FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

涙の明暗

ュー速サイトってさぁ・・・の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

正直法律的にはどうなのだろうかというのを知りたい。
だって発売前の本や、公式発表前のアニメの情報なんかを平気でドンドコ載せてるでしょ?
あれって違法じゃないのかなあと。
関係者だったら守秘義務違反だし、部外者だとしたらそれこそイリーガルな方法で情報入手するしかないもんね。
それを堂々と記事にして、なおかつネットではそれがあたりまえのようになってるのはかなり問題ではないかと思うのね。

昔の話になるけれど、セガのメガドライブの発売直後に任天堂がスーパーファミコンの発表をしたことで
メガドラの日本での売り上げがかなり鈍ったということもあるわけだし
(実際スーファミは発表から発売まで約二年かかったので、メガドラつぶしの策だった説が濃厚)
情報発表のタイミングだって立派な商品戦略の一つだと思うのよね

もう一つ。
記事の見出しに悪意があるものが多すぎるのも嫌な理由。
最近見た中で個人的に腹が立ったのは
「チャンピオンの正式発行部数たった27万部」
「このマンガがすごい!2012は男女ともにつまらない結果に」
「スマイルプリキュアが深夜アニメっぽいデザインに」
の三つ。

どれもこれも余計なフレーズがついてるよね
一番目は「発行部数発表」で止めておけばいいし
二番目も「意外な結果に」で十分なはず。
三番目に至っては完全に「深夜アニメ」を悪い意味で使ってるのが見え見えで非常に不快。

要するに、人目に付きやすいようにわざと貶すような見出しをつけてるわけで
やってることは民放昼のワイドショーや写真週刊誌と同じくらいのゲスな行為という事なんだよな
さらに記事製作者の個人的な意見をさも一般論であるかのように見せて
で、こういう記事がツイッターで広まって
悪い印象を広げてるって完全に風評被害だよな

我輩思うに、最近ではネットの情報がやたらと神格化されつつあるような気がするのよ。
テレビや新聞のかわりにインターネットで情報収集する人が増えたせいかもしれないけれど
それってすごく怖いことだよな・・

現にネットではやたらと既存メディアをマスゴミマスゴミ言って叩いてるけど
上に挙げたような事やってるなら全く同じだと思うんだ。

どうしたものかなあ・・


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/12/26(月) 23:40:51|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<その名はスーキャット | ホーム | 姉妹流し歌>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/1545-9dfba0f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する