FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

カメラのファインダーを覗け!

ガジン28号の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

もう明日次号でるのにね

「波打際のむろみさん」
人魚の世界もいろいろ大変なのでゲソねえ・・
シャチを退治してくれるのはありがたいでゲソが
それを守る人魚もいる・・ウーム、複雑でこんがらがってきたでゲソ

「ばくだん!」
本作では山南がオンナッすか・・
新選組は本当にいろいろな解釈がされておるのう
とりあえず現時点では完璧に場に流されてるだけの主人公。
ここからどうするか?

「ファイブレイン」
・・・・・・・わ、わからん・・・
展開的には、実はルークも正解を出していて
「私を甘く見ないことだな」みたいなのは無さそう?

「生徒会役員共」
今回一番厄いセリフは
「慰めは個人でするもの」

「アゲイン!」
北島先生が黒幕で、チア部を操っていたりしてな。
女子一人だけってのがアレなら藤枝さんと柴田さんも応援団に入っちゃえばいいよね!
そういえばタッチブームん時に
やたらと野球部の女子マネージャーが持ち上げられていたのを記憶してるけど
あんな感じなのかなあ・・
あ、フレフレ少女の映画はびっくりするほどつまんなかったよ。

「金田一少年の事件簿」
まあ・・玉虫色・・とまではいかないまでも
それなりに良い結末でした。
でも吐血からのくだりはいささか強引すぎやしなイカ?

「はじめの一歩」
・・・・・もう誰がどうやって一歩倒すんだよ・・・
正直完璧に決まりながら倒れない展開にシラけてしまった・・
所詮YIS(やっぱり一歩は凄い)か・・

「さよなら絶望先生」
今回は上手くまとまっていた気がする。
どーせはじめちゃんやコナンくんが犯人見つけるから警察は動かない!
どーせどんな必殺パンチ打っても一歩は倒せないから挑戦しない!

・・・・たしかにそれじゃダメだよね

「この彼女はフィクションです」
客はドン引き、ミチルは号泣、主人公は狼狽
さてどうなるか・・
「ユーリをかけて私と勝負です!」ってな感じで
なぜかプロレス対決に・・ってなったら評価一気にあがるんだけど
やっぱりこのままクライマックスむかえちゃうんだろうなあ

今回はこんなところ。
「この彼女は~」はどうまとめるかが気になる
「アゲイン!」はやっぱりイチオシ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年マガジン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/06/14(火) 23:21:15|
  2. リハビリ・旅行日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<研の偽者をやっつけろ! | ホーム | 空軍基地が狙われている!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/1431-a7e98cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する