FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

週刊少年チャンピオン32号 僕トシちゃん25歳、50周年の年に再録される男

刊少年チャンピオン32号の巻。
こんばんは、ナベキチです。

「グラップラー刃牙」
再掲ッッ!・・・ではなく
なんと板垣先生御自ら第1話を描き直すという企画!
001_20190717223940764.jpg
有名な「オイオイオイ、死ぬわアイツ」が削られてることに不満の声もあるみたいだけど
昔とおんなじセリフ、おんなじ構図で絵だけ描き直しても面白くないっていう
板垣先生のお考えだとぼかぁ思うなァ。
あんまりネタにされるからあえて外したって考え方もできるし

「レジェンドインタビュー板垣恵介先生」
そしてレジェンドインタビューッッッ!!
002_201907172239410f3.jpg
刃牙1話は難産だったってのは割とよく聞く話だけど
板垣先生自ら没にして描き直したのは知らなんだ・・
いきなりあそこから始めたからこそインパクトもあったんでしょうなあ。
なんだかんだで我輩も刃牙シリーズ大好きだし、創作に妥協しない板垣先生も大好きですぜ

「ゆうえんち」
凄惨なシーンだけど、これまでしてきたいじめの事を考えると当然の報いって感じはするな・・と
003_2019071722394240c.jpg
って後のゴブリン春日だったんかお前!

「BEASTARS」
自分がフラれた男のところに恋愛相談に押しかけるあたり
ジュノちゃんはやはり立派な肉食獣な気がする・・・
004_2019071722394410a.jpg
これまで異種族間の恋愛がどういうことになるか嫌って程体験していただけに
彼女を納得させられるような答えが出せるとは思えんが・・・

「あつまれ!ふしぎ研究部」
体育祭の時もそうだったけど、鈴ちゃんは自己評価が低いというか
そういうところからくる行動なんだろうなと。
005_20190717223945b32.jpg
ただぼっちだったころと比べて今はふし研以外にも友達がそれなりに増えて
そのきっかけを作ったのが大祐くんだったってことから
006_20190717223947fad.jpg
やはりときめき度はじわじわと上がってきてるよね、確実に。

「ロロッロ!」
ギャルコンビの片割れでアミちゃんに比べると割と出番控えめだったランちゃん回!
007_2019071722394802a.jpg
「ウリ」って言葉使ったり、見た目少々キツイ感じなのに
かわいいものが大好きってあたりのギャップ(か?)がいいよね・・
そんなランちゃん先輩に嫉妬するうみちゃんはもう完全に彼女気どりじゃのぅw
008_201907172239507fa.jpg
良き良き

「あっぱれ!浦安鉄筋家族」
これまで数多くの糞害をまき散らしてきた国会議員だけど
やっぱり迷惑をかけてるという自覚はあったのか
無菌無臭のウンコを修行で身に着けるっていい人じゃないですか。
010_20190717223951b38.jpg
あと通貨偽造になるから絶対使うなって釘刺すあたりも。
011_20190717223953555.jpg
KYワカマツとかアンドレとかプロレスネタもいい味出してましたw

「魔入りました!入間くん」
012_201907172239542fd.jpg
そうだよな、アズくん「破壊」と「美徳」の魔界の良家の子だし
問題児クラスにいるけどランクもすでに「4」だから
本気というか悪周期開放すると、その辺の悪魔なんて相手にならないくらい強いんだよな
そんな彼を正気に戻すキーワードが「入間」って、アズくんどんだけ入間くん好きなんだよ!
013_20190717223956ffa.jpg
恋する乙女かよ!

「どらコン!」
よし、同棲まではいったな!
014_2019071722395705b.jpg
もう人間に成りすまして一緒の学校の一緒のクラスに二人して転校してくるところまでベタなのやってほしいw
あとマイちゃんも一応トオルくんのことはそれなりに好意的に見てる感じかしら?
015_20190717223959c32.jpg
嫌ってたり気にもしてないレベルなら嫌がるはずだしな。

「六道の悪女たち」
虚を捨てて実を取る道を選んだか・・いやむしろこの場合逆か?
016_20190717224000df6.jpg
せっかくまとまりかけてた話を自ら壊す六道くんの行動には賛否分かれそうではあるけれど
やはり告白までしてくれた椰子谷に嘘はつけないっていう気持ちが勝ったんだろうなあ・・
彼女が怒り狂う・・というよりは愛していた女と男が同一人物ってことで愛が暴走する方向に向かいそうな予感

「足芸少女こむらさん」
いかに足芸少女とはいえ、「休足日」は必要か・・
017_201907172240029f4.jpg
多少の怪我程度では休まないとかそういう無茶なことしないあたりにも
彼女の超人的足芸の秘訣みたいなのがあるのかもなあ

「もういっぽん!」
何度も書いてるしこれからも書くと思うけど
このスピード展開こそが本作のミリキの一つだと我輩思ってるのよね。
トウィッターの予告画像で、まさかいきなり負けたところは見せないだろうからこれは逆に5人抜きして疲れて倒れてるところかな
って予想してたらそれに近いことが起きてた。
018_20190717224003008.jpg
しかしこれで博多南のさっちゃんから数えて5人抜きになったのか。
それでいて見せるべきところはしっかり大ゴマや見開きを使ってくれてるし
020_20190717224006a61.jpg
ネオ園田を疲れていたとはいえ瞬殺することで一瞬で「この人強い」ってのを見せてくれるメグさんといい
展開が淡白にはならないのもやっぱり「技」なんだろうなあ。
ネオ早苗はテリーマンのように重量級キラーになれるか・・?
019_201907172240057ae.jpg
しかしメグさんクラスが「中堅」ってことは後ろにはもっと強い人たちが控えてるのか
それとも・・・?

「うそつきアンドロイド」
読み切り!
は、ロボフェチな男子と付き合うために自身をアンドロイドだと偽ってしまった女の子のお話~
021_20190717224008ac0.jpg
ギャグまんがだったら最終的に自身をメカに改造しちゃうとこまで行っちゃいそうだったけど
ラブコメって感じだからこういう形でいいのかも?
作者さん、トゥイッターでバズってる方らしく
川村拓先生といい、こういう所から在野の将を見つけてくる起用法増えたよねと。
022_20190717224041cd8.jpg
それに難色を示す人もいるみたいだけど、持ち込み等にくらべると
描く側も発表しやすいし、取る側も探しやすいって利点は大きいので
もちろん持ち込みとかも大事にしてほしいけど令和ならではの発掘方法って感じかなあって。

「吸血鬼すぐ死ぬ」
我輩関東生まれ関東育ちの関東在住だけど
それでも新宿駅は何度行っても慣れん。
023_201907172240434fb.jpg
まさにダンジョン

「謀略のパンツァー」
アンちゃんの家とパンツァーたちの因縁!
修学旅行編、もっと引っ張るかと思ったけど割とアッサリ目に終わった感じ?
024_20190717224044128.jpg
あとヒロインのなかではシルヴィアちゃんが圧倒的人気なのか・・
これは今後の展開に影響してくる感じか?

「愛か肉か」
読み切りッッ!
前作「KASABUTA」でチャンピオン読者に強烈なインパクトを残した後だけど(だけに?)
今回は普通に昔ばなしIFってな感じのラブコメでありましたw
025_20190717224045f90.jpg
しかし今号だけ見てもラブコメ度高いな!80年代のサンデーみたいだ。
サンデーの事ほとんど知らんのですが。

「ジュニオール」
最終回ッッ!!
てっきり関工業に勝って終わりなのかなって思ってただけに
この展開は予想できなかった・・!
026_20190717224047c3a.jpg
ただもともとのコンセプトが「大人たちへの反逆」「既存のサッカーをぶち壊す」ってなところにあったので
終了が決まったからこうなったんでなく、もともと想定された決着のつけ方だったんだと思うな。
ただ「ここから」可児三がどういうチームになっていくかが面白くなっただろうので
ここで終わりなのはやはり残念だなあ・・・
いつかどこかで続きが読めるといいな・・と
灰谷先生、まずはお疲れさまでした!

「週刊少年チャンピオンを創った男たち」
今回は歴代の編集者の方々が集まっての壁村編集長回顧録!
やっぱり「良くも」「悪くも」個性の塊みたいな人で
027_20190717224048494.jpg
「編集会議はやらない」「多数決では常識的な作品しか生まれない」って考え方
アンケ至上主義のジャンプの真逆って感じで、だからこそ資本力では大きく勝る集英社相手に
70年代週刊少年誌の天下を取ることができたのかなあって。
ただワンマン、暴君だったところもちゃんと触れていて
鴨川つばめ先生をはじめ、使いつぶされてしまった作家の事とかも語ってたのは良かったかな・・と

「マカロニほうれん荘」
再掲ッッ!
は、中盤の丁度絵も話も絶好調だったころのお話!
028_20190717224050158.jpg
いつものトリオに加えルミちゃん以下女子大生トリオも登場する回でありました。
がきデカやらんぽうもそうだったけど、生物と呼ばれるギャグマンガでも
真に面白いものって、何年たっても面白いのだなって再認識。
029_20190717224051ff0.jpg
実は絶版になってなくて大きい本屋いけば今だにチャンピオンコミックス版で置いてあるので
興味出たって人は買ってみることをお勧めするよ!
全9巻で読みやすいし

「週刊少年チャンピオン50thアニバーサリー」
「運び屋」ってカテゴライズできる作品が二つありましたか・・
031_20190717224054376.jpg
ゲッチューは好きな漫画だし、ミッドナイトは手塚先生晩年の作品ってことで読んでみようとは思ってるんだよな

今回はここまで!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:週刊少年チャンピオン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/07/17(水) 22:54:33|
  2. 週刊少年チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<07/17のツイートまとめ | ホーム | 07/16のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/4756-e7fae724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する