FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

別冊少年チャンピオン8月号 復讐は何も生まない

冊少年チャンピオン8月号の巻。
こんばんは、ナベキチです。

「先生、〆切ですよ!!」
YG、新人漫画家の原稿見てるときに寝るのはさすがにどうかと思ったけど
しっかり評価はしてるってことはちゃんと見てはいるんだなw
001_20181010221552c90.jpg
下手に持ち上げないで「今二・・・」の後に「すまん、今五歩だ!」って言い直してるあたりも特に。
編集者としては優秀なのかも

「フェンリル姉さんと僕」
ロリきたああああ!
001_201810102218066ab.jpg
何度も書くけどシリアスなバトル路線よりも
いろんなしもべたちとわちゃわちゃしてくれたほうがいいとは思うんだけどね・・・

「少女聖典ベスケ・デス・ケベス」
002_20181010221808eb6.jpg
003_201810102218091c5.jpg
この主人公そっちのけで勝手にどんどん話が進んで勝手に終わるパターン
本当に好きw
004_20181010221811324.jpg
尻で戦う競技の漫画がサンデーかどっかでやっててアニメ化もされてましたっけな

「NはNullのN」
中村ゆきひろ先生待望の新連載ッッ!!
005_201810102218127e7.jpg
前作の「オルメヌール」が評判良かったからだろうか
ちょっと不思議なSF短編となっておりました。
色と線を薄くするtことで神秘的というか不思議感を出すことに成功してるなあ。
ただ前みたいなかわいい女の子の出るハイテンションギャグも見てみたいかなあと思ったりしたけど
柱マンガのテンションは相変わらずだったのでそこは安心かなとw
006_201810102218145f3.jpg
いずれにせよどんな形でもいいからブレイクしてほしい作家さんの一人なので
この連載も長く続くことを願うよ!

「やわらかハンターブラザーズ」
「入間くん」の西修先生の読み切り~!
は、凄腕モンスターハンターの兄弟のお話~
007_2018101022181583b.jpg
ただ「やわらか」とある通り、得物を戦ったりして入手するのではなく
歯医者の真似したりカラオケ勝負したりして
平和に穏便にしかし確実にターゲットを入手するところが凄腕たる所以なんでしょうなあ
デフォルメ調の絵柄だけど見開きのシーンだけリアル等身になるあたりも素敵w
008_20181010221817c1d.jpg
これは続きが読みたいけど入間くんで忙しそうだしなあ。

「おしかけメイドの白雪さん」
ああ勘違い。
009_20181010221818a79.jpg
というか陽一郎くん自身あの部屋がやばいっていう自覚はあったのねw
赤と黒のメイドさんもかなりポンコツと判明したし
010_20181010221820c95.jpg
なんだかんだでこの二人も天國家に居座りそうではあるなあw

「インコンプリートアニマルズ」
新連載~前の読み切りが評判良かったからかしら?
下ネタ関連は正直ノーコメントなんですが
011_201810102218214fb.jpg
食べ物屋の看板に食材になってる動物使うなっていうのはいいネタだと思いましたw

「AIの遺電子REDQUEEN」
恋人を殺されたと思い込んで須藤先生を追っていた男は誤解を解いたみたいだが・・
012_20181010221823d9b.jpg
肝心の先生が拉致されるという衝撃展開に。
サラハといい、なんか憎しみの連鎖みたいなのが生まれちゃってるよなあ

「スピーシーズドメイン」
恵良さん、立つ!
013_2018101022182498c.jpg
はじめっから勝ち目のない勝負と知りつつも
逃げ道、言い訳を用意せずに
きっかけを作ってくれた当の風森さんに遠慮するでもなく
「駄目だったら泣くくらい本気に」行く決心するなんて
並大抵の覚悟じゃできないよなあ・・・
014_20181010221826b3b.jpg
この子には本当に幸せになってほしいし
誰かが悲しんだり傷ついたりすることが少ないこの漫画のことだから
何かいい落としどころがあると信じたい。
というか音無森さんと風森さんはもう別の存在だし
恵良さんの逆転満塁ホームランという展開もゼロではないところが・・

「星の兄弟」
新人賞佳作受賞作品~
は、突如攻めてきた異星人によって家族を奪われた兵士が
鹵獲した異星人を改造して作った兵器に乗って
さらなる攻撃に立ち向かう・・という
設定だけ見ると最近のロボットアニメによくありそうな感じではありますが・・
015_20181010221827b0c.jpg
復讐はさらなる因縁を生むだけっていう深い結末ではありましたが
そもそも最初に異星人が攻めてこなければこの戦いは始まらなかったんじゃ
ってところがもにょったり、そういう意味では「佳作」なんだろうなあと。
上から目線で申し訳ないけれど

「HERO」
読み切り!
は、あるきっかけでターゲットの娘と関係を持つことになった殺し屋のお話。
はからずしも今月3作品で「復讐は何も生まない」っていうテーマの漫画が被ることになったなあ。
016_201810102218297e7.jpg
主人公最後に死ぬんじゃないかってドキドキしたけど
金で雇われる殺し屋はやめて正義のために戦う道を選ぶってところが
少年誌の漫画って感じでありますな。
017_201810102218305fb.jpg
でもこういう展開好きです。

「別冊木曜日のフルット」
トラと今は亡きムラマサのちょっといいお話。
018_201810102218322f1.jpg
かなわぬこととは知りつつももう一度会って戦いたいっていうの
武闘派って感じでいいなあ・・

今回はここまで!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年チャンピオン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/10/10(水) 22:29:10|
  2. 別冊少年チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10/10のツイートまとめ | ホーム | 10/09のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/4287-fd609034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する