FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

週刊少年チャンピオン27号 さらば戦いの日々、そして。

刊少年チャンピオン27号の巻。
こんばんは、ナベキチです。

「弱虫ペダル」
やっぱりレースしてる時よりこういう日常回の方が面白いと感じてしまうのは
どうなんだろうな俺・・・
001_201906092232172cf.jpg
いやレースが緊迫した戦いだからこそこういう話が際立つのかもしれんけど。
002_20190609223218189.jpg
そしてこのまま3年生編ではなく招待レース編になるのか・・?
「一人で」ってところ、これまで仲間の力みたいなところもあって頑張れてきた坂道さんにとって試練になるかもなあ

「BEASTARS」
殺す約束はしたけど、決定権はフリーにあるから
こういう形になったか・・
004_20190609223221349.jpg
まあここでルイ先輩死んじゃったらアッサリすぎるしこれで良かったのかもな。
って思ってたらシシ組のボスにまさかの男が・・・
003_20190609223220188.jpg
ルイ先輩がボスやってた頃のシシ組はあくどいことはせずに
裏市の住人たちからも慕われてたけど、今はまた恐れられ嫌われてる感じなんだろうか。
とするとフリー以下構成員たちがなんでメロンをボスにしたのか知りたいところ。

「足芸少女こむらさん」
005_201906092232233a0.jpg
センターカラーッッ!
お見舞い回!
007_20190609223226232.jpg
足による服脱がせや体拭き等
いつも以上にプレイ臭のするイチャコラ回でしたw
006_20190609223224236.jpg
月長くんがかわいい動物好きって設定も女子ウケしそうねw

「魔入りました!入間くん」
ブエル先生やオリアス先生みたいにかなり強力な能力もってる人たちが
先祖返りもせず講師としてサポートに徹してくれてるおかげで収穫祭も割と安全にできてるんだろうし
(死傷者はある程度出るらしいけど・・・)
008_20190609223227c37.jpg
バビルスや魔界の平和も保たれているんだろうなと再認識。
そしてサバトの時の女子四人組が再登場!
009_20190609223229c48.jpg
このまま超絶イケメンアガレスくんにオトされてしまうのか?

「謀略のパンツァー」
010_201906092232300ab.jpg
センターカラーッッ!
理由はまだはっきりとはしないがとりあえず七人の「パンツァー」たちより先に
アンちゃんのパンツをレイ君が見て、彼女にパンツを脱がせないと
「死より恐ろしい」ことになるってことはわかった・・・ようなやはりわからんようなw
011_20190609223232472.jpg
展開が斜め上すぎて予想が全く立てられないところがいいなw

「さちおくん」
なんかソシャゲに出てきそうなイケメン二人のよく聞くとくだらない争いの決着を
さちおくんにゆだねるのがいいし
012_20190609223233d89.jpg
さちおくんの返事も答えになってないのがシュールギャグって感じだなあと・・

「バキ道」
じっちゃん、一人一人にちゃんと聞いて回ってたんだな。
「答えは聞いてない」状態だったけど。
013_201906092232357b6.jpg
あと花山さんの左目、黒目がなくなってたから
武蔵に斬られたところはやはり失明している模様。
克己に言った「烈と二人がかりで」っていうのも凄く気になる。
まさか降霊とクローンで烈生き返らせたりはしないと思うけど
烈の腕を移植くらいはやりそうだよなあ。
我々の世界よりはるかに医科学進歩してる世界だから十分可能だろうし

「あつまれ!ふしぎ研究部」
新キャラ!
出てくるヒロインどれもどこかおかしいところがあるので
こういう「いたって普通」な子が出てくるの逆に新しいなと思ってたら
全然そんなことなかったw
014_20190609223236e05.jpg
までも大祐くんが女装似合うのは紛れもない事実ではあるからな。
女子の制服着てるけど学校生活も女子としてやってるんだろうか。
性同一性障害とかそういうジェンダー的な深い理由とかあるのかな?
015_20190609223238883.jpg
そういうの似合わなそうな漫画だから単に趣味かもしれんがw

「六道の悪女たち」
いい話なんだけど、幼田さんが「本人になりすまして潜入」ってところ
いよいよもって男女の境目みたいなのがわからなくなってきた感はするなw
そういうジェンダー的な面も本シリーズのテーマだったりするのかしら

「もういっぽん!」
016_20190609223239564.jpg
・・・・。なんていうかエモさしか感じない・・・!
これまで主人公でありながらまともな勝ち方できてこなかった未知ちゃんが
幼いころ兄に言われたことやミドリコ師匠から教わった技等
いろいろなことが一本の線にまとまって
自分より大きな70キロ級のさっちゃんを見開きで「ぶん投げて」
勝利するっていうのがもう語彙なくなるくらいエモい・・
017_20190609223241e4e.jpg
未知ちゃんの横で恐らくミドリコちゃんも同じように投げて勝利してるのもいいし
負けたさっちゃんも「くっそ~!」って顔しながらどことなく嬉しそうで負けて悔いなしって感じを漂わせてるのも・・
まだ31話だけどここまで全話外れなく面白いのホントすごいよなあ・・

「あっぱれ!浦安鉄筋家族」
こういう運の無駄遣いしてることろ「春巻 龍」って男の生きざまを体現してるようですなw
でも長期休みのたびに遭難しつつもしっかり生還してるから全体としてはすごい剛運の持ち主なのかもなw
018_20190609223242d93.jpg
はなくそ一発のおばちゃんの娘さんかわいいw

「鬼のようなラブコメ」
最終回ッッ!!センターカラーッッ!増ページッッ!
019_20190609223244e2f.jpg
1年に満たない連載なのにまるで10年続いた作品の最終回のような好待遇だし
実質それに見合うだけの面白さと人気はあったんだなあ・・
そう考えるとなんで終わらせちゃうのかって気にもなってくるけど
ラストの〆かた見るに、やっぱりきこちゃんをめぐる赤志くんの戦いのお話だし
これは当初の想定された終わり方だったんだろうなと思うし
全5巻ってことでサクッと読めて全編おもしろいっていう
まさに「傑作」になったんじゃないかなって思うのね。
だらだら続ければいいってわけでもないしな。
020_2019060922324584d.jpg
一部の例外を除いて悪い奴はほとんど出てこなかったところもいい感じでした。
いづみ先生、ひとまずお疲れさまでした!
次回作、こころから楽しみにまっております!

「2」
シリーズ読み切り~
ではあるんですが・・
前作「3」もだけど、絵と展開がやっぱり我輩の感性に合わないというかなんていうか・・
ん~

「ロロッロ!」
こうないしゃせいたいかい!
021_20190609223343dea.jpg
恥じらいはエロスに占める重要ポイントとはいいますが
エロおやじからおしとやかな少女になるとこうも印象変わるもんなんですなあw
022_201906092233449a5.jpg
023_201906092233467d1.jpg
R242 G176 B177 で検索すると・・・w
メインキャラのお乳首の色をこういう形で教える漫画って前代未聞なのではw

「吸血鬼すぐ死ぬ」
なにより衝撃だったのはラーメンヘッドさんの頭が被り物だったってことだなw
024_20190609223347442.jpg
しかも割と強面系のイケメンw

「週刊少年チャンピオンを創った男たち」
今週は4代目編集長神永さん!
長年疑問に思ってた
「なんで秋田書店なのに「サンデーコミックス」なんだ?」っていうのが
やっとわかった・・
025_2019060922334946d.jpg
もともと他所がやってこなかった雑誌連載作品の単行本を秋田書店が出していて
それを他所が自社で出すようになったから秋田も雑誌を作ることになったっていうのが興味深いし
爆発的に売れたサンデーコミックスの売り上げがその資金源になったっていうのも不思議なめぐりあわせというかなんていうか。
ジャンプ漫画ばっかり話題になるのは、やはりあちらさん有り余る資金力で
プッシュしたい作品を徹底的にやるからだと思うし、秋田はそれがなかなかできないから
BEASTARSや入間くん、時にはペダルまで他所で連載してるって思ってる人がいるって状態になっちゃってるんだろうなあ。
アニメ化決まった入間くんやBEASTARSよりも、あるていど安定した客層が見込める
ペダル、刃牙、グラドル、さらには始まったばっかりのグリコがやたら表紙になるのもその一環なんだろうけど
やっぱりプッシュすべき作品は多少無理してでも推してほしいというのが正直な感想。
作品と雑誌の知名度が結びつかないのは今も昔もチビシイところですな・・

「熱笑!花沢高校」
再掲ッッ!
本作未見ではあるんですが
路線変更してシリアスになる前のギャグ回ということらしい。
豪快にウンコとか出してくるあたりどおくまん先生らしくていいなというかw
026_20190609223351c7a.jpg
映画の上映中に主人公がウンコ漏らして、それをヤクザの親分が
犯人さがしするっていうシチュエーションがまず今では考えられんなw
どおくまん先生、ご存命のはずだけどインタビューできなかったのかなって思って調べたら
共にどおくまんやってた弟さんを亡くされてから筆をおき、どおくまんプロの経営も
残った二人の仲間に任せてご自身は隠遁生活中らしい・・

「週刊少年チャンピオン50thアニバーサリー」
027_2019060922335273a.jpg
「番長惑星」も名前だけしか知らなかったんですが
ちょっと前に流行った並行世界ものだったとは知らなんだ。
やはりトキワ荘の先生方は未来に生きてたんだなあ

今回はここまで!



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:週刊少年チャンピオン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/06/09(日) 22:44:14|
  2. 週刊少年チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<06/09のツイートまとめ | ホーム | 06/08のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/4692-5bc28f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する