FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

第一回

と、いうことで(何が)ブログを始める事にした
個別化をはかるためにここではあまり日の目を見ないマイナーな作品を
中心に紹介していきたいと思う。
ただ、私自身も博士と呼ばれるほど詳しくはないので
「こんなんしっとるわい」「この内容は違う」
などの感想を抱かれるかもしれないが、その際はコメントを頂ければ幸いであります。

さて、第一回ということで比較的メジャーな「世界名作劇場」から
「牧場の少女カトリ」を紹介したいと思う。
この作品はあの「小公女セーラ」の前番組であり、また名作劇場が視聴率的に一番辛かった時期の作品なので(末期を除いて)
アニメ雑誌で特集をくまれることもなく
本放送中に打ち切りのデマが流れるなど、とにかく当時の扱われ方は散々だったのである。
しかし必ずしも知名度=作品の質ではないもので
マイナーだからつまらないということは全然ない。

話は1900年代初頭のフィンランドを舞台に、貧しい農家の少女カトリ
働きながら学ぶことの喜びを知り、ついには都会の学校に特待生として入学するまでを描いている。
セーラのような劇的な展開もなく、淡々と話は進むのだが
その進め方が実にうまく、当時のフィンランドの様子をリアルに描写することで見ていて飽きがこない。
とにかく一度見て欲しいとしか言えないので、近所のレンタルビデオ屋
(名作劇場のDVDは大きめのTUTAYAにいけば
必ずある)
でぜひレンタルして見てもらいたい。

・・・・こんな感じでいいんだろうか?
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:世界名作劇場 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/09/07(木) 22:27:11|
  2. マイナー作品
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<ナベキチについて その1 | ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/1-68e75abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作劇場「レ・ミゼラブル」は「萌え系」?

「母をたずねて三千里」などを生んだテレビアニメシリーズ「世界名作劇場」が来年1月、10年ぶりに復活する。ビクトル・ユーゴー原作「レ・ミゼラブル 少女コゼット」(全52話)が7日から、かつてと同じ日曜7時
  1. 2006/12/22(金) 13:03:28 |
  2. ほんのり気になるニュース

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する