FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

女王の陰謀

なさんこんばんわ。
ゴールデンウィークも佳境、いかがお過ごしでしょうか。
チャンピョン禁断症状が出始めたナベキチです。

あと三日・・・!そしてもう一日耐えればイカ、みつどもえの単行本がっ!

さて、モンモンしててもネロクイーンお姉様にマクロシールで悪魔にされるのがオチなので
ちょっと気持ちを切り替えて、四大少年誌の作品分析(90年代初頭)を紹介
ソースはサルまんから~

saruman01.jpg
まずはジャンプから。
「努力・友情・勝利の三原則さえ守れば内容は何をやっても可。むしろどこまで日常性から飛躍できるかがポイント。何億光年飛躍しても可」

ってのが黄金期のジャンプの勢いを現してるよね。
・・・今は?
「最後に勝ちさえすれば、人が何万体破裂してもOKです」
どうせ生き返れるからね、ドラゴンボールとかね。

saruman02.jpg
次、マガジン~
「致死量スレスレまでの汗を流す爽やかさ。スポーツにおける勝利は地球より重い。根性!!」

サンマガはよう知らんけど、そこまでスポコン物多かったっけか?

saruman03.jpg
サンデェ~。
「都会的で洒落たアニメ絵。インクに活性炭を混ぜてでも作品から泥・汗・野暮を脱臭しきるのが鉄則」

それってヲタ向けってことか?
ま~言われてみればそんな印象かも。
「全体的におとなしい印象を受けてしまうのはどういう訳か」
確かにインパクトがないような・・

saruman04.jpg
トリはわれらのチャンピオン~!

「男!!男の熱き血潮が煮え滾り義理人情を旨とし団の旗は宇宙より重くタイマンでは負けたことなくイキナリ大物で 「読者の命(タマ)殺ったる!!」位の殺気をペン先に込め一気に描きさらせば可」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。実際80年代はそんな感じだったからな~
下の作品傾向グラフでは「アニメ絵度1」(サンデーは10) 「オシャレ度0」 に対し硬派度が 「30」 (10段階評価で)ってあるんだけど、あながち間違ってないんだよな・・
ま、30はやりすぎだと思うんだが。

これに気づいたのか、はたまた自然の流れか、それ以降
チャンピョンも次第にバランス型になっていくんだけどね。
最近はまた硬派よりに戻ってきてるようでもあるんだが。

さて?

BGM:nana×nana 「Success,success」
これも90年代だったよな。
♪家に帰~りゃすぐさま勉強だ~!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/05/05(火) 01:32:49|
  2. 週刊少年チャンピオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一夜の大勝利 | ホーム | ダビデ王誕生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/815-0fd88461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する