FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

いじわる妖怪 天邪鬼

ジの27時間テレビは、日テレのそれと違って
しゃらくさいテーマみたいのが無いから素直に楽しめてよかったね。
ひょうきんオールスターズもいたし。
こんばんわ、ナベキチです。

え~それとは関係ないものの
今日は漫画の神様の意外な漫画紹介~

ア・トムキャット
「アトムキャット」~
手塚先生が晩年の1986年に、あえてリメイクしたという珍作で
掲載は 「ニコニココミック」 というなんか動画投稿サイトみたいな雑誌。

ストーリー
弱虫の少年 「つぎ夫」 はペットの猫 「アトム」 と共に
地球を調査に来た宇宙人の運転する車に轢かれてしまう。
宇宙人はつぎ夫たちを蘇生させるが、猫がどんな生き物か知らなかったため
つぎ夫の頭の中の 「鉄腕アトム」 のイメージを勘違いし
アトムを 「鉄腕アトム」 と同じ七つの威力をもつスーパーキャットに改造してしまう。
こうして生まれ変わったアトムは、つぎ夫を助け活躍するのだった。

しょっぱなからコレ
リメイクというよりセルフパロディに近い内容で、「鉄腕アトム」 とはストーリー的なつながりは無く
あくまで漫画の、しかも昔のヒーローだったっていうのがなんかいい。
この辺も以前書いたけど、晩年の手塚作品の
「自分の描きたいことをのびのびと描いてる」
印象があって好きだなあ。

86年だもんなあ
86年・・アニメのアトムからも6年後か・・・
自虐
先生・・・自虐ですか?

なお、ニコニココミックは7号で滅亡したので(もうちょっと続いたっけ?)
この「アトムキャット」も7回で打ち切りのような形で終了というなんとももったいないことになりました。

もうちょい続いてれば、さらなるカオスが見られたろうになあ・・残念。


おまけ
この辺も
時代を反映した単語が結構出てくるのも特徴
「うちでファミコンやってたほうがよかった」
とかね。

手塚先生はやっぱり進化を続けた偉大なる漫画家だったんだなあ・・・
改めてそう思うでゴワス。

BGM:アトムズ 「未来へ向かって」
これ手塚先生作詞なんだよね。
♪僕~の~腕と足は~ジェットで~空を飛~べる~
アストロ・ボーイ アストロ・ボーイ マイティーアトム~
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/28(月) 00:00:49|
  2. こんなん見っけました
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<電気妖怪 かみなり | ホーム | コマ妖怪 あまめはぎ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/590-ca90c323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私書箱・身分証不要

池袋の私書箱の紹介です
  1. 2008/07/28(月) 12:12:35 |
  2. 激安!池袋の私書箱新規オープンです

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する