FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

週刊少年チャンピオン26号 パラララツ ナナガソ セノノツ!

刊少年チャンピオン26号の巻。
こんばんは、ナベキチです。

「魔入りました!入間くん」
巻頭カラーッ!
001_20190602224127ec0.jpg
短所を補うのではなく長所を伸ばす方に進化したとは・・・やるなクララ!
色気は皆無だけど母性で相手をメロメロにするとは新しい・・・
入間くん、1歳で社会に出されたから実の親ともこうして遊んだことなかったんだろうなって思うと不憫で・・よかったなとしか・・!
これでヒロインレースはクララが2歩くらいリードしたかな?って思ったけど
やっぱりアメリ会長とどっちか選んでどっちかが悲しむの見たくないので
どっちも入間くんの嫁でいいと思うし
そんなラブコメ主人公ムーヴも入間くんなら許されると思うんだよな。
002_2019060222412878c.jpg
それにしてもショタ入間くん(今もショタだけど)の破壊的なかわゆさよ・・・
あと問題児クラス同士でポイントの取り合いしてることについてはいいのかな?

「シコルスキー」
ほぼ再起不能状態な死刑囚のなかでシコルスキーは一番ダメージ少なそうだから
復帰も一番早いかもな

「さちおくん」
人を見た目で判断してはいけないってことか。
003_201906022241296c9.jpg
生まれたときからこういう見た目の種族なのか
それともオッサンのプレイなのかぱっと見わからないところに狂気を感じるというか・・

「もういっぽん!」
004_20190602224131318.jpg
一回戦開始!
決勝まで勝ち進めば霞ヶ丘との埼玉勢対決が実現するけど
そうそう都合よくはいかないんだろうなあ。
006_20190602224132975.jpg
インターハイから強くなったとはいえ、まだまだ全国レベルではないだろうからなあ。
対する博多南も人数ぎりぎりで事情は青西や霞ヶ丘と似たような境遇だった模様。
どこも苦労してるんだなあ・・
007_20190602224134401.jpg
メンバー表に無かったってことは、南雲安奈がなんだかんだで出場するって展開は完全に消えたわけだけど
夏目先生があれだけ「出さない」って言ってたし、サポートだけどちゃんと「五人で戦う」って強調してたから
それが正しいのかもしれんな。

「足芸少女こむらさん」
こむらさんの下着は俺が守護らねばならぬ・・・と
ばかり必死にガードする月長くんは彼氏の鑑だなあ・・・・
008_201906022241356d4.jpg
一方のこむらさんもパンツが見えようとも足芸を使うのをやめないあたりプロ意識凄いし
「忘れてくれればいい」ってことは月長くんになら見られてもいいってことで
この辺もラブラブですなあ・・・

「あっぱれ!浦安鉄筋家族」
アニメや漫画なんて見る人の感性でどうとでも評価が変わるもんだから
どれが正しいとか決めちゃいけないと思うけど
初期ルパンのハードボイルド路線が好きな人がカリ城を「ニセモノ」っていうのなんかわかる。
009_20190602224137aba.jpg
010_201906022241384e6.jpg
パート2最終回のやらかしといい、宮崎監督ルパンに関してはあんまりいい印象ないんだよな。
我輩もカリ城よりマモーの方がずっと好きだしな。
でもだから駄作って言わずに「映画としては超A級」ってほめるあたり春郎は正しいオタクだなあw
011_2019060222414055e.jpg
あとその後でしっかりカリ城ネタをやる浜岡先生もステキw

「BEASTARS」
レゴシに続きルイ先輩までも・・・
シシ組抜けるとき「今度会ったら殺す」って固い約束をした以上
なんだかんだでそれをなあなあにされても興ざめなので
構成員たちがそれを実行に移したのは評価できるけど・・
いや銃声はしたけどルイ先輩が撃たれたとも死んだとも決まったわけじゃないけどさ・・
012_20190602224141f74.jpg
あとルイ先輩に絡んできた学生、そんなヤバイうわさを知りつつちょっかいかけてきたの
それを信じてなかったのかよほどのバカなのか・・

「六道の悪女たち」
強い男を見るといじめたくなるってことは逆もまた真なりってことで
「弱い女の子が好き」って結論に達したわけか・・w
013_20190602224143be8.jpg
ただやはりそれが術の効果で相手が女装した六道くんってことには気づいてないわけで
すべてを知ったときどういう対応に出るか・・だな。
六道くんもカンフー編で強くなってるから彼への思いは変わらんのかもしれんが

「吸血鬼すぐ死ぬ」
本作きってのシリアスキャラであるタマシングさんだけど
故にタマちゃんの体で色々ままならない様子がギャグになってるのであろうなw
しかし本気になればその辺の吸血鬼なんざ相手にすらならないくらい強いのはさすがというべきか。
014_201906022241442ba.jpg
彼が本来の任務を思い出してあるべき相手(ロナルドくん?)に力を託すようなシリアス路線になったら
作品の終了が近いってことになっちゃうんかなあ、当面は来なさそうだけど。

「あつまれ!ふしぎ研究部」
親密度は高そうだけどときめき度は低そうな田中さん。
015_20190602224146f3e.jpg
ときめき度は振り切れてるのに親密度はもうちょいの麗ちゃんと好対照ですなw
でもまあクラスのちょっと冴えない感じの男子にちょっかいだしてやろうかなってレベルでは
あそこまで積極的になれないだろうから今後の展開次第ではヒロインレースに名乗りを上げることも?

「謀略のパンツァー」
スズちゃんやはり男の娘でしたか!
016_20190602224147cb8.jpg
ただその前にこむらさんの凄い土手見せられてるのでタマのついてるパンツ見せられても
説明されるまで男だってわかんなかったぞw
そしてなにやら話が急速に大きくなり始めてますが・・・?
スズちゃんが「イカレてる」って、素でドン引きするレイ君レベルでも「野良パンツァー」ってことは
「謀略のパンツァー」とはどれほどの存在なのか・・?

「ロロッロ!」
まあ・・フォロワー数やいいね!の数が多ければえらいってわけでもないしなw
017_201906022241497d6.jpg
しかしのりお先生ご自身、僕ヤバをはじめいろんな漫画をトゥイッターで上げてらっしゃるから
ユーザーの反応とかバズりそうな漫画の具体例とかがリアルでいいなw
018_201906022241503c5.jpg
に、してもオメガバーズとかパパ活とかおおよそ少年誌で目にすることない単語がバンバン出てくるの相変わらずステキw
トゥイッター漫画も最近では自身が不快に感じたこととかを主語大き目で語る
「白ハゲ漫画」って呼ばれるいやらしいタイプの流行ってるけど
彼女たちは愉快に楽しく使ってもらいたいもんだ

「NEXTCHAMPION最終選考結果発表」
大賞はバトル漫画でしたか。
週チャンではファンタジーやSFと並び鬼門と呼ばれてるからなんとか大ヒット作生まれてほしいもんだなあ。
あと最終選考候補ではかわいい女の子主人公のもの(と思われる)いくつかあったけど
どれも選ばれなかったのでちょっと残念。
あと全体的に審査員の先生方の評価が辛口だったなあ。
浜岡先生が言っていた「ギャグマンガゼロ」っていうのもちょっと寂しかったけど
秋田書店今ギャグマンガ充実してるし、あえて挑もうって人がいなかったのかも。
まあ漫画賞はあくまでも通過地点で、受賞できなくても大成した人いくらでもいるしな

「ローンウルフ」
読み切り!
途中まで秋田書店青年誌によくある反社会的勢力の漫画なのかなと思ってたら
そういう奴らをせん滅するために戦うじいちゃんと孫の「逆・子連れ狼」みたいなお話でした。
019_20190602224152fba.jpg
そうだよな、いかなる理由があっても暴力団は存在してはいけないし
ましてや自分たちのために弱い立場の人から金銭を巻き上げるなんてことする奴らは
滅せられて当然だもんな。
020_20190602224154a29.jpg
別冊ヤングチャンピオンあたりで連載で読みたいかも。

「鬼のようなラブコメ」
最初え!終わっちゃうの!?ってびっくりしたけど
もともときこちゃんをめぐる赤志君の戦いのお話だったし
六名鬼全部出した今、新章!新たなる敵!とかやられてもダレそうだし
打ちきりではなく予定された終わり方だったんだろうな。
021_201906022241557ec.jpg
次回センターカラー、増ページで最終回っていう
チャンピオンでは破格の待遇だし、アンケも毎回6~8位くらいをキープしてたっていうし。
ただもうちょっと読んでいったかったかなーって思うのも事実・・・

「週刊少年チャンピオンを創った男たち」
今回は3代目編集長阿久津さん!
「ブラックジャック創作秘話」のおかげでおっかない人ってイメージあったけど
(壁村編集長より自分がよくケンカしたという話はありましたが)
神君壁村耐三氏の後を受け継ぎ、ジャンプやサンデーの台頭で
苦戦を強いられていた週チャンを必死で切り盛りしていた苦労人だったんですな・・
026_20190602224237aef.jpg
あと、鴨川つばめ先生がジャンプの鉄の戒律を見限ってチャンピオンに持ち込んだという話も初耳でした。
齢75にして艦これや刀らぶといった最新流行のゲームを楽しんでおられるというのも素敵。
022_2019060222423215d.jpg
小池一夫せンせいもだけど、お年を召しても感性は若い方っていいよね・・・
それができずに昔を懐かしんでばかりだと人間どんどんさびついていくと思うので
我輩も気を付けなくっちゃな。
昔のものがダメってわけではもちろんないけど

「エコエコアザラク」
再掲ッッ!
もっとえげつない話たくさんあったと思うけど
比較的マイルドなお話でした。
冒頭で殺人事件は起きてましたが。
023_20190602224233d65.jpg
古賀新一先生、2009年の40周年の時には新作読み切りを描かれて
「長い作家人生の中で納得のいくものができたのはほんの一握り」っていう
ホラー漫画の大家にして妥協を許さない素敵なコメント残されていただけに
今回もインタビューを受けてもらいたかったなあ・・・

「木曜日のフルット」
まさかの前回のアレが振りだったとはw
024_20190602224234532.jpg
さすがにわかるだろ!って思ったけど
普段漫画読まない人って、こういう読解力(とでもいえばいいのかな?)
がない人結構いるみたいだな。
こち亀でも、普段漫画全く読まないから漫画の読み方がわからない部長に
両さんがレクチャーする話ありましたなw

「週刊少年チャンピオン50thアニバーサリー」
025_201906022242363db.jpg
白倉由美先生、名前は知ってたけど作品は読んだことないんだよなあ。
全3巻だっていうし興味あるので電子であったら読んでみようかしら。

今回はここまで!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:週刊少年チャンピオン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/06/02(日) 22:56:41|
  2. 週刊少年チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<06/02のツイートまとめ | ホーム | 06/01のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/4681-f14bea97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する