FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

カンザシ・トライアングル

水、ジャンプを買うの巻。
こんばんわ、ナベキチです。

春の一大決心っ!ってことで、実に15年位ぶりにジャンプを買って読んでみたよ!
(立ち読みはできない性分なので)
以下、全漫画の感想を書くことにしたんだがここで注意。

※注意!
ほとんどの漫画に関して、まったく予備知識ナシで読んでいます。
頓珍漢な感想や、的外れな意見等があるかもしれませんが
その点ご了承の上お読みください。
一応どれくらい知っているかを作品の横に、○、△、×の順につけますので
合わせて参考にしてください。
すさまじく長いのでその点もお覚悟を。

こち亀 ○

1650回記念、こち亀とファミ通は気がつくと「○○回記念」ってやってる気がする。
スカイツリーを題材にした、うんちく&いい話。
スカイツリーはネタにするだろうなあと思ってたけど、今までやってなかったんだろうか?
内容は、ためにはなるが面白くはない感じ。
実在の建物で、完成前だからなのかも知れんが
両さんの過失で、タワーが真っ二つに折れたり
奇をてらってロボットに変形するくらいのハチャメチャは欲しかった。
まぁいい話回だからギャグで落とすわけにはいかないんだろうけど。


ワンピース 限りなく×に近い△

なんかターンエーみたいな巨大なヒゲのおっちゃんが
息子(恐らく悪)と戦い、なんとか四天王みたいな連中が指揮してる大軍団から
(恐らく)主人公たちをかばって立ち往生。
大ゴマで「ワンピースは実在する!」みたいな事を言っていたので
これがストーリーに影響を及ぼすのか・・・な?
ルフィ(たぶん)が白目むいてぶっ倒れてるんだが・・・
コマが多い割にごちゃごちゃ描き込んであって正直見づらかった。


NARUTO 限りなく×に近い△

ナルトとサスケが戦っていた。
この二人仲間だったってのは知ってるんだが、どういう経緯でこうなったかは不明。
ナウバトル中なので、進展等は特になし。
なんか人物の線が異常にシンプルなのが気になったんだが。


銀魂 ○と△の間

シリアス編の途中の様子。
お登勢ばあちゃんや西郷さんがいつの間にか重要キャラになってて驚く。
ちょいとした死亡フラグ立ってるんだが。


BLEACH 限りなく×に近い△

スカルマンみたいな頭部の怪人とザ・老師ってな感じの爺さんのバトル。
なにやら因縁がありそうな感じだけど、やはり不明。
セリフがほとんど無かった。
主人公は?


詭弁学派 四谷先輩の怪談 ×

面白かった。
ジャンプでこういうタイプの漫画って珍しいんじゃなイカ?
ちょっとだけ高橋葉介先生テイストの
ホラーオムニバスってところか。
チャンピオンなら「みどろ」が近いかも。
土屋先輩の厄い顔が御堂筋君っぽかった。
なかなかにGOOD!単行本買うかも。


REBORN! 限りなく×に近い△

重要キャラが死んだことで、ツナがイヤボーン。
かめはめ波発射。勝利。
最初のページで悪セリフを吐きまくっていた敵が
死ぬ寸前あっさり改心。なんか納得いかない。


トリコ ×

なぁ、これって料理漫画って聞いたんだけど?
「炎のうま」のフレデリック王子みたいな敵とバトルってました。
以上。
これもバルバエキスか・・・


黒子のバスケ × 

普通のスポーツ漫画ってな感じだった。
特にコメントすることないなあ。
最後の風呂シーンが腐女子向けサービスって思っちゃうのは
考えすぎかなあ。


LOCK ON! ×

ナガレみたいな特殊な片目を持つ高校生カメラマンのお話。
写真やカメラに関する知識漫画・・と、いうよりは
特殊能力を使ったドラマ部分に重点を置いた感じで面白かった!
テコ入れで悪のカメラマン軍団と戦う話にならないことを祈ろう。


バクマン。 ×

やっぱりジャンプの中では異彩を放ってるなあ。
1から読めば面白さが分かるかも知れん。
冒頭の「決めギャグを考えよう」で、サルまんを思い出した。
ちんぴょろすぽーん!


べるぜバブ ×

ヤンキーマンガ・・・なのか?
主人公が抱えてる赤子が普通の人間なのか、なにか特殊能力をもった生物なのかで
ちょっと評価分かれるかも。


ぬらりひょんの孫 × 

みつどもえと同じ時期にアニメ化だそうで。
もののけバトルと言えば「じゃのめ」なんだが
ジャンプだけあってバトルがメインの様子。
でもジャンプのバトル漫画の中では一番丁寧に描いてると思う。
絵が見やすいし。


めだかボックス △ 

なんだろう、やってることはバトル漫画のそれなのに
いちいちセリフや絵面が狂ってる・・
(良い意味で)
前々からなんとなくREDっぽいとは思ってたけど、今回は特に感じた。
(1巻は友人宅で読ませてもらったので)
ジャンプはチクビオッケーなんだっけ?


いぬまるだしっ ×

ギャグマンガ日和臭がプンプンする漫画だった。
本気で最初は同じ作者だと思ってた。
絵はなんとなく青年誌っぽいよね。


ハンターハンター 限りなく×に近い△

・・・工夫しないで書くと、新興宗教の勧誘漫画か
サイコ犯が獄中で描いた様な・・・
なんか・・ヤバイ臭いが・・


SKET DANCE ×

話の下敷きがわかんないんだけど、ギャグマンガとしてはまあまあ面白かった。
スケット団とSOS団ってなんとなく似てそうな気がしたけど
どっちもほとんど知らないのでうかつなことは言わないでおく。


保健室の死神 ×

主人公?の保険医の先生が何者なのかがちょいと気になった。
でも行儀の悪いことすると仕掛けが発動する家に住んでる藤君の方が
なんか謎の人物っぽい。


PSYREN × 

超能力バトル・・と思いきやなんだこのラブ展開・・
と思いきや、インターバルだったようで次週からまたバトルになる模様。
今週だけじゃなんとも言えん・・

賢い犬リリエンタール ×

・・・・・なんじゃこりゃ?
絵柄からして低年齢向けのポンチギャグかと思ったら
まさかのバトル物。
テコ入れなのか、元からこうなのかは知らないが
内容と絵がスサマジく合ってない・・


ピューと吹く!ジャガー ○

まだ続いてたんだなあ。413回って相当長いぞ。
でも展開やオチが昔と全然変わってないような・・
形式美ってことでパターンを楽しむものなのか?


総評。
バトル漫画以外はそこそこに良かった。
でも主力はその「バトル漫画」なんだよなぁ皮肉なことに。
うん、何ていうか前も書いたけど
「一見さんに優しくない雑誌」ってイメージやね
なぜか各漫画ごとの「あらすじ」が載ってないので、いきなり買っても展開がわかんないし
どれもそこそこに長く続いてたりするので
単行本追っかけてみようって気にもなれんのじゃ。

そんな中で「LOCK ON」と「四谷先輩」は良かったなあ。
買うまでは行かないが、立ち読み&単行本購入くらいはするかもしれん。

あとアニメ情報が腐るほどあって猛烈にうらやまちー!うらやまちー!
いいないいなー!ジャンプさん家はアニメがいっぱいあっていいないいなー!

ふぅ・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。
実際買って読むことで、ちょっとだけジャンプが好きになれたよ!

 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/03/09(火) 22:57:08|
  2. リハビリ・旅行日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お見合い大好き | ホーム | トドメ光線のなぞ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/1104-5c30748b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する