FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

夏に御用心!友情の軽井沢

ンダムAGEの巻。
こんばんわ、ナベキチです。

本当に何の気なしに見てみたんだけど結構面白かったな。
フリットの性格がちょっと悪いのと、ガンダムの角の角度くらいしか気になる部分無かったし
事前情報をほとんど入れてなかった事もあって
(意図的ではなく興味がわかなかっただけ)
新鮮に見られたね。

我輩、種や00の様な線が多くて細いいわゆる女性向けな絵が苦手なので
子供向け(らしい)路線のキャラデザには好感が持てたし
戦闘シーンもCGじゃなかったのが◎
ogandamu03.jpg

敵である「UE」はバジュラみたいな生命体なのか
木星トカゲみたいに裏で糸を引いている人間がいるのかわかんないけど
「現行の人類の通常兵器では太刀打ちできない恐ろしい相手」
ということは良くわかったし
「ジェノアスを瞬殺する敵を、超強いガンダム一機で全滅」てな安易な展開にしないで
ビームはいきなり効かず、サーベルで格闘戦に持ち込んだ末、メッタ刺しでなんとか一体撃破にしたのも
敵の強さがよくわかって◎だと思ったねぃ
モノを大事にしないガキはろくな大人にならんぞ
この辺の「敵はなぜ襲ってくるのか」という点も
話の鍵になりそうだなや

モビルスーツはジェノアス、キャラはラーガンさんが今のところ(一話だけど)お気に入り
これってバンダイからクレーム来なかったんだろうか

歌に関しては・・・まあこんなもんなんじゃないでしょうか
(それだけかよ)

総評としては、まずは掴みはオッケー(大流行)レベルじゃなイカと思うんだ。
子供向け路線について色々文句のある人もいるみたいだけど
これだけ「ガンダム」の名を冠した作品が増えた以上
Gや髭のように斬新な物には「こんなのガンダムじゃない」
種や00のように旧作へのリスペクトを多く取り入れると「あざとい、媚びすぎ」とか
必ず何かにつけて叩く連中は出てくるものなんだよな。
うらやましいって辛いよね。


そういう意味では全ガンダムファンが納得する作品なんてもう未来永劫できないと思うので
ターゲットを絞った作品展開は商業的にも正しいのではないだろーかと我輩思うのです。
お前は違う

視聴続行決定ですな。プラモ買うとこまではいかんと思うけど
うそガンダム
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダムAGE - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/10/10(月) 02:12:03|
  2. アニメの感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宇宙の姫様ロケット大作戦!! | ホーム | ゲゲゲのあんみつ亡霊夏祭り >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/1499-8622b851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する