FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

あの巨大ロボットを撃て

さらだが、日本人の英語を無闇に有難がる風潮はなんとかならんもんかね。
こんばんわ、ナベキチです。
特に「スイーツ」ね。
「お菓子」 「おやつ」でいいじゃねーか!
そんなに英語が好きならアメリカでもイギリスでも行って二度と帰ってくんな!

あと漫画を 「コミック」 っていうのもなんか嫌だなあ。

・・・・さて!前置きはほどほどにして今日は 「漫画」 の紹介~
フランケン・ふらん 1 (チャンピオンREDコミックス)フランケン・ふらん 1 (チャンピオンREDコミックス)
(2007/11)
木々津 克久

商品詳細を見る


チャンピオンRED連載中の 木々津克久先生著 「フランケン・ふらん」でぇ~す。
ストーリー~(背表紙より抜粋)

謎の美少女・ふらんのメスが光る時、生み出されるのは奇跡か悪夢か!?
話題のメディカルホラー登場!

まあこれだけだとよくわかんないと思うので補足すると

死者をも蘇らせるという天才生物学者、斑木博士(現在行方不明)によって作られた人造美少女「ふらん」が
博士に勝るとも劣らない悪魔的な医療術で、様々な患者や事件を解決・・・といういわばブラックジャックタイプの天才外科医漫画なんだけど、他の医療漫画が基本的に「医術」で患者を「救う」のに対し
ふらんがするのは基本的に 「生体改造」。
しかもあくまでも「彼女なりの」倫理や良心にのっとってやっているので(もちろんお金は取る)
患者が必ずしも 「救われる」 とは限らないのが結構ダーク。

乱暴に例えると 「ブラックジャックと笑ウせぇるすまんとアウターゾーンを足して3をかけた」感じ。

笑ウせぇるすまんとアウターゾーンに例えたのは
普通の医療漫画が基本 「病気を治す」 ってパターンなのに対し
「体に関する悩み事」にふらんが首を突っ込んだり、逆に相談されたりするあたりと
ほぼハッピーエンドに「ならない」あたりが喪黒さんとアウターゾーンっぽいんだよねぇ。

詳しく書くとネタバレになっちゃうから控えるけど、いい話で終わる・・・と見せかけて
最後のページで盛大にオトすってパターンが本当多いんだわ・・

また 「メディカルホラー」 と銘打ってるだけあって、手術シーンは生々しくてグログロ。
手術後の「患者」が人外のそれになっちゃってるのもかなりクるものがあるので
そういった描写がダメな人は見ない方がいいかもなあ・・
「毒々モンスター」シリーズあたりが近いかな?(表現的に)
我輩は好きだけどね。
B級映画風
単行本内表紙より。
やっぱB級
B級ホラー映画のポスターっぽい雰囲気がいいよね。

こんなんばっかです
斑木邸の日常。
屋敷にはふらんや博士が生み出した改造生物がたくさんいて、まさに怪物屋敷。

スーパーモード
ふらん自身も人造人間なんだけどね。
大手術で手が足りないときはこの様にマイナーチェンジをします。


と、まぁこんな具合に必ずしも万人にお勧めできる作品ではないんだけど
(ゾマホンのレビューでも一人だけ猛烈に叩いてる人がいたなぁ・・)
キャラクターは魅力的だし、お話もダークだけど展開が読めないインパクトのあるものなので
グロ耐性があるなら読んでみてはどうかと。
映像化は絶対無理だろうなぁ

おまけ
ふらんの仲間たち
ヴェロニカ
ふらんの後に博士に作られたいわば「妹」のヴェロニカ。
博士の護衛用だけあって、全身武器の殺人マシーン。
ふらんを殺すために屋敷に戻ってきたが、返り討ちにあい
絶対服従を誓わされることに・・
ふたりで学校
本人も殺意はもうないみたいだけどね
アドレアさん
全身に臓器をためておける 「生きてる臓器貯蔵庫」 アドレアさん。
ふらんの往診についていき、必要とあればチャックからすぐに臓器を取り出せます。
もちろん使った分は補充するんですが、その方法が・・・・
(3巻に詳しい補充方法と、アドレアさん誕生秘話が載ってるよ)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/06/23(火) 23:25:07|
  2. 漫画紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スタジアム基地の最後 | ホーム | 反撃!シンガポール奪回作戦>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/860-6f2666bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する