歌はルウリィがおばさんへの気持ちを歌った歌に思えなくないだろうか?
(実際、「みんなのうた」で放送されたフルコーラスバージョンでは、二番の部分にルウリィが登場する。)
吾輩が「スプーンおばさん」という作品が好きなのは、この歌があるからといっても過言ではない(もちろん他の部分もみんな好きだけど)
ヤフー動画で現在好評配信中なので、ぜひぜひご覧になっていただきたい。

テーマ:アニメソング - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/17(火) 23:43:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

迷子になった羊

近の週刊漫画雑誌って漫画家を甘やかしている気がする。
と、いうのも毎週必ず一つや二つ載っていない漫画があるからだ。
特にマガジンなんて最大で5作品が休載なんてこともあったぞ。
週刊雑誌なんだからちゃんと毎号載せるべきだと思うんだけどなあ。
みんななんとも思わないんだろうか。

最近はどこもそうだよ

近頃漫画雑誌が売れなくなってきていると、以前ニュースでやっていたが、こうした編集サイドの読者を軽視するような態度も一つの要因だと思うのは吾輩だけだろうか。

今日の名言
「たまらんたまらん、なにがたまらん郵便貯金」
(チックンタックン より ドクターベル)

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/16(月) 23:25:04|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思いがけないお給料

田にて伝説の本をついに発見!

ジャン黒もいるぞ!

状態はちょっと悪い程度だが、吾輩は読めれば良い派なので即購入。
初版なのでジャン黒が掲載されている点が高ポイントだが、さらに伝説の作品が!

アラスカのアマンガVSウラネシヤのボンガ

いや~子供の頃に一度読んだだけなのにほとんどストーリー覚えてたね!
そしてやっぱり全編通して見ると差別的な所など見受けられず、むしろオバケたちの平和を願う心がよく現れていて、例の秘密結社がこれを差別だ差別だ言うのはどっかおかしいんじゃないかと思うなあ。
これを期に、これからも差別をなくすと言う名目で表現の自由を奪おうとする連中と吾輩は戦い続ける!
がんばるぜー!


今日の名言
「二名のもの 顔みにくからず せいひくからず デブからず とんちにひいでたるをもって 腰元にさいようす あわのだんごの守」

(あんみつ姫(初作)より 団子の守)

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/15(日) 21:33:57|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめての招待

2話「マレー家の誇り」

思っていたよりエリザベスおばさんは厳しい人ではない模様、
パレーさんもそうだったけど、名家の誇りや義務を守るためにこういう性格になった感じがするのよね。
(マリラあたりなら容赦なくおさげを切ってたと思うけど)
対するエミリーもそれほど聞き分けの無い子供というわけでもなさそう。
ジミーおじさんの話の効果もあると思うが、自分から部屋を抜け出したことを言うなんて、そうそうできることじゃあないよなあ。
マレー一族とのわだかまりは割りと早めに消えそう。

次週はイルゼの登場。設定ではエミリーと衝突しつつも次第に仲良くなっていくとの事。
セーラとラビニアみたいな感じか?

テーマ:風の少女エミリー - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/14(土) 23:59:11|
  2. アニメの感想など
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

素敵な贈物

ウト1986年1月号
「やってやるぜ!世界征服! 世界征服大特集」より
「世界征服計画者大辞典」の1カット
宇宙人博覧会

この特集の時点でもすでにマイナー扱いされていた作品のキャラだから
知らん人は全くわからんだろうなあ。

この特集、前号の「よみがえれ!スーパーロボット特集」と対になっていて、それぞれ
「究極の悪の組織」「究極のスーパーロボット」などを独自に検証したりしていて非常に面白い。
(画像は今後載せていく予定)

アウトはアニメ情報誌としてはどうしても大手には勝てないので、
(この手の雑誌に必須の放送予定表すらついていなかった)
こうした研究企画やアニパロで独自の路線を切り開くことに成功していたのだ。
目標!アウトフルコンプ!

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/13(金) 23:30:28|
  2. 月刊アウト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

手紙

日の買い物

少年ロゴロゴ

仕事帰りに神田の古本屋で300円で購入
改めて見ると壮絶なラインナップだなあ。しかもこれ、87年の3月号でミニ四駆大旋風の吹き荒れるちょっと前なのよね。
その後もバーコードバトラー、ポケモンと、ことごとく小学生の流行をいち早く取り入れるコロコロに対し、25年以上ほぼガンダム一本で抵抗するボンボン・・

この自衛隊VSバッフ・クラン軍ほど戦力差のある戦いが未だに決着つかないあたりにガンダムというバケモノジャンルのすごさがあるというか・・

あ、もちろんボンボンにも面白い漫画があった事は確かだよ。
アホーガンとかファミコン風雲児とか。(一応フォロー)

・・・でもガンダム型ミニ四駆はいくらなんでも志がロウだったね。


今日の名言
「ビキニィ?ボインも無いのに」
(トンデラハウスの大冒険 より ゲンくん)

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/12(木) 23:38:36|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

喧嘩

くづく思うのだが、メイドカフェってイメクラとどう違うんだ?
吾輩自身メイドカフェに行ったことがないので(別に行きたくもないが)あまり詳しいことは言えないが、メイドカフェに行く人たちってその店のメニューではなく、当然お姉ちゃん目当てで行くんだろ?
そんで「ご主人様」と「メイド」っていうシチュエーションを楽しむ・・


やっぱりイメクラだよなあ。
秋葉には文字通り腐るほどメイドカフェってできてるけど、やっぱ風紀的にあまりよろしくないと思うのは吾輩の偏見なんだろうか。

あと話によると女子向けの「執事カフェ」ってのもできてるそうじゃないの。
う~ん。これも時代の流れと言うものか。


今日の名言 
「アリさんいなくなったね。」
「でも観察を続けようね」
(ドラえもん より ジャイアンとスネ夫)

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/11(水) 23:23:17|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

約束

レンチ学園テーマソング
作詞:永井豪 作曲:山本直純 歌:河崎いち子とヤングフレッシュ

A・B・C・D・W・H・Y
A・B・C・D・W・H・Y
ウーバババッバー ウーバババッバー
ウーババハレンチ ウーバッバー
ウーバババッバー ウーバババッバー
ウーババハレンチ チンチンチン

ボインが西向きゃ ヒップは東
親がわめけば 子供が笑う (ハハハハ!)
ハレハーレーハレハーレ ハレハーレーのドキドッキ
ハレハーレーハレハーレ ハレハレドキドキパッパラパー

A・B・C・D・W・H・Y
A・B・C・D・W・H・Y
ウーバババッバー ウーバババッバー
ウーババハレンチ ウーバッバー
ウーバババッバー ウーバババッバー
ウーババハレンチ チンチンチン

十兵衛逃げると 山岸追うよ
やめてと叫べば 両手が伸びる (いやーん!)
ハレハーレーハレハーレ ハレハーレーのドキドッキ
ハレハーレーハレハーレ ハレハレドキドキパッパラパー

A・B・C・D・W・H・Y
A・B・C・D・W・H・Y
ウーバババッバー ウーバババッバー
ウーババハレンチ ウーバッバー
ウーバババッバー ウーバババッバー
ウーババハレンチ チンチンチン

かわいいアユちゃん ウインクしてさ
ヒゲヒゲゴジラを ちょいとだます (イヒヒヒ)
ハレハーレーハレハーレ ハレハーレーのドキドッキ
ハレハーレーハレハーレ ハレハレドキドキパッパラパー

A・B・C・D・W・H・Y
A・B・C・D・W・H・Y
ウーバババッバー ウーバババッバー
ウーババハレンチ ウーバッバー
ウーバババッバー ウーバババッバー
ウーババハレンチ チンチンチン

先生右向きゃ 生徒は左
だれかが喜びゃ だれかが泣いている (アーン!)
ハレハーレーハレハーレ ハレハーレーのドキドッキ
ハレハーレーハレハーレ ハレハレドキドキパッパラパー

A・B・C・D・W・H・Y
A・B・C・D・W・H・Y・・・・・



え~、ハレンチ学園TVシリーズ(実写)のテーマソングです。
(画像はエンディング)
当時はジャンプ不買運動が起こるほどそのエロさが問題視されていたけど
今見ると全然大したことないよね。
(むしろハレンチ大戦争の方がいろんな意味で問題)
最近の少年誌のラブコメの方が100倍くらいエロいぞ。
ま、これも時代の流れっちゅうことで。
うん、便利な言葉だ。「時代の流れ」


テーマ:アニメソング - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/10(火) 23:07:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

愛情

バテレビで放送していた 「ふしぎな島のフローネ」 が終了した。
最終回はいきなりオーストラリアで、ちょっと肩透かしをくらった感もあるが、7人全員無事だったという事でまあハッピーエンドだろう。
(あのモートンさんがすっかり丸くなってたのがちょっと気になったけどね)

んで、次週から何が始まるのかと思ってたらなんと
「あらいぐまラスカル」
おいおいおいおい!何十回やれば気が済むんだよ!
一昨年アン、去年トム、今年フローネときたら
次はルーシーだろうがよ
確かにラスカルの方が数字が取れるし需要もあるだろうけどさ~
正直見飽きてるんだよね~
この調子だと話が佳境に向かってる木曜日のペリーヌの後番も「三千里」とかになりそうな嫌~な予感が・・・

やっぱり名劇の再放送って初期の作品に偏ってる気がするよな~「ナンジョー」とか「トラップ一家」とか「カトリ」とかもやろうぜ、な?

・・・え?そんなに見たけりゃDVD借りろ?
いや、それは言いっこなしでさぁ・・と、いうかほとんど持ってるし。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/09(月) 23:35:13|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

災難

日録っておいた 「風の少女エミリー」 を見る。
(主題歌はミッチだしね!絶対買うぞ~)

不覚にも原作は未読なのだが、赤毛のアンとポリアンナを足して2で割ったような感じでなかなかよかった。
特にエミリーが色々なものに名前をつけるあたり、少女時代のアンを髣髴とさせていい感じ。
今のところエミリーの味方はジミーおじさんとローラおばさん(声は池田昌子さん!)だけみたいだが
きっと彼女の様々な言動が、エリザベスおばさんを始めとするマレー家の人々の心を徐々に開いてゆくのだろう。

吾輩は日本アニメーションの世界名作劇場は超の字がつくほど好きだが、こうした他社の文学アニメも好きなのである。(家なき子とか雪の女王とかね。あ、どっちも東京ムービーだ)

活字離れが叫ばれている今、こういう文学作品のアニメ化がもっと増えてくれると良いのになぁ。
と思う今日この頃であった。

おお、なんか今日はまともだな。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/08(日) 23:36:10|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥様

のマジカル
作詞:湯川れい子 作曲:NOBODY 唄:小泉今日子

Green Green Green
春の風がささやくわ
大胆なポーズ そろそろ似合いそうと
ヘッドホーンのままでいいわ
汗ばむほど私を抱いて

Green Green Green
こころさえも緑色
一年たって気が付くなんてバカね
だから大きな声で言える
世界中で君だけが好き

そうよざわめきの中 Spring Time
季節が変わる Spring Time
少年はアポロになるのね
そして瞬き一つ Spring Time
風のマジカル Spring Time
危なさがかすんで見えない
ね、キスして




やっぱり魔界大冒険の主題歌はこれ以外は認められぬな!
え、新?知らんな~聞こえんな~

テーマ:アニメソング - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/07(土) 22:36:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

主人

ンデレの定義ってなんじゃろうなぁ。
通説ではツンツン→デレデレへの感情の変化を指すらしいけど
そんな奴実際にいるかぁ?
「いやよいやよも好きのうち」って言葉はあるが、それだとツンデレにはならないし。
一方的に嫌っていたのがデレデレになるのなんてよほどのことが無い限りありえんぞ。
例えばロボトミー手術とか。

だからみんなでツンデレツンデレ言ってるけど、それって二次元の世界にのみ生息する生き物なんじゃないのかなあ
ネッシーとかみたいに。

あ!「ダメおやじ」に出てくるオニババはツンデレキャラじゃないか?
作品当初は殺すつもりでやってんじゃないかってくらい痛めつけていた亭主に終盤デレデレになるあたりなんて特に!
そうか~ツンデレの元祖はオニババだったのか~

♪ゲバラバへバラバテレビレビ~



これって東京12チャンネルの製作した最初のアニメなんだって!
滑稽だね!(ふくろうお姉さん風)

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/06(金) 23:26:45|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出発

ムライガンマン 斬・ザ・ザーン

歌:影山ヒロノブ

青い瞳のガンマンが 
海を渡って武者修行
極めし銃と刀にて
この世に無用の悪を断つ

倒せ倒せ倒すんだ 正義の力で
進め進め進むんだ 生涯無敵のニューヒーロー
命をかけたお仕置きだ 血戦開始の鐘が鳴る
熱く燃やした正義の血潮
俺の行く手を阻めば 阻めば命は無いぜ
燃えろ!烈火のごとく 熱く
砕け!雷火のごとく 平和のために
俺はスーパーウルトラセクシィヒーロー

起こせ起こせ起こすんだ 正義の旋風
走れ走れ走るんだ 電光石火のニューヒーロー
己の信じた道のため 血戦覚悟の奴が行く
悪に上下の区別無し
俺の間合いに入らば 入らば命は無いぜ
夢を語っているか 熱く
愛を信じているか 勇気はあるか
君もスーパーウルトラセクシィヒーロー

熱く燃やした正義の血潮
俺の行く手を阻めば 阻めば命は無いぜ
燃えろ!烈火のごとく 熱く
砕け!雷火のごとく 平和のために
俺はスーパーウルトラセクシィヒーロー 



え~、一部で有名なカルトゲーム「ライジングザン・ザ・サムライガンマン」の主題歌です。
このゲーム、99年のゲームショーで見た瞬間
これだー!これは買わなくてはダメだ
と思い、友人と二人で発売日の朝8時ごろからソフマップに並んださ。
偶然にもその日は某有名ギャルゲーの発売日ということもあって、ソフマップは朝9時半開店だったんだが、我々はその列に並びつつもカウンターで
ライジング・ザン下さい!
って叫んだね。ああ懐かしいなあ・・
初回特典の主題歌CDは今でも吾輩の宝物であります。

テーマ:アニメソング - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/05(木) 23:03:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

決意

ェネレーションギャーップ!
職場の後輩と、ふと日高のり子についての話になった時の(どんなシチュエーションだ)会話

後輩 「しかし最近はNHKくらいでしかのりピー(日高のり子の事、吾輩や仲間はこう呼ぶ)の声を聞かなくなったスよね。この間は自面でテレビ出てましたし」

吾輩 「グ、グム~・・確かに・・・しかしそれはのりピーの本来あるべき姿に戻ったという事ではないのか?」

後輩 「え、のりピーって昔何してたんですか?」

吾輩 「バトルフィーバーJに出てただろ!子役で!金月真美がガンバロンに出てたのと同じくらい有名な話だろうが!」

後輩 「い・・いや、全然知らなかったッス。富永みーながウルトラマンレオに出てたのは知ってますけど・・・のりピーって俳優だったんですか?」

吾輩 「俳優と言うよりはアイドルって感じだな。タッチで大ブレイクする前は結構歌とか出してたぞ」

後輩 「それってアニメソングじゃないんですか?」

吾輩 「・・・・・・」


やっぱり吾輩はもうオッサンなのかにぃ。
その後輩には今度フィーバーJのDVD見せながら説教する予定


これが証拠映像ね

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/04(水) 22:51:37|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春のあらし

リーヌものがたり
作詞:つかさ圭 作曲:渡辺岳夫 編曲:松山祐士
歌:大杉久美子

ルンルン ルルル ルンルン
ルンルン ルルル ルンルン
春の風が やさしく
やさしく ほほをなでる
さあ泣くのはおよし ペリーヌ
いつもの笑顔がもどったら
希望の土地を目指して
歩きだそう 歩きだそう
だけど道は遠いよ ペリーヌ

ルンルン ルルル ルンルン
ルンルン ルルル ルンルン
秋の夜は 明るく
明るく 空が光る
さあ見上げてごらん ペリーヌ
一人でくじけず生きてきた
おまえを見守る星が
強く輝く 強く輝く
ほうら幸福はすぐに ペリーヌ

ルンルン ルルル ルンルン
ルンルン ルルル ルンルン
冬の風は 激しく
激しく 窓を揺らす
もう怖くはないよ ペリーヌ
優しい人たちが暖かく
腕の中に抱きしめて
守ってくれる 守ってくれる
そうら幸福がここに ペリーヌ 


この歌3番までで、「ペリーヌ物語」という作品のストーリーを大まかに説明しているのですよ。
1番は父を亡くしたペリーヌ母娘のフランスまでの旅
2番は母も失ったペリーヌが一人でマロクールに到着するまで
そして3番はパンダヴォアヌ工場で働き、ついには祖父ビルフランの元で幸せになるまで・・・
と、アニメソングはこうあるべきという位の名曲。
曲自体は簡単に入手できるので、ぜひ一度聴いてみていただきたい




ペリーヌは萌えだと思うがどうか?

テーマ:アニメソング - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/03(火) 23:07:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

友だち

日の買い物
原作本

ペリーヌとカトリの原作本
アン・ファミーユは紀伊国屋、カトリはゴスペルショップにて購入
それぞれ復刊ドットコムで復刊されていたので、さほど苦労せずに入手できた。
カトリの版元「いのちのことば社」では、以前アンネットの原作「ゆきのたから」も販売していたがこちらは残念ながら品切れ。

帰宅後何気なくテレビをつけたら、東京12チャンネルで昔懐かしの亀忍者をやっていて驚く。しかも新作。
日本じゃもうすっかり忘れ去られていた感があるが、アメリカでは根強い人気があるのだろうか。
なんか全体的にキャラクターのガラが悪くなっていたのがちょっと気になったが、とりあえずチェックしてみようと思う。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/02(月) 23:21:14|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

別れ

ゲゲの鬼太郎第五部を見る。
吾輩の中で鬼太郎は第三部のみなので、最初は笑い飛ばすつもりで見たが
なかなかどうして面白かった。
一反もめんの声が八奈見さんというのも三部ファンにとっては嬉しいところだ。
(多分ビックリマンからのつながりだと思うんだが)
江戸五郎江戸五郎言われている高山鬼太郎も、吾輩はわりとすんなり受け入れられたし
これは思わぬ(と言ったら失礼かもしれないが)拾い物だと思う。
やはり東映は凄い

午後、石丸に行き「少女コゼット」が5月にDVD化されることを知る。
ルーターが悪いのか吾輩の愛機ではBIGLOBEストリーミングが見られないので、待ちに待ってた。といった感じだ。
それに伴ってか歴代作品のDVDを紹介するパンフが置いてあった。
その表紙がこれ
全員集合

これ実は「世界名作劇場主題歌集」の初回版パッケージの流用なのだが、
当時はいなかったレミとコゼットがいたって自然に描き加えられているあたりが凄い。
ああ早く5月にならないかな~

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/01(日) 23:15:27|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する