FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

ゲラゲラ銃 ゲリラ作戦

ラゴンボール論その1 の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

いきなりですが我輩はいわゆる 「Z」以降のドラゴンボールが嫌いなのです。
無印の「よいこの冒険ギャグまんが」だったころは一番好きな漫画だったんだけどね・・

まぁただ漠然と「嫌い」っていうだけでは
「秋田信者に言われても説得力ねえよ」って思われるのが普通なので
ここらでいっちょ
「どこがどうして嫌なのか」を数回に分けて書いていきたいと思うよ!
途中で飽きるかもしれないけど。

ひとつ断っときたいのがあくまでも
「我輩個人の意見」であって、人に強要する気はまったくないのでその辺ご了承のほどを。



と、いうわけでその1。
「後半の悪に目的がない」
ピラフやレッド総帥には 「世界征服をしたい」という目標があった。
ピッコロ大魔王とマジュニアには 「この世を魔族の楽園にしたい」 という夢があった。
サイヤ人やフリーザ軍団にも 「宇宙征服」ってなかんじでそれぞれ目指すべきところがあって
破壊活動や殺人はその過程に過ぎなかったんだよな。
(楽しんでやってるっていう点はあるけど)

でも人造人間やセル、ブゥ(悪)あたりは目標もなくただ手当たり次第に虐殺してて
見てる側としてはすんごい不愉快だったのよね。

仮に全生物が滅んだ地球に残ってこいつらはこの後どうするつもりだったんだろうか?

17号 「あ~あ・・・ヒマだなぁ・・人間狩りにでも行くか」

18号 「何いってんのさ・・13年前を最後に生命反応なんてどこにも出てないのにさ・・」

17号 「だいたいお前が調子に乗って殺しすぎるからいけないんだぞ!」

18号 「何さ!人のせいにする気!?」

17号 「・・よそうや、くだらない・・・それにしても少しでも残しておけばよかったかなぁ・・」

18号 「人間がいなけりゃ新しい服だって作られないもんねぇ・・」


な~んてな具合に一日中ダラダラしてる二人を想像するとなんか笑えますな。
あと同じように物音ひとつしない地球に立ち尽くす完全体セルとかな。

こうやってギャグにする分にはいいけど、やっぱり悪役にもしっかりした行動理念は持たせるべきだと思うんだよな。
嫌いなところ1終わり。

不評ならこの記事削除&もうやめます。
実験までに、ね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/12/12(土) 23:34:32|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地上最低の作戦 | ホーム | ゆめゆめ夢を 見るなかれ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/1017-35a9731b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する