FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

早起き?早起きナノダ!

つどもえアニメ化が決定してから案の定、某大型掲示板が荒れ狂ってるの巻。
こんばんわ、ナベキチです。

まーねーやっぱりアニメの影響で、原作のスタイルが変わっちゃうってことが実際あるらしいから
(その辺我輩にはよくわからんのですが)
警戒してる人も結構いるみたい。

あと変な規制がかかったりとかね。
その辺はアニメ公式サイトですでに「原作そのまま」って言ってるし
「チクビ」はハムスターの名前だからオッケーってことで
「雌豚」も最近のアニメで使われてたそうなので大規模な修正云々は無いでしょうな。
結構誤解してる人が多いけど、
「穿かれてない状態のパンツはたくさん出るけどパンチラは一切無い」漫画なので
東京12チャンネルでも安心なのですよ。
ファンとしてはその「単なるロリエロマンガ」と思われることが何より嫌だなあ。

知らんミャ!
んで、声優ね。
これもしょうがないでしょうな。
OVAでもない限り、売れ線のキャストで埋め尽くすなんて事はまずありえないし
せいぜいが三つ子に有名どころを当てて、残りは新人ってところかね?
誰でも最初は新人なんだし、ひょっとしてみつどもえデビューで凄い演技力の人がいるかもしれないしね。
井上和彦さんだって、マジンガーZの「生徒A」がデビューだし
(ちょうどその回見たんで・・)
ご存知の通り、我輩最近の声優ほとんど知らんから
キャラ=その声優っていう固定概念(レッテル?)もないし。
棒じゃなければいいよ。

サ、サー・・

あと結構多いのが
「アニメ化されるとにわかが増えるから嫌だ」って意見なんだが・・・
どこが嫌なのでゲソか?
ファンが増えるということ自体が作品にとって喜ばしいことなのに
同じファン同士が新参と古参に別れていがみ合うなんて悲しいことでゲソ。
その理屈で言うならば我輩、マジンガーファンを名乗れなくなるでゲソからね。

第一
「俺はこの作品が無名な頃からファンだった」って自慢するのは
典型的な中二病(By伊集院光)の症例でゲソ・・

暴君

せっかくの待望のみつどもえアニメ化なんだから
そういうケツの穴の小さい話してないで、ともに喜びをわかちあうべきじゃなイカ?

某大型掲示板はいろんな意見があって面白いけど、見るのに結構体力使うでゲソな。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/12/06(日) 00:08:30|
  2. 週刊少年チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<子連れ?子連れナノダ! | ホーム | オヤオヤ孝行、親孝行ナノダ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/1010-addbcc75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する