ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

僕のパパは時代おくれ?

レーディングカードゲームの漫画って・・の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

読んだことないんだけど
「ホビー漫画」としてのハッタリをどうしているのかがちょっと気になったり。

ゲームセンターあらしなら「炎のコマ」「エレクトリックサンダー」など
ファミコンロッキーなら「ゲーム拳とにかくなんでも連打」の必殺技で
絶対逆転不可能な局面からの大逆転で勝利するってのがパターンだったし
炎のコマー!

「バーコードファイター」では本来数値しか出ないバーコード戦士を
アーマードコアのように自分でデザインしたロボットに見立てて
それを操縦できるバーチャルシステムがあるという設定といったような
簡単に言うと「漫画的演出」についてなのね。
やっぱコロコロはエロイって
いや・・まあこれは・・

トレーディングカードゲームってルールやキャラがバッチリ決まっちゃってるから
必殺技で大逆転!・・ってやると一気にインチキ臭さが増すし
(たとえば主人公の気合でカードの数字が100倍になるとか)
多少の差異はあるだろうけど
「キャラを召喚して戦わせ、相手プレイヤー本体の体力をゼロにしたら勝ち」ってのは
概同じだろうから
「プレイヤー自ら戦う」っていうのもやりづらいんじゃないかなあと思うのね。
できるわけない・・?


確認までは面倒くさいからやらないんだけど
(だったら書くな)
まあ普通に考えてそのカードゲームの世界観をそのまま漫画にした
ポケモンみたいな感じなんだろうなと。





スポンサーサイト

テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/31(火) 22:06:04|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金庫破りの名人

ろんなマリオの巻。
こんばんわ、ナベキチです。

今年はスーパーマリオ25周年って事で(去年だったっけ?)いろいろあったけど
思うに、マリオって近年まで明確なキャラ設定ってなかったような気がするのね。

それゆえに昔の攻略本や漫画を見ると三者三様のマリオ像があって興味深い
・・・ってこのあいだツインビーの時も同じ事書いたけど
世界に誇るスーパースターだけにその数も結構多いのよね

というわけで、これからいろんな漫画マリオを紹介していくよ!
例によって続くかわかんないけどな!

第一回は「こばやし将」先生のマリオ~

kobayasi001.jpg
ヒゲのオヤジでありながら、性格や行動は若々しく描かれる事が多い中
このマリオ、一人称は「わし」で
「~じゃ」「~ですぞ」等々
しゃべり方までジジくさいのが特徴
まあこっちの方が自然っちゃあ自然だけど・・

kobayasi003.jpg
一方ピーチ姫は、オフィシャル(スーパーマリオ1)のパッケージ絵が
山田邦子みたいな残念な顔だったせいか
それぞれオリジナリティーが発揮されていて、本家よりもかわいいのがなんていうか・・
いや、こばやし先生の描く女の子がワシ好みってのもあるけど・・
twinbee01.jpg
これとかね。

※以下脱線
こばやし先生のようにシリアスな絵、かわいい絵も描けるのに
あえてギャグ調で勝負する人ってのがぼかぁ大好きなのよね、画太郎ちゃんとか。
こばやし先生、夢幻戦士ヴァリスの漫画も前後編で書いていて
ネットでちょっと画像を見たんだけど
優子や麗子がすんごくかわいかったのよ。
未単行本なのが非常に残念
キルタイムあたりで復刊というか単行本にしてくれないかな

※以上脱線終わり

kobayasi002.jpg
最後マリオは新たなる冒険を求めて旅に出るんだけど
すっかり今はキノコ王国の住人と化してる感じがするので
これも今見ると新鮮。

マリオは横スクロールでナンボってイメージが強いので
64以降ギャラクシーやらサンシャインやらはやってないんだよなあ
DSのNEWはやりこんだけどね。
3DSで「横スクロールの」マリオ出てくれないかな

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2011/05/30(月) 23:25:25|
  2. ゲゲル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

危機!爆破1秒前

ームレジェンド行ってきましたの巻。
こんばんわ、ナベキチです。

てなわけで川口で開催されたゲームレジェンドに行ってきたよ!
購入物の目玉はやはりイモリプロダクションさんの「クソゲークエスト」だったのう。

ああいう真面目にくだらないことする人たちは尊敬できると思うのだ。
特に電子工作の類はその手の知識が全く無い我輩にとっては魔法のように見えたなあ。

あとはいろいろ同人誌やゲームサイド編集部の商業誌、フィギュアなどをいろいろ買ったけれど
トータルで6000円程度の出費だったので
そこまで使わなかったか?という印象。

唯一の誤算は、せっかく3DS持っていったのに無線をONにするのを忘れていたこと
家についてさあ何人すれ違えてるかってチェックしたら見事に0だったのがもう・・

夏冬のコミケ以外、同人イベントにはあまりいかない我輩だけど
ゲームレジェンドだけは浅い回から欠かさず参加してるのよね
(基本的に人ごみが嫌いなので)

ウム、充実した一日であった

テーマ:コミケ・他同人誌イベント - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/29(日) 22:10:08|
  2. ゲゲル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塔上のキャロンを救え!

ャンピオン26号の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

今週もアツいぜ!あ、ネタバレ注意な!

「イカ娘アニメ速報」
第二期のタイトルが「侵略!?イカ娘」に決定でゲソ!
「!?」・・・・まあ侵略らしいことは最近全然してないから正しいといえるかも
スタッフ、キャストは変わってないようなので安心~
でも再放送するって言うけどAT-Xなのが残念。
テレ東の夕方枠よこせよ~再放送しまっくてんだろ~(中学生か)

「侵略!イカ娘」
寝ているイカちゃんはどうしてこうもかわいいのだろうか・・
いや、普段も十分すぎるくらいかわいいんだが
剥いたえびの枕って実際あるのかのう。
そしてさらっと自分のキャラグッズである抱きまくらを否定するイカちゃんww
今週はレベル高かったなあ~

「スーパーバイトJ」
そしてイカ娘フェラーリのリポートへ
つーか安部先生もイケメンなのかよ!
前後編ってあるけど、カラーページで「決勝はアクシデントに巻き込まれ11位に」
って・・・ネタバレなんてひどいでゲソ!

「弱虫ペダル」
復活ッッッ!御堂筋復活ッッッッッッ!!
歯も修繕完了ッッッ!!
心なしか坊主にすることでキモさが減ったような。
でもこうなるとますます広島のなんとか宮くんの立場ないなあ。

「シュガーレス」
マリモさんマジ主人公
拳で語り合う・・というヤンキー漫画の王道展開をうまーく変化させた感じで◎
この計画に穴を開けることができるか?

「被害妄想少女うれいの日常」
ウルトラマン柄のエプロンがステキ。
ご飯作ってるって事はやっぱり一人暮らしなんだろなあ
本編より柱まんがのシュールさに笑ってしまった
いろいろ実験してていい作品だなあ

「ブラックジャック創作秘話」
もうブラックジャックほとんど関係ないぞー!ww
仕事に関しては誰よりも厳しい人であったといわれる手塚先生
これ見たら納得せざるをえないよな~
「全部リテイクです!!」
明日バンダーブックのDVD借りてみるかな・・

「クローバー」
リベンジマッチ・・ではなさそうだが・・?
難波兄弟が狙われるのと同じで、一度深みにはまったヤンキーは
カタギには戻れないのか?

「毎度!浦安鉄筋家族」
こーゆー地鳴りのような声で泣く赤ちゃんいるよね。
元気な証拠なんだろうけどさ
おがあああああああああああああああああ!!!

「範馬刃牙」
あの・・やっぱりバキが勝つシーンが想像できないンスけど・・
普通の人間ならあれだけでも背骨が粉々になっているのだろうな・・

「バチバチ」
初登場時の手玉に取られ具合に比べたら石川も成長したよな~
彼もまた鯉太郎同様に、がむしゃらに攻めるわけではなく
ちゃんと考えて行動しているあたりがね。
そして次回はなんと人気投票が!チャンピオンの看板として認められたか~
感無量

「ましのの」
ばかばかしさとくだらなさでは古今無双なのではなかろうか・・・
あ、もちろんいい意味でね。
美幸先生は末恐ろしい子だよ!

「囚人リク」
平和になった27・・それは嬉しいんだけどそれ故レノマさんが不憫でならない・・
刑務所で水牢って・・
ロンゲ集団は女囚・・・なのか?男?

「聖闘士星矢LC外伝」
ピラニアンローズは巨岩をも砕く!
聖闘士の技の威力が視覚的に見て取れる演出はいいよね

「りびんぐでっど!」
水森さん再登場!よっしゃー!
もなこちゃんの方が好きなんだけど水森さんにも幸せになって欲しいわけで
もう青山君は二人とも嫁にすればいいよ!
今回はグロ成分低め

「ドカベン」
もしかしなくても「水」は酒なんだろうなと。
酒丸が飲んでたのと同じ理屈で。
御大には悪いけど岩鬼のド真ん中打ちパターンはもう出尽くした感が・・

「てんむす」
「喰」の字はやはりそういう理由があったのか。
「デブは大食いに不向き」以外にも勝敗の理由があってよかった。
そういえば大食い甲子園の1巻でもこういう解説あったなあ
あっちは握り飯だったけど。
二子ちゃんの試合がカットされたのはちょっと残念だったけど
相手が先鋒と同じタイプだから描くまでも無かったんだろうなあ。
しかし、次部長が出てくるとなると相手はタエちゃんで
大将戦は天子VS桃ちゃんになるのかな?
そこで天子が初の苦戦or敗北を味わうことに・・と予想。
部長は底知れぬ強さのイメージがあるので
それなりの相手以外には圧勝してもらいたいところ

「ナンバデッドエンド」
これが事件解決の糸口になるのか、それとも復讐の鬼と化した剛が
早まった行動に出てしまうのか・・?

「モメンタム」
・・・なんか上手くいえないけどスサマジイ才能の片鱗を見たような気がする
太い枠線のような実験の一環なのかもしれないけれど
今回のはなんか見てて引き付けられるなにかがあったよ!

「ハンザスカイ」
セリフも音も一切無く、ただ動きだけで格闘を描くのって
チャンピオンではバチバチもやってるけど、
相当漫画的技術がいると思うんだよな。
それを平然とやってのける佐渡川先生はやっぱり凄いよなあ
でもバベル先輩はもう悪役にしか見えないよ!

「はみどる!」
後半のきりたんぽシーンは狙ってやってるとしか思えないよ!
いいぞ、もっとやれ!
ただ作中でも「はみドルブーム」が来てるって言われてるのがちょっと厄いかも。
売れないアイドルグループが売れちゃったら
この漫画終わっちゃうような気がしてさ・・・
ゆるくてもいいから末永くやってもらいたいなあと。

「GGマリー」
ついに週チャンからゲーム化作品が!・・・・・ってモバゲーかよぉぉぉぉぉぉぉ!!
せめてDSとか携帯ゲーム機にしろよぉぉぉぉぉぉ!
携帯電話はゲームするものじゃないって思うので、普通にゲーム機で出してくだしぁ・・

「ケルベロス」
清叔母さんになにかよからぬフラグが・・
冬子先生もなんだかんだで助かってるのでいらん心配かなとは思うんだけど・・
あと神楽辻愚連隊の面子が濃すぎるよ!
特に後ろの眼帯巨乳の人!

「エンジェルボイス」
一進一退・・というより全体的に市蘭が押す展開にはなっているんだけど
要所要所で反撃食らっているというか
前回までの勝利ムードから一転、がけっぷち状態に。
この話運び、くどいようだけど丁寧で上手いよなあ

「キガタガキタ!」
礼・・のようだけど結局名乗らなかった三人目の「キガタ」
最終回フラグがビンビン立ってただけに、まだ続くのは嬉しいなあ。
最近恐怖新聞とイチャコラするようになってきてるので
ここらでビシッとキツい話が欲しいところ

「木曜日のフルット」
鯨井先輩は十分に美人過ぎるよ!
占い師と猫っていうとジプシーのイメージが強いけど
あえて女易者なのもステキ

次週!
ななななななななんと、てんむすが巻頭カラーーーッ!
新人のデビュー作がこの扱いってチャンピオンでは破格じゃなイカ?
そして手塚先生のもとに現れる謎の僧侶・・

次週も楽しみだ!
つづくー!



テーマ:週刊少年チャンピオン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/26(木) 23:36:00|
  2. チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファッションモデルを消せ!

ガジン26号の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

先週書き忘れたけどちゃんと読んでるので大丈夫!
サクッと行ってみよう、一応ネタバレ注意


「ばくだん!」
「カメレオン!」の人の新連載・・・なんだが
どうにも既視感ががが・・・・第一回だけで評価下すのもなんだけどね。
TKBオッケーのサンデーに対し
セックスやらオナニーやらの単語が平気で飛び出すのもスゲェなぁ・・・


「この彼女はフィクションです」
・・・・・・・・あれ?終わるの?
以前も書いたけど、もっとこうハチャメチャなギャグ寄りのを期待してたんだけど
普通のラブコメに落ち着いちゃったようでかなり残念。


「AKB49」
ん~~~~~~~~なんつーか・・王道というかなんというか・・
作品そのものについての意見なんだけど
「AKB48」と「リアル業界モノ」と「女装男子」の三つが絶妙にかみ合わないあたりが
前々から気持ち悪く感じてたのよね。
AKBをモデルにするなら、昔よくやった「~~物語」的な
限りなくフィクションに近いノンフィクションにするとか
ガラスの仮面よろしく、何のとりえも無い少女がAKBの研究生に・・ってな形でよかったと思うし
女装男子が主役なら
「アイドルの新機軸を打ち出そうと秋元Pが結成した史上初「男の娘アイドルグループ」が
はじめは周囲から奇異の目で見られつつも次第に実力が認められ・・」
みたいなのがいいと思うのね。
要するに「AKB48」という実在のアイドルグループの研修生っていうリアルな設定に対して
「女装男子」の主人公や話の展開があまりにファンタジー過ぎるのが物凄く引っかかるのよ。
この前のように衣装そのままで化粧落として人ごみをダッシュなんてしたら
絶対人目について話題になって正体もばれるだろうに
そういう部分が今のところ一切出てこないのがなんかなあ・・って感じなのよね。

「はじめの一歩」
この勝負は一発でキマるのだろうか・・?
説明通りにカウンター一発入れられたらさすがに一歩は沈むだろうし
少しでも打点をずらせられたら小島には成すすべ無しというところか・・

「島田英次郎のチョイとだけ劇場」
パンチラかパンモロかの場合、どうするんだろうか・・・
全裸よりYシャツ一枚のほうがエロく感じる等々もぜひ聞きたいものだ

「波打際のむろみさん」
今回中身がなんもないぞー!
だがそれがいい!
意外とマガジンって頭からっぽにして読める漫画がないから貴重といえるかも


ソーリー時間切れだ。
続きは後日書き足す故ご勘弁を


テーマ:週刊少年マガジン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/25(水) 23:37:24|
  2. リハビリ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇宙ロケットZ9号

曜日でかなり疲れてるのって少々まずいかな・・
ゆえに今日はもう寝ます

テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/24(火) 23:59:34|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

燃える毒きのこの家

ちゃん、しゃべる。の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

やー昨年の夏・冬コミの企業ブースで春ちゃんグッズを買ったり
春ちゃんがツイッター始めたと知るや即フォローしたり
キーチェーンマスコットのガッシャンに5000円ほど突っ込んだりする程度の春ちゃんファンとしては
復活と同時にうれしかったのう。

本来の活躍期間であった3月に震災があって以降
ずうっと公式では音沙汰無かったから、NHKとしても区切りをつける意味もあったんだろうな。

でも声が誰なのかは老いた我輩の耳では聞き取れないのであった。
どうせ名前言われてもわかんないけどね。
しゃべらせたことには賛否ありそうだけど、まあいいんじゃなイカ?
春ちゃんは春ちゃんだし。

さて、今日はkissの日らしい。
本当はこっちが本題だったんだけど、春ちゃんフィーバーに呑まれた感じになってしまったな。
我輩ちゅーなんて数えるほどしかしたこと無いし、なう独身だから
kiss02.jpg
(高校時代ちょっとだけ・・・・ね)
ふーん。程度にしか思えないのが残念だ。

kiss01.jpg
てなわけで・・

そこってどこ?
ちゅー画像で

もう狙ってやってるだろ
お茶を濁すよ!



テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/23(月) 23:39:06|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記憶を無くした少女

神は苦しむ 神は戦う 戦う人びととともに

また 苦しむすべての人のために

なんとなれば 神は 「生命」 であり

闇の中に落ちて ひろがり 闇を

呑みこむ 一滴の光だからである・・・・・・


(ロマン・ローラン)

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/22(日) 23:37:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雄一少年を救え!

日買ったもの。の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

ま、たまにはね。

こばやし将 「デッド・ゾーン」

ジョージ秋山 「ザ・ムーン」 全巻

鴨川つばめ 「マカロニほうれん荘」 7、8巻

まんがえほん 「ハートキャッチ!プリキュア」 1


結構使ったようなそうでもないような・・・
一応デッドゾーンとザ・ムーンは前から探していたので見つかっただけでも幸運と思わねばな。
来週ゲームレジェンドもあるしね。

テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/21(土) 23:43:39|
  2. こんなん見っけました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロボットクラブへの招待状

チャン25号後編。の巻
こんばんわ、ナベキチです。

昨日の続き!

「りびんぐでっど!」
トばしてんな~(笑)
ゾンビ少女が自分を客観視するってのは結構珍しいかも
細かいセリフのネタもなんか好き
「明日来てくれるかな?」「マジ勘弁」
「まずは玉拾いからだ!」あたりが特に
集中連載だけどイカちゃんのようにこのまま本格連載してもいいレベル

「ましのの」
トばしてんな~!(笑)
「技のりびんぐでっど」と「力のましのの」てな感じで
チャンピオンのショートギャグ枠に君臨してもおかしくないな!
「跳躍兼脱衣!」のシーンは今週からのロスキャンリスペクトか?
先週は明らかにギャンブルフィッシュだったし、チャンピオン愛にあふれた作品だッッッッ!!

「被害妄想少女うれいの日常」
久々の学校&被害妄想
けしからん体つきのくにちゃんに対して
うれいちゃんの体系とスカートの長さは「ああ、中学生なんだな」となんか安心させられる
ためになって萌えられるいい作品じゃなイカ!
ああ・・・ギャグ枠は本当に激戦区じゃのう・・

「ドカベン」
これって飯島は口三味線と物真似投法でないとプロでは通用しないって事にならないだろうか
トリオ・ザ・ブルペンの設定自体はいかにも水島先生っぽくて好きなんだけどね。
地味なプレーで追いつかれるのもスターズにしてみれば嫌な展開かも

「エンジェルボイス」
我輩が週チャンを買い始めた頃にはすでに連載がはじまっていたんだけど
これまでPKの経験が全く無かったことに驚く。
知らぬが仏とはよく言うけど先制したチームが91パーセント勝つって言われたら
そら士気に響くわなあ
「奇跡」で持ち込んだPK。地力で勝利をつかめるか

「ハンザスカイ」
師匠が偶然出した技を、教え子が自分のものにする・・
って本来それは主人公サイドの話でしょーが!ww
最後の笑顔といい、青柳さんが悪者にしか見えないよ!
なんか負けフラグっぽいのも気になる・・・

「ナンバデッドエンド」
と・・・とりあえず最悪の状態だけは回避できた・・・の・・かな・・
剛がこれで復讐心にとりつかれて、また闇に落ちないかが今後の問題だな・・
事情を説明すれば藤田さんもわかってくれるかもしれないけど
ホント・・たのみますよ小沢先生ェ・・・

「ケルベロス」
タイマンはったらダチじゃあ!!
は、週チャンの伝統ッッッ!!
いいシーンなのに、なんかひろしとピョン吉がケンカしてるとこ想像してしまった
そして清叔母さんの「I LOVE OI(甥)」のシャツ・・

「モメンタム」
ちょっとこの作品の楽しみ方がわかってきたような気がする
「スリーとツー」「くやしいエネルギー」等々
独特の台詞回しも好きになってきたし、なんか迷走気味だった序盤に比べ
明らかに「モメンタム(良い流れ)」になってきてはいるな。
ごめん、使ってみたかっただけ。
あとは単行本の売り上げがどうなるか・・だけど・・

「スーパーバイトJ」
西森先生イケメンなのかよ!「パクスモグス」や「バチーヌ」等珍奇な擬音と
かわいい絵柄に定評のある西森先生が!
漫画家の見た目は作風とは無関係なのだなあとひしひし感じる。
「ツギハギ生徒会」の伊藤正臣先生も、だれもが認める女性的な文章と絵柄でありながら
実は超イケメン(出身地の新聞に顔写真が載ったらしい)だったしな・・

「はみどる!」
翔子ちゃんネタはハズレが無いような気がする。
と、いうかマガジン、サンデー共に女装美少年漫画が載っているってことは
三大少年誌全てに男の娘がいるってぇー事か!?
いまさらだけど、「主役」はやっぱりあかりちゃんなんだろうな。

「キガタガキタ!」
・・・・・・・・このサプライズはうれしい・・確かにうれしいんだけど
同時に最終回フラグもびんびんに立ってしまっているのが厄い・・
まあこれまでも「え、終わるの!?」って展開が何度もあったけど・・
今から支援して間に合うか?

「王様日記」
王道ではあったけれど、短期連載らしくまとまった良い最終回でした。
ハシラで登場キャラが読者に挨拶するのって
「風が如く」と「マイティハート」以来か?
チャンピオンの未来を背負って立ちそうな人になるやもしれないので
秋田書店はしっかりつなぎとめておかないとね!
ともあれ森田先生、お疲れ様でした!

「木曜日のフルット」
先週は偶然だったけど、今週は狙った感のある食中毒ネタ
それゆえか、「~ションですが」もまともに「フィクション」に。
1コマめの鯨井先輩、なにげにパンチラ&ヘソチラ!

次週!
なんと、「ブラックジャック創作秘話」が4号連続掲載ッッ!
これは単行本化フラグか?
週チャン40周年記念本にも2、3話は未収録だったからなあ
しかも虫プロ倒産~アニメ地獄という
ダークな内容!これぁ楽しみだ!
つづくー!




テーマ:週刊少年チャンピオン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/20(金) 23:07:10|
  2. チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐怖!精神病院

チャン25号の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

今日の日差しの様に週チャンもアツいぜ~~!

「聖闘士星矢LC外伝」
ロスキャンの黄金聖闘士たちそれぞれにスポットを当てた外伝~
トップバッターはアルバフィカ様!
主な出番は単行本の3巻までだったから、なんか懐かしく感じるよ!
ロイヤルデモンローズからの車田吹っ飛びも久々に見られて感激
やっぱ星矢のザコはこうでなくっちゃな~
短期シリーズかと思いきや、一人につきそれなりに時間かけてくれそうなので楽しみ

「範馬刃牙」
やっぱり勝てる要素が無いンですが・・・

「弱虫ペダル」
うーーむ、やはり御堂筋くんと比較しちゃうなあ、なんとか宮くん。
散々挑発や精神攻撃して、外道キャラ作りが万全だった御堂筋くんに対して
(作品的に)ポッと出で、しかも最大の武器が「運」っていうのはどうにもなあ。
やっぱり京伏にノされるに300ガバス。

「みつどもえ」
申し訳程度にはさまれるDVD情報が泣ける・・
しかもまだ誤植直ってないし!

「侵略!イカ娘」
ごめん、早苗が「イカちゃん初心者だったの!?」って言うと
卑猥な妄想しちゃうよ・・・・
でも海とも夏とも関係ない「初心者マーク」で話一本作れるあたり
安部先生の漫画家スキルは確実にアップしていると思うのでゲソ


「毎度!浦安鉄筋家族」
「毎度」初登場の大福姉妹!
この姉妹の声は吹き替え版の声で脳内再生されるから余計に笑える

「囚人リク」
今、明かされるレノマの過去・・・!
なにかの拍子でヤクザの鉄砲玉にされて・・みたいなのを予想してただけに
衝撃が強すぎて泣けてきたよ・・
あと大災害以前に、すでに超格差社会が出来上がっていたあたり
リアルな未来社会っぽくて嫌だなあ・・
レノマがファミリー築くまでで外伝が一本できそうだ
しかしあの年で年齢、性別を問わず構成員がいるあたり、カリスマは持っていたのかもね。

「バチバチ」
「この体になってから全力で動けるのは30秒」っての
ジャンプバトル漫画の敵の「完全体」みたいねww
露巌山もロシア力士ってだけで鯉太郎にとっての強敵になりそうだのう。
さて石川VS天雷だが・・?

「新人漫画賞二次選考結果」
カットだけ見た限りでは、お話が気になるのは
「君が君であるために」。絵が気に入ったのは「てんびん薬局」かのぅ。
さて27号の最終選考、どうなるか・・

「シュガーレス」
キリオさんがマトモにしゃべっているのは、それだけ事態が深刻な方向に進んでいることの現われなんだろうか。
割とこの一件、あっさりカタがつく可能性も・・?

「てんむす」
946先輩が不機嫌なのは「喰」の字が原因なんだろうな。
よくわからないけど「食」に比べて食べ物への敬意が無い字って事なのだろうか。
部長が天子を大将にしたのも
「食べ物への礼儀をわきまえない奴は全力でたたきつぶす」ということで自分が次鋒で出て
一気に勝負を決めるつもりなのかも。
デブ二人は負け確定として、タエちゃんと桃ちゃんはそれなりに健闘しそう。
苗字が「福留」って時点でもう重要キャラ確定だしね!
hukudome01.jpg

あと幼馴染で今は・・という関係はケルベロスの島田さん×高橋さんを思い出すよね。
オチはタエちゃんが大食い競技の魅力に目覚めて桃ちゃんと二人で新生「食い道部」を作る・・
と予想。もちろんデブはクビで。


うぬぬぬ、時間切れだ!続きは後日!ソーリー!

テーマ:週刊少年チャンピオン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/19(木) 23:23:45|
  2. チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

時限爆弾電送テレビ

ンダムがコロコロでやるんだってねの巻。
こんばんわ、ナベキチです。

噂じゃなくて事実ってのがすげぇよなあ。
「今はガンプラの時代だぜ!」

思えば小学生の流行をいち早くキャッチして、ホビー関連のタイアップは完ぺきだったコロコロに対し
どうしても後手後手にまわるボンボンにとって、ガンダムはほぼ唯一の対抗手段だったと思うのね。
そのへん漢楚の戦いを連想するのは我輩だけだろうか?
豊富な人材の漢に対して、ほぼ項羽一人でがんばった楚っていうあたり・・

ビババ
確かにガンプラに対してマクロス、オーガスプラモじゃ勝負にならんかったしな

ボンボン末期には、主力のひとつだったロックマンも取られて
ガンダムは角川の新興勢力ケロケロエースに取られる格好になったボンボンが死滅するのは
歴史の必然だったのかもなあ・・・
欠番ってことで

・・・って今度はケロケロエースが危ないんじゃなイカ?
それこそガンダムとかえるちゃんで持ってるような雑誌って聞いたぞ?
ogandamu03.jpg

まあ新作ガンダムなのか、かつてのSDのような展開になるのかわかんないけど
とりあえず見守ってみようじゃなイカ。



ん!?と、いうことは「超人キンタマン」の完全版が刊行される可能性も出てきたということか!?
講談社だからいいんじゃないの?

テーマ:ガンダム - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/16(月) 22:00:48|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャロンへの贈り物

チャン24号の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

やっぱり一週間無いと、かなり情緒不安定になるなあ・・
待たされた分もあってか、今週はいつもの3割増くらいで面白く感じたよ!

「範馬刃牙」
父親に暴力を振るったことではなく、「手心」を加えたことでキレる勇次郎は
いかにもというかなんというか・・
バキシリーズの最終章のような描かれ方してるけど
現時点ではどう考えても勝てるイメージが浮かばん・・
面白いから良いけどね

「被害妄想少女うれいの日常」
松田さん、美人&ボイン疑惑浮上
うれいちゃんはやっぱり一人暮らしなんだろうか
あと新キャラもいいけどそろそろ学校編を・・くにねちゃん好きなのよ

「バチバチ」
相撲漫画のいい所は、競技が短時間で終わることだよね。
あと番付が近い相手とは何度も対戦が組まれるので
ドングリのような「相手を研究して強くなる」タイプのキャラが栄えるんだよなあ。
恐らく今回使った作戦も記憶されるだろうから
体でどうしても劣る以上、長きにわたる強敵になる可能性アリ

「侵略!イカ娘」
イカちゃん、出番ひとコマ
でも一人で考え込んだ挙句、自爆するっていう渚ちゃんのキャラがしっかり出ていてよかったでゲソ。
扱いづらそうだった磯崎もポジションが固まってきてるみたいだし。
クソ映画鑑賞中の死んだ魚のような表情の上手さはさすがと言わざるを得ないでゲソ。
・・・・・ところで二期の情報が全然こないのでゲソが?

「りびんぐでっど!」
ゾンビだけに復活連載!でも短期!
前回よりもはっちゃけ具合とかわいさが大幅増!
萌え系の絵でここまでテンション高い漫画って実は珍しいのでは?
ちゃんとモツも描いてるし!
本格連載希望

「毎度!浦安鉄筋家族」
橋友が出てきた理由が巻末コメントでわかった。
息子・・なのか?
せっかくマジンガーって設定なんだからタバコミサイルじゃなくて
ルストハリケーンくらいは言って欲しかったのう

「弱虫ペダル」
唐突に出てきた新キャラ。
復活御堂筋君率いる京伏の餌食になりそうな気がする。
御堂筋君から感じられた貫禄が無いし、ただの下衆な奴という印象
腐女子の方々も食いつかんだろうなあ

「囚人リク」
とりあえず平和(?)になったニーナナ。
毒気の抜けたレノマさんの回想がはじまる・・

「ケルベロス」
あわや打ち切りか・・?と思われたものの
新展開突入でどうやら回避できそう。冬子先生完治&望月さんの本格参戦で
景ハーレムがいよいよ充実と、明るい話題がある一方
常世に参加したことで、墓守の里から敵視されることになり
さらにその常世も下心があった上で景を保護したという
味方不在感の演出もあるのが厄いのう・・
武装錬金のように、どちらからも命を狙われることにならなければいいけど・・

「ナンバデッドエンド」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すんません、ホントもう勘弁してください・・・
死んだら・・シャレにならんなあ・・・

「ドカベン」
不知火も影丸もいまさらのように明訓、山田に対する想いを振り返ってるけど
同じリーグで戦う以上、以降も対戦する機会はあるわけで
優勝決定戦でもない試合でやる必然性がちょっと感じられないのう。
とするともしかしてドカベン終わらせて違う野球漫画が始まるとか・・!?
もう交流戦も始まるのにいまだに去年の試合やってるのもそう考えると合点が
・・・ならもっと誌上で盛り上げるよなあ。
考えすぎか

「てんむす」
天食祭予選開幕!
年一度の大会なのに早くもはじめて大丈夫か?
・・・と思ったけど、試合は週に一度だから日常を描く機会が無くなる事はないか。
赤西さんはちぐはぐラバーズの爽姉さんに似てるね。
「中部地区予選優勝」ってところがミソかも。全国優勝したかどうかはわかんないわけで。
そしてみるからに雑魚臭ぷんぷんな一回戦の対戦相手ww
ついついビジンマンのドブス軍団を思い出してしまったでガスよ。
デブは大食いに不向きって説明あったよね。
デブ2人はザコだけど、ガングロ(死語)とまだ出てきてないもう一人が思わぬ強敵と予想。


「シュガーレス」
岳はともかく卜部さんが瞬殺なんて・・兼光の力は本物だ・・

「エンジェルボイス」
望みはつながった・・!が、まだ勝利ではない・・!!
ナンバとは違う感じで心臓に悪いのう・・

「ましのの」
ホンマ、チャンピオンのギャグ枠は激戦区やで~~(誰だよオマエ)
りびんぐでっどが過激なギャグならこっちは過激なエロスで勝負!
全裸でトランプカードだけというシチュエーションで
ギャンブルフィッシュを思い出したキミはチャンピオン紳士合格だっ!
最近の短期枠は大豊作で困る・・
いや、支援しようにもどれかを終わらせないと新規連載にこぎつけられないわけで・・
うれしい悲鳴とはまさにこのこと!

「スーパーバイトJ」
我輩が前いた会社では、入社した日の昼休みに無断で出て行ったっきり帰ってこなかった奴がいたそうな。
たかがバイト、されどバイト

「クローバー」
もう釣り漫画で・・・いいんじゃないかな・・・
ナンバもそうだけど、一度ソッチ方面に足突っ込んじゃうと
完全に抜け出すことはできないのだろうか・・

「ハンザスカイ」
地獄大将の技、なにかいわくがありそう。
そこを突かれて逆転負け・・か?
やっぱり敵側のほうが主人公っぽいんだよなあ

「モメンタム」
練習試合じゃなくてこれ、IH予選なんだよな。
いまだに勝てる要素が見つからんのですが・・

「王様日記」
ラスト2話!案の定天使軍とのバトルになってしまうものの
いままで助けた級友たちがちゃんと「シバ」と「ミナト」の区別をつけて接してくれているのが泣ける・・
決戦だし、もう2話くらいあってもよさそうだが・・
バトルと後日談で。
惜しい

「はみどる!」
肝心なところでチャンスを逃すという意味では立派に「はみどる」だよ・・・(泣)
安斉さんが出世してプロデューサーになれば上手くいくのでは・・

「キガタガキタ!」
強敵と思われた影も光に弱いという身も蓋も無い弱点が・・
キッチリ恐怖新聞ちゃんのお返しもするあたりが、キガタの性格というか・・
これで終わりなのか次週に続くのかわかんない、あいかわらずの
投げっぱなしオチで、逆に安心する。

「木曜日のフルット」
このタイミングで焼肉ネタ、さすがだなあと思ったら
間の悪い偶然だったそうで。うーむ
そのうち気づいたら白川先生と同棲してましたってオチもアリ?

次週!
聖闘士星矢外伝スタート!
トップバッターはアルバフィカ様!
蟹座のマニゴルド様と共に、無印時代の魚座の少年たちの無念をはらしてくれたアルバフィカ様が登場!!

つづく!

テーマ:週刊少年チャンピオン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/15(日) 22:47:20|
  2. チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガールフレンドが出来た

日の一枚。の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

twinbee04.jpg

「わんぱっくコミック必勝完ぺき版 ツインビー」より。
過去何度か紹介した漫画で攻略するファミコンシリーズのひとつなんだけど
ツインビーのオフィシャルストーリーやキャラ設定等がまだ漠然としかなかった時代ゆえか
攻略本ごとに、かなり好き勝手な解釈がされていたのね。
これはその最たるもので、スパイス大王が攻めてきたのは

「若い頃生活に困っていたシナモン博士に、「美少女が生まれる薬」を作らせた上で
その娘が成人したら大王の嫁に来させることを条件に大金を与えた」

というどっかで聞いたような過去があって
実は独身だった博士が自分で薬を飲んで産まれたのがツインビーとウインビーで
男が産んだことが原因だったのか、美少女どころかちんちくりんな男の兄弟になってしまい
しかたがないから大王をやっつけてうやむやにしてしまおうという
今なら間違いなくコナミからNGか告訴状のどっちかが届くであろう
まさにぶっとびCPUなお話なのね。

twinbee01.jpg

キャラ絵がはっきりしてるスーパーマリオも、描く人によって
かなり性格とか違ってたりするので、自由な時代だったなあ。
昔は良かった・・と馬鹿の一つ覚えに言う気はないけれど
情報量が少ない分想像で補う楽しさが昔のゲームにはあったことは確かだと思うのね。
ドラクエⅢの女キャラの薄い本をいまだにたくさん見かけるのも
その辺が影響しているのではなかろうかと。 

テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/14(土) 00:45:15|
  2. ゲゲル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀行ギャング キャロンが危ない

イムソーリー
ちょっと私用で時間とられた故、今日はチャンピオンの感想が書けなくなってしまった也
今週すげぇ面白いから読んだほうが良いとは言っておこう


テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/12(木) 23:44:13|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

囚人島大脱走

ガジン24号の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

うん、方針決めた。感想抜粋で行こうと思う。

「AKB49」
うん・・・すごいいい話にもっていこうとしてるのはわかるんだけど
こいつ「男」なんだよな・・
それを明かした上で、あの口上なら感動できたんだけど
ファンはあくまでもAKB研究生としての「浦川みのりちゃん」を見てるわけだから
言い方は悪いけどそういう人たちを「騙している」わけなんだよなあ・・・
その辺を綺麗事で片付けられると納得できないなあ・・
主人公、普通に女の子でもよかったような。

「ファイブレイン」
推理モノかと思いきや、あっさり黒幕らしき人物の影が。
「ルーク警視の華麗なる悪事」とか書いてあるし。
なぜ彼女たちを殺してその罪をキューに着せようとしたのか。
そしてルークは何者なのか、その辺に興味ある膿。
パズル×バトル漫画・・?

「波打際のむろみさん」
ちょっと見ないうちに人魚が大勢になっているじゃなイカ・・
サブタイトルはオチの「リバウンド」とかけた洒落って事で
いいのでゲソかね?

「はじめの一歩」
一歩負けフラグ・・・か?
宮田さんと会長がああ言ってる以上、一発で勝つ事はなさそうだけど
・・・ってすげえいいところで引きの上次週休載かよ!

「さよなら絶望先生」
使えるものは何でもネタにする久米田先生のプロ精神にはシャッポを脱ぐよ・・
巻末コメントまで!

「ヤンキー君とメガネちゃん」
ええーーーーーーーっ!?

「金田一少年の事件簿」
原作はよく知らないんだが、なんか金田一に個人的な恨みを持つ者の犯行のような気が
しなくもない。
はじめっから見てないからそういうシーンがあったかはわからないんだけどね・・
もしくは最初の犠牲者が実は死んでいなかったとか。
確か死体は確認してなかったよね?

「この彼女はフィクションです」
ああ・・すっかりラブコメに・・・
GEや「君のいる町」とラブ枠(ラブ枠?)は埋まってるだけに
このまま進むと埋没する危険性が。
「ネギま」もそうか?
関係ないけどサンデーの絶望先生、ヤンキー風よりもラブコメタッチで登場した方が
インパクトあったような

「生徒会役員共」
隠語なら我輩もよく使ってるぞー!
ゲイとか~ハゲとか~全裸マンとか~(すべて有名人)
・・・すんません。

「だぶるじぇい」
ないよないよないよないよ

「もうしませんから」
ないよないよないよないよ

今週はちょっと全体的に低調かなと感じました。
あ、あくまで個人的にではありまするが。
やっぱり好きな作品が載ってないとテンション下がるんだよね。
そこはマガジンに改めて欲しいところの一つだったりする。

つづくー

テーマ:週刊少年マガジン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/11(水) 23:34:31|
  2. リハビリ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

研の秘密を探れ!

年サンデー22・23号の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

もう水曜には次でるけど一応リハビリがてら感想を書いてみるよ!
内容が薄い点はご容赦を。

「銀の匙」
「鋼の錬金術師」の作者が送るサンデー反転攻勢の一角(と推測)
農業高校の酪農科、さらには馬術部が舞台という
かなりチャレンジ精神にあふれた作品の模様。
少年漫画ではあまりない題材というだけでも評価できると思うのね。
いや、作者のことよく知らんのだけども。
農業高校の描写が細かいのは取材の賜物かそれともそういう知識があったのか。
いずれにせよ勉強になるのう。

「BUYUDEN」
こちらは「メジャー」の作者の新作ボクシング(?)漫画。
台詞回しや展開が無意味にアダルティーだぞ!
「中三が小六に恋をして何が悪い!」は名言だと思うのね。

「ポケットモンスターReBURST」
連載早々ボロカスに叩かれまくってる作品だけど
我輩のようにポケモンの知識が団塊世代並に無い人間からみると
普通の冒険アクション漫画に見えるなあ。
むしろポケモン知らないほうが楽しめるのかも・・・

展開はスゲェ王道だけど、ヤッピーはあっさりデレずに
要所要所で裏切るような性格であって欲しいところ。

「境界のRINNE」
よかった、バトル路線にはなってなかった・・
個人的には高橋留美子御大は、こういうコメディータッチの作品のほうが向いてると思うので
こんな感じでのんびり続けてもらいたいなあ。
視覚にうったえるギャグよりも、ちょいとしたミステリー感覚のコント風味・・さすがは大御所。
真剣白刃取りも久々に見られて感激でごわす
単行本購入再開するべか

「神のみぞ知るセカイ」
一見真面目に見えるけど、実際やってることはすんごい馬鹿なのが
本作の魅力というのだろうか。
作品は人気みたいだけど主人公は・・・?

「ハヤテのごとく!」
これはサブエピソードというところなのかな?
バキで言う所の烈海王ボクシング編みたいな。

「オーバーフェンス」
かえってきたあだち充御大。
いつもの・・・とは少し毛色が違った印象。
曲者ぞろいの野球部といえば水島新司神の十八番だが?
邪推でもうしわけないけれど、もしドラブームにあやかった感も。
うーむ、決して悪くはないんだが

「さよなら絶望先生」
改蔵との交換という形で特別掲載。
そういや小学館の漫画は「、」と「。」がつく決まりだとか。
しかし毒吐いてんな~~~
編集部としては本気で戻ってきて欲しいんだろうな~

アニメは絵が似てないと思うんだけどその点どうなんだろ。
原作初期の絵柄?

「岳」
主人公野々村君かと思った・・

「はじめてのあく」
あれ?なんか気づいたらバトルもんに?
しかも終わりそう
「最後の敵」ってサブタイから本当に終わるのかも。

「おすもじっ!」
すしまんが。
内容とは無関係だけどつくづくひらがな4文字のタイトル流行ってるなあ・・
チャンピオンもそうだけどさ。

「月光条例」
!?サンデーはTKB出しオッケーなのか!?
うううううううらやましい・・・

「青春学園」
読者投稿コーナー・・・ではあるんだが・・・
ごめん、なんかヘチョイというかコロコロの延長線上というか・・
東京12チャンネルの「ゲーム王国」的というか・・

「今週のクエスチョン」
漫画家にその質問するかぁ?


まとめ。
前回書いたけど、落ち目落ち目言われるほど
読むもの無いわけではなかった。
露骨ともとれるテコ入れも企業努力と考えれば当然だし
これなら毎週買ってもいいかな~と思ったり思わなかったり。
サンデーも買うとジャンプ以外の三誌制覇する形になって
その、資金がね・・・

つづく。・・かどうかは不明

テーマ:週刊少年サンデー - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/10(火) 00:03:29|
  2. リハビリ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美術館の怪!

穫ナシの巻。
こんばんわ、ナベキチです。

うーーーーーむ
病院行くついでに、中野・神田と廻ったけど
ターゲットも思わぬ掘り出し物も無かったというか・・
こんな日もあるということだわな。

ジョージ秋山先生の「ザ・ムーン」探してたんだけどね。
97年に小学館文庫から復刻されたそうだから一般の書店のほうが置いてあったりするのか?

テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/07(土) 23:44:49|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

闇夜に消えた大仏

水、サンデーも買う。の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

と、いうわけで合併号のサンデーを9日遅れで買ってみたよ!
具体的な感想は後日にするけど、ざっと読んだ限りでは
周りがいうほどダメダメではなかったという感じ。
san02.jpg

巨匠・ベテラン・中堅・若手と作家のバランスもいいし
部数伸び悩んでるのも一時的なものじゃなイカ?と感じてしまうでゲソ。

アクの強い作品が無いのは、雑誌のカラーなのであろう。
いや、チャンピオンがアクの強い漫画が多いだけってのもあるけど。
大阪や名古屋の濃い味付けの料理に慣れると、京都料理が味気なく感じるのと似てるかね?
san01.jpg
おっと、鈴木先生はサンデーで描いてたんだった。(しらじらしい)

この一連の反転攻勢は一応成功したといえるのではなかろーかと。



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/06(金) 23:34:52|
  2. リハビリ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

対決!海底都市

ールデンウィーク総括の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

うちの会社はカレンダーどおりなので明日から仕事なのだヨ。
10連休とか都市伝説だよね。
まあ普通に休みもらえるだけでも万歳なんだけど。

てなわけで今日までにしてきたことを軽く振り返ってみようという
我輩にしてはマトモな記事。ゆえにあんまり面白くないかもしれない点ご容赦を
magaziso2308.jpg


29日
友人と飲みに行く。
その席で今期のアニメで何がいいかという話になり
「日常」「タイガー&バニー」「えん魔くん」が共通して傑作ということになった。
我輩としては「聖痕のクェイサー」やまいんちゃんの3期もオススメだったんだが・・
なおワーストは満場一致で「そふてに」。
ちょっとアレは酷ぇなあ・・

その後ジェネレーションギャップの話になり
友人が働いていたパチンコ屋で「GS美神」の台が入ることになって
一緒にいた若いもんが「美神」が読めなかったという事を聞いた。
ジャンプの漫画はその作品から「あの頃のジャンプは~」という話につながるのに
他三誌はなかなかそうならないんだよなあ・・・
いかに当時のジャンプが一人勝ちしていたかがわかる・・

1日
映画の日ということで、終了間際の
「プリキュアオールスターズデラックス3」を観にいく。一人で。
我輩、ハトプリから入ったプリキュア初級者だけど
この映画は見たほうがいいよ、ウン。
とはいえやってるところでも6日までってのが多いので、もう間に合わないかもだが・・
DVDやBDででも見るべし!

3日
兄者が実家に帰ってくる。
盆と正月くらいしか戻ってこないので久々に会えてよかった。
子供の頃はケンカばかりしてすまんかった、兄者。

4日
ふと思い立ち、鎌倉は由比ガ浜まで行く。
目的はイカちゃんの聖地めぐり。
鎌倉周辺は芋を洗うような人だかりでちょっと面食らったが
海岸付近はそこまででもなかったのでセーフ。
白子丼も食べられたし、由比ヶ浜駅をはじめとするロケ地の写真も撮れたので満足。
後から個別に記事書くかも。

5日
一日歩きどおしだったのでさすがに疲れ、部屋の掃除に当てる。
でもおかげで大量にたまっていたチャンピオンをだいぶ処分できた。


・・・こんなところか?
年末年始は体調崩してほとんど無駄に過ごしたから
この連休は結構有意義であった!
明日出勤したらまた土日休みだしな!

よし!リハビリ成功


テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/05(木) 21:52:57|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野菜サラダが食べられない

ガジン22・23号の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

今週はどこも合併号で休みなので、サンデーと気が向いたらジャンプもやるかも。
さて

「ファイブレイン」
なにやら原作が凄いことになってるパズル漫画
つまらなくはないんだけど、詰め込みすぎて作品の趣旨が理解できない・・
パズル部で全国を目指すのかと思いきやラブコメになり
その上コロシが発生して・・と
話がとっちらかってる印象がなあ。
原作もそんな感じなのか?

「AKB49」
みのりが一軍にあがった時点でゴールって事なのかなあ。
でもアイドルとして頂上(テッペン)目指すんなら
それこそ馴れ合いなんてしないで、他の面子を蹴落としてでも這い上がる貪欲さも
また必要であるわけで。
二軍全員が上にいけるわけじゃ当然無いだろうし
脱落したメンバーの話も描かれるのだろうか?
満席にならなきゃダメってのも相当メチャクチャな条件だよなあ
magaziso2303.jpg


「アゲイン!」
疑問だったチアリーディング部、やっぱりあったのね。
運動部でいうならたった一人の女子野球部がソフトボール部に乗っ取られたというところか。
同じ応援をする部である以上チア部が必要以上に意地悪にならないことを願おう
「この彼女は~」と並んでマガジンの続き物では好きになれそう。

「かってに改蔵」
改蔵本編は未見なんだけど、この頃から絶望先生チックなノリだったんだろうか?
確かめてみなければ・・と愛蔵版を買わせる手口か?なんつったりしてな。
買うかもしれないが。
リヤルで一人称が「僕」の女子なんて確かに見たことないけど
ジャンプ系腐女子の皆様方の中にはいっぱいいるのでしょうか
koinobori01.jpg


「フェアリーテイル」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おっぱいマウスパッドって流行ってんのかなあ・・・・
こういう事するとまた「ワンピースのパクリだ」って言われそうな・・
我輩はもちろん「もう」言わないけどね。(昔は見もしないで言ってました・・ごめん)
女キャラはこっちのほうが圧倒的に好みだし。

「ネギほ」
チャンピオンで例えるなら月刊の「明日のよいち」のスピンオフが週チャンでやっていた感じかね?
赤松先生は絶版漫画界の救世主になるお方なので個人的に応援したい。
magaziso2307.jpg

「この彼女はフィクションです」
やっぱりラストは
「ユーリと「リアルな女性」であるフーコ先輩がくっつくことでミチルの存在意義が・・」
になるだろうけど、それをどのタイミングでやるかで作品の寿命がわかりそう。
逆に言えばいつでもやめられるわけなので、だらだら続いてぐだぐだになるって事はなさそうだが・・

「生徒会役員共」
今週エロもギャグもイマイチ・・・一番厄いネタは「カリ」かのう。
magaziso2301.jpg

「波打際のむろみさん」
人魚には魚を呼び寄せる能力(ちから)もあるのでゲソか・・
人魚、恐るべしでゲソ・・・
たまーーにシリアスな展開もアリな作品だから、原発ネタやってもよさそうだけど。
不謹慎ギャグじゃなければ大丈夫でしょう。
「人間が海に放射性物質を流すおかげで・・」みたいな環境問題のネタとか

「ヤンキー君とメガネちゃん」
ん?来週あたりで終わるのかな?それとも大学編?
時間内に終わったって、入試途中で退場するくらいだし
大学行って何するの?という気もするし、大学生にもなって「ヤンキー」はないだろ。
という話にもなってしまうしなあ。
magaziso2306.jpg

「くろのロワイヤル」
この間も週刊マガジンでやってなかった?という錯覚をするくらいには既視感。
出張もいいけど新人の読みきりにページを割いてもよいのでは?


「だぶるじぇい」
一番変な存在であるはずの部長が一番マトモになってなイカ?
漫画の出来はさておき。
宮本さんは新キャラなのかね?枕のスペシャリスト・・・
magaziso2305.jpg


次号はまたゴッソリ連載陣オチるなあ。
でも買うよ!
つづく



テーマ:週刊少年マガジン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/04(水) 00:58:55|
  2. リハビリ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地球を守れ!

チャン22・23号の巻。後編
こんばんわ、ナベキチです。

続き~

「侵略!イカ娘」
清美VS早苗、その対決の結果は・・・
というか勝負にすらなっていなかったという感じ。
でも暴走してこその早苗なので、これで大人しくなってほしくはないし
たぶんならないだろうなあ

「てんむす」
人の一生懸命を笑うのは最低の行為だけど
立浪部長の大食いデモを見て「じゃあ私もやってみようかな」と
いう気にならないのもわからなくも無いんだよな。
「大食い甲子園」のように世間に浸透してない以上「見世物」扱いされるのは
しょうがないわけであって・・
そんな中マネージャーとして入部した946先輩は
やっぱり根はいい人だったんだろう。
「約束した友達」とは、やはり天食祭の決勝であいまみえるのだろうか?
長期連載になるのなら、いいとこまでいくも敗退し
天子二年生編に・・という形になるんだろうな。

・・・で、ダジャレ好きになった理由は?

「スーパーバイトJ」
「ZEBRA」って書くと最近のアニメに出てくる組織っぽいよね。
魚屋バイトとイベントレポートに続く新しい展開が見つかったわけだけど
そうなるとますますマガジンの「もうしま」に似てくるのがチト辛いか。

「バチバチ」
登場人物にモノローグとは違う行動を取らせるという斬新さ!
石川も鯉太郎と似たようなタイプなので
同期組ではドングリが頭ひとつ抜けそうか・・?
でも登場時あれだけ無敵だった天雷やモンゴルマンに簡単に勝てるとも思えんし・・
ホント先の展開が読めないすばらしい漫画だ・・

「シュガーレス」
岳がページめくると気絶してるのはもはや様式美とも言えよう・・
復活までの時間は短くなってはいるけど
恐らくまた兼光さんにノされるんだろうな・・

「ドカベン」
2アウトランナー無し、カウント2-0なら圧倒的に光有利だと思うけど
この場の雰囲気からタダじゃすまなさそう。
坂田を抑えて1点リードでそのまま逃げ切り・・だと
山田さんが不憫だしなあ、かといって結局YYSにしてもしらけるし・・
ウーム?

「囚人リク」
ゆで漫画並に女っ気のなかった本作にヒロイン(たぶん)登場ー!
ラストでは女囚軍団も登場し、これで華やかにな・・るのはいいけど
緊張感が無くなるのはちょっと勘弁。まあ大丈夫だろうけど。
今週のような1エピソードの〆くらいなら明るい展開でもいいけどね。

「ましのの」
なんか全体的にバキっぽいのは意図的なのかな?
女性作家ゆえに描ける女子の心境がリヤルでいい感じ。
絵も週ごとに上手くなってる気がするので
もしかすると「ポストみつどもえ」の位置につけるかも・・
とんでもない変態漫画だよ!(無論ほめ言葉)

「エンジェルボイス」
胃が痛くなる・・・・
冒頭の「突っ込んでくる!」で、即座にガツンを連想した我輩は
チャンピオン紳士二流くらいにはなれたかな?

「ハンザスカイ」
同じこと何度も書いて恐縮だけど、敵の過去のエピソードをしっかり描く事で
キャラに深みをもたせられるのと同時に情も移っちゃうのが難点・・
地獄大将に勝ってほしくなっちゃうんだよなあ。

「ナンバデッドエンド」
・・・・・・・・・・・・。
お願いですから妊婦を襲わせるようなことはさせないでくだしぁ・・・
剛退学の時といい、最悪な展開しか想像できねんだよ!
胃が痛い・・

「王様日記」
屋上少女や今回のように直球で感動させる路線で十分やっていけると思うだけに
つくづくバトルはいらないなあと感じてしまう。
ラスト2回という事なのでやっぱり天使軍との対決・・になってしまうのだろうか。
無理に終わらせず、続きを匂わせる形での連載終了でもいいんだけどねえ

「はみどる」
Ki-RITANPOは絶対仕込みだよね。
それとマッチ以外の二人はまだキャラ立ちしてない気がするので
そろそろなんか欲しい感じ。フルネーム忘れちゃったなあ

「モメンタム」
なんだろう・・えらそうな事書いて申し訳ないけど
動きを感じないというか・・
フォックスくんもいきなりの超強敵って感じなので
いきなり負ける可能性もでてきたかなあ

「ケルベロス」
とりあえず続きられそう・・かな?
真堂がラスボスになるだろうから、最後の崩の存在価値が低くならないかが不安。
大丈夫かなあ・・

「キガタガキタ!」
「4月31日」は何かの伏線と考えていいのだろうか。
自分の影が相手という事でこれがラストエピソードになってしまうのかなあ・・?

「木曜日のフルット」
「カナモギのウヌニ」でググッても今回の話しか出てこないぞーww
それ町でも「べちこ焼き」なんてもんがあったので
石黒先生はそのテの造語が好きなのかも?

「CTC」
9歳の投稿戦士・・つまり9歳の週チャン読者・・
しかもイラストから察するに女子ッッッッッッッ!!!
チャンピオンの未来は明るいッッッッッッッッ!!
(何度目だ)

次週・・は休み!
再来週!「りびんぐでっど!」が復活!ゾンビだけに!
ショートギャグ枠争奪戦がさらに激化か!?

つづくーー!



テーマ:週刊少年チャンピオン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/01(日) 01:55:34|
  2. チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する