FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

かなこちゃん・オブ・ザ・デッド

刊少年チャンピオン23号の巻。
こんばんわ、ナベキチです。

気力が戻るまでいつも以上にザッとで失礼

「刃牙道」
みっちゃんの姉ちゃんじゃモノホンの霊媒師でもなんら不思議ではないな!

「侵略!イカ娘」
さすがにイカちゃんを全国区にするのはまずいという判断か。
ここに渚ちゃんいたら
「イカの人の脅威を知ってもらうチャンス!」とばかりに張り切っていただろうと思うとちょい残念かも

「弱虫ペダル」
今更ではあるが銅橋は筋肉キャラって事でアブさんと被るんだよなあ。
イキリは今ンとこ坂道さんの言う事しか聞かないっぽいから
オーダーは坂道さんが出したほうがいいのでは?

「実は私は」
天使としての力はそれなりにあるご様子の銀さん。
せっかく「普段そのキャラが絶対やらないような表情や行動」が見られる能力なのに
一話でほぼ全放出しちゃうのはちょっともったいなかったかなー
PA0_0639_20140513222352bb7.jpg
それにしてもこの獅穂さんの破壊力よ。

「錻力のアーチスト」
なんという馬鹿の一念。
前も書いたけどもう蛮堂を打ち崩すには桃ちゃん絡みのアクシデントで自滅するのを待つしかないんじゃないか?

「オーマガ町の怪」
新人漫画賞受賞作家、川地和樹先生の短期連載~
一応読み切りからの続きってことでいいのかな?
今回は割と正統派の退魔ホラーものと言った感じか。
PA0_0633_20140513222339462.jpg
深夜子先生が毎回唾で攻撃するなら一気にチャンピオンらしくなるんだがw

「毎度!浦安鉄筋家族」
たまーにあるのり子の変身話。
それでも毎回美少女という扱いは受けてるからやっぱり素材はいいのだろうな。
PA0_0638_20140513222351f3f.jpg
中学、高校になったら増刊で描かれたみたいな美少女になってそう。
そして今回オチも良かった!
いつもなら小鉄ぶん殴って終わりだったろうに・・
これも書くの何度目かわかんないけどこーゆーことナチュラルにできるから
小鉄は人気者なんだろうなあウンウン。いい話だ

「ドカベンドリームトーナメント編」
ここで藤村甲子園が怪我をして交代・・とは考えたくないけど
火浦が登板する機会を与えるにはどこかで甲子園を下さなきゃいけないわけで
そういう意味ではトーナメントものの難しいとこだよなあ。

「週チャンゲーム板」
マリオカート8の一週前にこういうゲーム出すあたり
セガの「心までは許しちゃいないぜ!」という反骨精神がうかがえるなあ(考えすぎ)

「最強少女さゆり」
PA0_0634_2014051322234029f.jpg
あれ?実は戦闘力も科学力も地球人って宇宙的に見ても相当なんじゃなイカ?

「ウチコミ!!」
実はイケメン揃いだった(日下部以外)武蔵原柔道部。
PA0_0637_20140513222343145.jpg
もしかしたら立学戦で終わってしまうのではという危機感もあったので
続いてくれるのは何より。
ここから八乙女先生の特訓で強くなっていくんだろうけど
先生の変身を見たら「やる気があればなんだってできる」という精神論も説得力出てきちゃうよなあ

「思春鬼のふたり」
WOCの敵さん。美人さんだと思ったら男だったでござるの巻。
PA0_0636_20140513222342988.jpg
銀華って名前も女性っぽいんだけどなー
主人公サイドが殺し屋だから「殺しはよくない」とする主張はいいかもしれない。

「いきいきごんぼZ」
これは能美のウソ彼女の名前を「桃」華にしておいた睦井先生の作戦勝ちだな!
PA0_0635_20140513222341eac.jpg
いや偶然なんだろうけどwこの「使えるネタは何でも使う」っていうどん欲さは
ギャグのみならず漫画家としてすごく大事な事でなないかと思うわけでして

「名探偵マーニー」
VSメカニック編も佳境・・ではあるんだけど
主人公であるマーニーがメインではないどころか、むしろ鴻上さんの足かせになっている感もあるのが
女子高生探偵の限界と無力さをあらわしてるのがちょっと現実的だけど悲しいかも。
メカニックとの戦いにけりがついても漫画は続いてほしいんだけどなあ。

「ブルサイト」
新人まんが賞受賞作家読み切り
バスケのルールよくわかんないんだけど
卑劣な敵に対して超技で対決する主人公っていう構図はわかりやすくていいなと感じたよ。

「木曜日のフルット」
いつの間にか人気作家になってた白川先生
それでもこのアパートを出て行かないのは愛着があるからかな?
我輩は無職時代、逆に世間が休みだと損した気分になってたダメ人間でしたw

「週刊3D」
そうかー終わるのか。
得点の集計ミスで優勝者取り違えたり、募集してたコーナーを予告なしに打ち切ったりと
色々不手際でベテランはがき職人たちにそっぽ向かれたのが原因なのかなあ
CTCが偉大すぎたっていうのもあったんだろうけど。
後コーナーのアナウンスが無いのが若干気にはなるけど
柱でイラストの募集は今週もやってたので
マガジンみたいに読者コーナー消滅ってのはさけられそうな所。

今回はここまで!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年チャンピオン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/05/13(火) 22:26:52|
  2. 週刊少年チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<黒魔術・オブ・ザ・デッド | ホーム | 花見・オブ・ザ・デッド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/2178-7b91a936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する