FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

週刊少年チャンピオン11号 からかい上手の開田さん

刊少年チャンピオン11号の巻。
こんばんは、ナベキチです。
時間がないのでざっとで失礼・・

「BEASTARS」
不器用というか先走り過ぎというか・・w
006_20180214225306d34.jpg
005_20180214225305ea8.jpg
ゴウヒン先生の過去がしれっと明らかになったことといい
情報量が多すぎてげっぷが出るような内容でしたw

「板垣巴留ロングインタビュー」
あまり少年漫画を読まずに育ったってことはやっぱり板垣恵介先生の娘ってのはデマなんかいのぅ?
仮に親子だったら家に週チャンや刃牙の単行本ぐらいあったろうし

「弱虫ペダル」
とりあえず最近全く出てこない京伏がどこでなにやってんのか気になる。
仕掛けるとしたらもうすぐだろうし

「毎度!浦安鉄筋家族」
大鉄の不器用シリーズも久しぶりだなあw

「六道の悪女たち」
新シリーズ!
前回で最強の番長連合とかやっちゃったからどうなるかと思ったら
闇金来ましたか・・・
でもこれ一介の高校生がどうこうできる問題じゃないような・・

「ロロッロ!」
ちとせちゃんはうみちゃんとのデートを楽しみたかったのにね・・
007_20180214225307a2a.jpg
このお互いに仲良くしたいのに微妙にすれ違うあたりも
杉みつをホーフツとさせるよなあ。
あっちより甘酸っぱさは上ですが。
008_20180214225309305.jpg
あとQ&Aサイトのくだりはリアル女性ののりお先生だから
おっさんだってわかるんだろうなあw

「ドカベンドリームトーナメント編」
長島と山岡さんじゃしょうがないか・・・
とはいえあとアウト1つでドカベンの歴史が終わっちゃうんだから
里中と賀間は出塁、岩鬼が悪球三振のお返しとばかりにど真ん中をあわやホームランかという当たりで
里中生還、賀間本塁タッチアウトで延長戦。
10回裏にYYSで決着って流れであろうか。

「週刊少年ハチ」
高校と一番違うのはクラスメイト達は「お互い競い合うライバル」ってことで
仲良くはなってもなれ合いはしちゃいけないってことだよなあと。
009_20180214225310b58.jpg
あとアニメ化してそれが縁で声優と結婚ってのは
やっぱり漫画家志望の若者の夢だったりするんかいのゥ。
実際そういう人いるけどさ。

「あつまれ!ふしぎ研究部」
ラブコメでバレンタインと言えばそれはもう・・ね。
011_20180214225313cb1.jpg
でも同じ部活とはいえまったく興味のない男子には義理でもチョコはあげないだろうから
3人娘それぞれ一定以上好感度は高いのだろうなw
フラグイベントもこなしてるし。義理半分本気半分ってところかしら
010_20180214225312385.jpg
でも現時点で一番好感度高いのは誰あろう麗ちゃんだと思うぞw
単行本のおまけ4コマでちゃんと渡せられたらいいね・・

「魔入りました!入間くん」
アクドル編を単発扱いにしないで
ちゃんと次のシリーズと接点を繋げてるの話をすごく丁寧に作ってるっていうのがわかって
個人的にすごい好印象。
012_20180214225315abe.jpg
013_20180214225316ea1.jpg
入間くんに女装させたのはたぶんあれが凄く反響あったからなんだろうなw
入間くん生徒会入りは、師団編の時にこうならないかなって思ってたので
入り方こそちがえど嬉しいなあ。
014_2018021422531842b.jpg
タンコーボンも売れてるみたいでさらに嬉しい

「吸血鬼すぐ死ぬ」
ロナルド君顔はいいのにモテないのはつまりはそういうことなんだろうなw
はたから見ると美男美女でお似合いのカップルっぽいのになあw

「開田さんの怪談」
お久しぶり!の木々津先生の読み切り~!
は、美少女が隣の席の男の子をからかって遊ぶという
今流行の(?)タイプの漫画~
015_20180214225319731.jpg
でもそこは木々津先生、見開き4ページで延々と怖い話きかせた後
視覚的にキッツイ描写ブチこむことで
これ以上ないってくらいオリジナリチィを出すことに成功してるのがステキw
016_201802142253210a4.jpg
017_2018021422532227c.jpg
我輩基本的にグロ耐性も無いんだけど若先生や木々津先生のグロは平気なんだよなあ。
「フランケン・ふらん」とか大好きだったし。
リクが終わり、鮫島、Gメン、ドカベンと長・中期連載陣が軒並み佳境を迎えてる今
木々津先生は週チャンを引っ張るうえで必要な人だと思ってるので
是非連載化してもらいたいなあ。

「囚人リク」
リク、よくやった!
一度だけ、ただし全身全霊の力を込めて殴ることで
全てを終わらせ、自身もおじさんとの別れを無理やりにでも理解することで
未来へ向かって歩き出そうということなのだろうな・・・
018_20180214225324f46.jpg
019_201802142253251df.jpg
次回ついにセンターカラーで最終回・・!
後日談みたいな感じでありますが、どういう形で〆てくれますか・・・

「Gメン」
主人公が暴力事件で処分されるのっていうと
「ナンバ・デッドエンド」の終盤を思い出してつらいけど
今回は助け船も入り、最悪の展開にはならなかったようで一安心。
巧くんの恋にも一応の決着がついたし
あとは勝太だけか?
そろそろ終わりそうだなあ・・

「木曜日のフルット」
関西弁の猫っていうとどうしても「じゃりン子チエ」思い出すw
020_2018021422532744e.jpg
しかしフルットは前に頭を使って相撲のルール上とはいえデンに勝ってるし
体力も少しづつついてるから
将来的にかなり大物になるのでは。
そういうタイプの漫画じゃないってのはわかってるけどねw



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年チャンピオン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/02/14(水) 23:01:54|
  2. 週刊少年チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<02/14のツイートまとめ | ホーム | 02/13のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/3897-5e041839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する