FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

鏡地獄!妖怪うんがい鏡

なさんこんばんわ。
スパロボ購入はとりあえず保留のナベキチです。

いや、やりたいんだけど時間がね・・・
仕事始めてからは本当に据え置き型のゲームしなくなったな~
電車の中でPSPやDSはやるけど。
そう考えると、社会人を境にゲームから遠ざかる人が多いってのもなんか納得できちゃうかな・・
悲しい話だが。

まぁ少々値段が高いってのも一つの要因ではあるんだが。
特典とかいらない派だし、待てばちったぁ安くなるよね?

異論はあるかもしれないが、スパロボってゲーム性云々よりも
自分の好きな作品のユニットを使って大暴れできるってところが醍醐味だと思うのよね。
反感覚悟で書くけど、ごっこあそびの延長線上でしょ?

キャラゲーに念密な戦略性とか求めるべきではないだろうし、プレイヤーの大半も
大戦略並みの難易度とかは望んでないような気がするのよね。

なんで、我輩邪道かもしれないけどスパロボはコードで資金MAXにして
好きなユニットを完全改造してプレイするってスタイルにしてます・・・
Wはゴライオン単騎でクリアーしました。

最近は変にシステムとかが凝りだして、それでも無双状態って訳にはいかないのもなぁ・・
ま、そのうち買お。


BGM:たいらいさお 「たて!バルディオス」
♪撃て!亜空間ビーム~狙え!バルディカッター~吼えろ!サンダークラァーッシュー!
勝利の火~たて!バルディオ~ス~チャージアァップ~宇宙~戦士バルディオス~

おまけ
説得力あるな
地下鉄に貼ってあった交通安全ポスター。
光くんって初期は結構ワルだったわけですが・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/09/25(木) 23:20:04|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<妖花の森のがしゃどくろ | ホーム | 妖怪風の又三郎>>

コメント

その考えよくわかりますね。FまでのスパロボはDCという集団に作品の敵さんをまとめていて難易度もけっこう高くシミュレーションゲームといった感じがしましたが、α以降は好きな作品やユニットで大暴れという感じがしますね。まあ自分の好きな作品が参戦してその主人公機が滅茶苦茶弱いなんてことがあったら悲しいですしね。難易度が高いのを望んでいるならOG系がけっこう難易度高めなので問題ないでしょうね。

それにしてもゴライオン単騎クリアはすごいですね。
  1. 2008/09/26(金) 12:33:58 |
  2. URL |
  3. 第4のペロリンガ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/639-7153a907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する