FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

消えた日米野球!!

ラウマシールの巻。
こんばんわ、ナベキチです。

まぁまずはコレを見てくれ
ひろいもの

実物が無いので拾い物ですまんが、これは
「タイムスリップバトル」っていうベルフーズ発売の
マイナーなオマケシールの一品なのね。
(聖闘士で例えるとウルフの那智くらい)

ガムラッツイスト系のWシールで、一枚はがすとそのキャラの過去や未来が出てくるというもの。
んでこの「悪・朽霊」なんですが、「ワルキューレイ」と読むのね
(すげえ当て字だけど当時のオマケシールなんてそんなもんだった)
全体的にヘチョイ(良くも悪くも)絵柄が多かったおまけシールにおいて
(恐らくこのへんもビックリマンの影響。あの独特の絵柄を間違った解釈してた所が多かった)
本作はかなりイケてる画風で、女性キャラもかわいいのが多かったのよね。

前置きはここまでで、どの辺りがトラウマなのかってーと
このキャラ、絵で大体わかる通り魔界の天才少女っていう設定なんだけど
一枚はがすと脳だけがカプセルの中に浮かんでるというショッキングなシールなのよ!
(事故で体を失い、脳だけの存在になったということ。でも知力度はアップしてる)

実はこういう「はがすと死んでたりショッキングな姿になってた」っていうキャラ結構いるんだよね。
たとえば
「マリン婆(まりんば)」っていう老人魚のキャラは
はがすと白骨になって海底に沈んでるし(生命力は0)
「刃羅等イカ(ばららいか)」っていう大王イカは
見事にスルメになっているという・・・

なまじ絵柄がいいだけにショックだったなあ・・
決してメジャーとはいえないシリーズなのにいまだに覚えてるのは
これが理由かも。

BGM:ロイヤルナイツ 「それゆけガイコッツ」
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/01/05(火) 22:57:32|
  2. 我が愛しのキャラクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<母と兄はどこだ!! | ホーム | 五人のエスパー戦士>>

コメント

はじめまして

突然ですみません。こんにちは。

最近タイムスリップバトルのシール集めにはまっている者です。

最近、やっと悪・朽霊を手に入れて、2枚目を見たところですが、思っていたよりはライトな感じでしたね~。話で聞いた感じでは、もっとグロいものを想像していたので。

対戦相手の魔涅KINGの方が僕はトラウマです~
  1. 2012/05/24(木) 06:05:26 |
  2. URL |
  3. tetsu #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/1044-e0401867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する