FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

謎の忍者軍団、こんぺい党

チャン36・37号の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

合併号は実質一回休みだからつらいのう。さて!
ネタバレ全開なので注意してね

「スカーフェイス」
だから最後のページでオチがわかっちゃうから袋とじの意味が無いような・・

「範馬刃牙」
だから奥義も効かない、急所攻撃も効果なしってどうすんだよ!
それでも面白いと思えるのは何故なんだろうか・・

「毎度!浦安鉄筋家族」
美少女を肩に乗せて歩けるなんて最高のシチュエーションじゃなイカ!
20113601_20110807201043.jpg
さらに服の中にもぐりこませるなんて!絵ヅラがいかがわしすぎるよ!
デブがうらやましいとはじめて思ったよ・・・・
「つけ麺デッドエンド」といい「デブは大食いに不向き」といい
週チャンリスペクトも盛りだくさんの良回であった。
ノムさんはやっぱりええのう

「弱虫ペダル」
まあそうなんだけどさ・・・・やってることが劣化御堂筋くんだよ・・
バイオレンスジャックのライブキングみたいやね。

「侵略!イカ娘」
おお!釣りという点でむろみさんとリンクしたじゃなイカ!
ラストでむろみさん釣り上げてたら面白かったんだけど
イカちゃんはそういう漫画じゃなイカらね。(UMA的な意味で)
そして文明が滅んでも平気で生きていけそうな千鶴しゃんの生活力・・

「ナンバデッドエンド」
漫画で泣いたのは久しぶりだ・・・
あの見開きは卑怯だ!!良すぎる!
白百合の腐れ教師にも天罰が下り、梶原さんもやはりスジを通すヤクザで
猛兄ちゃんは元気に回復して・・と全てが丸くおさまって本当に良かった・・
次回で最終回か・・さびしくなるけどハッピーエンドでなによりだ・・

「シュガーレス」
かがみんまさかの再登場!
新章は1年最強決定戦になるのか?マガジンの「A-BOUT」もちょっと前までやってたな。
ナンバに続き、見開きが良すぎる・・思わず笑ってしまった・・

「イマワノキワ」
やっぱりこれは不安の種みたいに、ストーリーよりも
なんとなく嫌~~~な雰囲気を味わうための作品なんだろうと解釈。

「囚人リク」
立ったーーー!!立っちゃったーーー!!立ったーーー!!
相変わらずダメージ描写がリヤルで、痛みが伝わってくるのう・・
椿さんの右目は義眼ってことかね?
レノマのファミリーとの抗争でつぶされたとかありそうだなあ
二巻は8日!

「てんむす」
どっちが主役かわかりゃしねぇよ!
長女大の食い道部はやはり全員スポーツ脱落組だった模様・・・
こういうのも主人公サイドの設定だよなあ、どっちかってーと。
あと、選手の4人以外にも結構部員いたのね。
原田部長が一生懸命集めたんだろうなあ・・一回戦の時といい
相手方の話だけでスピンオフができそうなくらい濃い展開なのがいいよね
そしてクソ外道な長女大の顧問。
星野ってまさか・・・・
20113602_20110807201042.jpg
二巻は8日!買え!

「ケルベロス」
展開は月並みだけれど画力で凄惨さが湧き出てくるなあ・・
リクもそうだけどこういう難しい描写をちゃんとできる人って偉大だと思う
桐乃介似の少年はとりつかれたわけではなく
不幸な生い立ちがあって、同じ境遇の鋒吹丸と意気投合して体を任せたと予想・
単行本は8日!

「バチバチ」
きちんとモンゴル語でしかる親方がステキ・・
蒼希狼も敗北を知ってさらに成長することだろう・・
って白水さんまさかの優勝戦線参加!?

「スーパーバイトJ」
ムラノさんみたいなファンキーな人の方が一般的には親しみやすいんだろうけど
イナゲ主任のように黙々と仕事する人にとっては鬱陶しいんだろうなあ
昔バイトしてたビデオ屋の店長がこんな感じだったけど
急にキレて怒鳴り散らす癖がある以外は良い人だったよ。

「ドカベンスーパースターズ編」
ドカベンは試合よりもこういう話のほうが面白い時があるから困る・・
言い分は完全に義経が正しいんだよな。
鍛えていたからとはいえ、高校以降野球から遠ざかっていた男が急に通用するほどプロは甘くないし
それは子供の頃からプロ選手を目指して一生懸命努力してきた人たちに対して失礼にあたるもんな。
それがわからない武蔵坊でもないだろうし、やはり総師の願いをくむことが第一と考えたわけか。
微笑さんに続き義経まで離脱となるとスターズとしては大きな戦力ダウンになるな・・

「聖闘士星矢LC外伝」
ウェスダとカルベラさんの間に何が・・・?
記憶を失った太陽の巫女だった・・って事だろうか。
そして覚醒したカルベラさんを倒さなくてはならなくなったカルデイア・・
なのかなあ?

「クローバー」
スーパーバイトリーダーTS(竹下)!
人の上に立つ人間ってのぁどんな小さな組織でもこうあるべきだなや
仮に怖くなって何もしなかったとしても
何かをしようとしただけで十分だと思うのだがな

「エンジェルボイス」
空気読めーーーーー!!・・・といいたいけれど
二人の気持ちもわからなくは無いんだよな。
マイちゃんの容態はとにかく市蘭にとってなによりも大事なことだし
試合終了を待っている間にもしかしたら・・・なんて考えてしまったのだろう。
ここまで来たらもう話したほうがいいと思う。

「ドラゴン・ハイドレート」
あれ?なんかメチャクチャ展開早くなイカ?
普通に考えると島への航海で2、3回は使ってもよさそうな感じだし
4回でもうラスボスとの対峙って・・!
短期とは書いてなかったし、かのガリガリやネコチワワ並にヤヴァイのか?
気のせいだといいんだけど

「半熟ガーディアンズ」
新連載第二回でこの位置かぁ・・
チャンピオンの掲載順にあまり意味はないとは言え、ドラゴンハイドレート、狩野俊介共々
ちょっと扱いが悪いような。
展開と技がなんとなくだけどマガジンの漫画っぽいね。

「ハンザスカイ」
まぁ・・そういうことだよな・・細野さんは本当に気の毒だけど
ラストのページのせいでさらにカマセ度がアップしちゃったのう・・
試合は面白いんだけどなー

「りびんぐでっど!」
前々から言われてきたことだけど圭太ママがかわいすぎる!
20113603_20110807201042.jpg
これで高校生の息子を持つ人妻ですゼダンナ!(誰だよ)
そらCTCで大熟女祭が開かれるわけだ・・

「少年探偵狩野俊介」
ん~~~!?一番怪しいと思ってた霊媒師が真っ先に殺されたぞ・・?
自殺じゃなく、この中に犯人がって事は誰だ?
普段あまり推理小説とか読まないから、こういう状況で予想するのちょっと苦手だ・・

「木曜日のフルット」
セミに限らず夏場に自転車こいでるといろんな虫が突進してくるんだよね・・
特にウチみたいな田舎だとカナブンとか結構ぶつかってくるし。
だからフルットはセーフ

「CTC」
少年誌ではとても載せられないようなイラストも見てみたかったような。
週チャンキャラコラボにおける、みつどもえ率の高さ・・・
やっぱりみんなさびしいし復帰を心待ちにしているのだろうな・・

次号!・・・は二週間後!ツライ!
囚人リク二号連続カラーッ!
ナンバデッドエンドついに最終回ッッ!!
そしてそして阿部共実先生が3週連続登場ッッッッッ!!
次号も見逃せないぜー!
つづく!





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年チャンピオン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/08/04(木) 23:38:24|
  2. 週刊少年チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<恐怖の雪山スキー!! | ホーム | せんべいさん、涙の大ズモウ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/1464-983b8cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する