FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

第九回 巨匠の晩年

ドン・ドラキュラ 1 (1) ドン・ドラキュラ 1 (1)
手塚 治虫 (1980/03)
秋田書店
この商品の詳細を見る


みなさんは手塚作品と言えば何を連想されるだろうか、恐らく「アトム」、「BJ」、「火の鳥」辺りが最も多いだろう。
しかし先生の手がけた作品はそれこそ山のようにあり、一般人は知らない作品の方が多いと思う。
そんな中今回は「ドン・ドラキュラ」を紹介したいと思う。
舞台は現代(昭和)の練馬。ここになぜか建っている洋館に住むドラキュラ伯爵と娘のチョコラ、そして下男のイゴールが巻き起こすドタバタを描いた一話完結のギャグ漫画である。
この作品かなり不運の作で、第一巻の最初にある手塚先生の言葉にあるように様々な謎を解明する事無くいきなり諸事情で終了してしまう。(単行本にして全3巻)
アニメ化もされるが、こちらも広告代理店の倒産によりわずか4話で放送打ち切り。(製作は8話までされており、地方では放送された)
なお、打ち切りの経緯について「出来の悪さに激怒した手塚先生が製作サイドに打ち切り命令を出した」という噂が流れたこともあったが、もちろんこれはデマ。だいたい手塚先生がそんな心の狭いことをするはずがないじゃありませんか。
それになんとDVDにもなっており、手塚作品ということもあってか、大きめのツタヤにはかなりの確立で置いてあるのである。
実際見てみたが、クオリティの低い作品では決してないと思うぞ。

話を漫画のほうに戻そう、本作はブラックジャックの後作品としてチャンピオンに連載されたが、本作の終了後再びブラックジャックが不定期ながら連載されたあたりに「諸事情」の真相がありそうな気がする。
手塚先生も「ブラックジャックと似て非なるキャラ」ということでドン・ドラのキャラ設定をしており、後期のブラックジャックにドン・ドラがゲスト出演したのも何かの因縁だろうか。
いずれにせよ「打ち切り」のイメージばかりが先行し、中身についてはあまり言及されることの無い作品だが、晩年の手塚作品全体に漂う
「自分の描きたい様に描く」感が強く出ている(と、私は思う)
ことと、ギャグのキレもかなり良いほうなので敬遠していた人も、手塚作品の新たなる道を開拓する意味で読むことをオススメする。

他にも「ブッキラによろしく」「やけっぱちのマリア」あたりのチャンピオン作品は派手さは無いが光る物があるのでついでに(と、いう言い方は失礼だが)オススメしておこう。


手塚先生って元来ギャグ向きだったんじゃないかと思うのよね、最近
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:手塚漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/10/15(日) 23:16:32|
  2. マイナー作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スプーンおばさん | ホーム | 怒りにも似た感情>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/37-b163eb3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する