FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

別冊少年チャンピオン2月号 「スピーシーズドメイン」

冊少年チャンピオン2月号の巻。
こんばんは、ナベキチです。

「怪獣のトカゲ」
一本目
京香お嬢様はまともな早苗って印象なんだよなあ。
001_20200209213202aef.jpg
アレほどイカれてないというか
ちゃんとトカゲちゃんの気持ちを読み取れるところとか

二本目
そんな彼女がカメじろーとも出会ってしまった以上
まあある程度暴走するのはやむなしというかw
002_202002092132035af.jpg
暴走&悪乗りする二人をトカゲちゃんがツッコんで制止するのがちょっと新しいというかw

「RED DATE PLANET」
保護対象は人種、国ごとに男女一人づつっていうのは
まあ理にかなってはいるが・・・

「マウントセレブ金田さん」
一本目
003_20200209213204e17.jpg
白石さんのこういう表情ってすごいレアだな!
神様ありがとう!

二本目
004_20200209213206535.jpg
005_202002092132073e8.jpg
までもホビー漫画ってこういう「主人公より明らかに年長」な敵がいることも
めずらしくないし・・w

「潮が舞い子が舞い」
一本目
浜さん、無職だけどそうなった事情みたいなのはあるし
006_20200209213209712.jpg
「働いたら負け」みたいな世の中舐めた考えじゃなくて普通に求職活動も一応してるし
無職なことで自棄になって周りにあたりちらしたりもせず
近所づきあいも良好なあたり全然まっとうな「大人」だと思うんだけどな。

二本目
友達といる時はあれだけエキセントリックなバーグマンだけど
カースト低めの男子から見ればやっぱり高値の花っていうか
そういう存在に見えるんだなあって。
007_2020020921321013e.jpg
さすがにバーグマンも誰彼構わず妄言まき散らしてるわけでもなかったし
バーグマンはこの事一か月後くらいにはすっかり忘れてそうだけど
刀禰くんの心のメモリーにはずっと残ってそうな出来事でした。

「マジカルパンチマジカル抜き」
悪魔との戦いよりもリンリーちゃんとの和解の方に尺を取ってるあたりが
この漫画を象徴しているというかそんな感じが。
008_20200209213212603.jpg
拳を交えて芽生える友情もあるけれど
大好きな友達だからもう絶対戦いたくない(組み手は可)っていう気持ちもよくわかるんだよな。
009_20200209213214867.jpg
間接的になら効く魔法も悪いやつを倒すためのものだから使わないってあたりも徹底してたし
我々が思っていたより久遠ちゃんずっといい子なのでは。

「NはNullのN」
一本目
谷山浩子さんの「そっくりハウス」って歌がこんな感じだったなw
010_2020020921380164e.jpg
♪そっくりハウス その外にまた おんなじお家

二本目
先輩と後輩シリーズの集大成?
ともいうべき二人の出会いのお話。
こういう話くると完結とか近いのかなって勘ぐっちゃうのよくないな俺。
011_202002092132167da.jpg
せめてタンコーボン出るくらいまでは続いてほしいし
中村ゆきひろ先生は大好きな作家さんなので・・
「眠らないでタエちゃん」の2巻以降もまだあきらめてないからな

「ニコニコ日記」
読み切り!
は、故郷をなくし、地球への移住を計画している宇宙人のお話。
012_20200209213218bcd.jpg
でも武力で征服とかそういうんでなく
地球人として「同化」することでさりげなく溶け込んでいこうという平和なお話~
013_20200209213219008.jpg
郷に入っては郷に従えって言葉が宇宙にもあるのかはわからんけど
極力地球人として暮らしていこうと努力できるところはさすが高度な文明の宇宙人ってところでしょうかw
014_2020020921322118e.jpg
「味覚」というものを初めて知って異常反応示したりと
015_20200209213222f02.jpg
連載は難しいネタかもしれないけど面白かったw

「スピーシーズドメイン」
ついについに最終回ッッ!
016_202002092132241c2.jpg
は、卒業から数年後の元クリエイティ部の面々のその後を描いて幕という形になりました。
大きな波乱もなく、くっつくべき相手とくっついてたのは良かったし
田中がちゃんと土和家に順応していたのが一番うれしかったかな~w
017_20200209213225cbf.jpg
ただ欲を言えば、覚醒した一行の生徒会執行や
3年生の一年間を見たかったかなって・・6年半続けたから
もうそれくらいやってもよかったんじゃなかったかな~って思ってみたり。
後は他のクラスメイト達のその後とかね。
一話丸々使って彼ら準レギュラーの話やってから最終回でもよかったかな~とも思うな・・
それでも基本コメディーで大きな鬱展開とかもない作品で月刊誌で6年半やれたのは
大成功と言えるでしょうな!アニメ化はしてほしかったけど!!!
018_20200209213227c8c.jpg
野呂先生、本当にお疲れさまでした!
一日も早いご帰還をお祈りしつつ今はごゆっくりお休みください!

「龍神かごめちゃん」
019_20200209213228bf4.jpg
かごめちゃんは龍神である以上
カンクローくんと一緒の時を過ごすことはできないわけで
そう考えるとたとえ仮初でもいいからこういう恋愛ごっこみたいなことしてみたいって思うの
020_202002092132309fc.jpg
少し悲しいしいじらしいなあって・・・

「別チャン2020年掲載作家(抱負)」
ん?抱負ってことは確定ではないわけか?
021_20200209213248199.jpg
読み切りか連載かはわからんがこれだけのメンバーだと相当入れ替えしないといけないわけで。
ただ割と秋田書店出身や経験者で固めてくれてるあたりが大きいか。
さて?

今回はここまで!




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:週刊少年チャンピオン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/02/09(日) 21:45:06|
  2. 別冊少年チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<02/09のツイートまとめ | ホーム | 02/08のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/5106-bf01b072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する