FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

ダイヤモンド鉱山 大争奪戦!

なさんこんばんわ。
昨日の映画の日 「ナイトミュージアム2」を観てきたナベキチです。

評価なんだが・・・・

「面白い!!見たほうがいいっつーか見ろ!」
100点満点中の325点くらい!
(頭悪い文だなあ)

最初はね、例のごとく適当に
「なんか面白そうだから」ってんで見に行ったんだようん、1未見だったし。
それが大当たりってんだから嬉しいね。
単に知識不足だっただけかもしれんが・・
ここ数年で観た映画の中で、文句なしのナンバーワンだったなあ。

1見てなくてもほとんど問題ないし(見てればもっと楽しめたかも)
スミソニアン博物館が舞台って事で、
「次、どんなのが出てくるんだろう?」 的なわくわく感がすごく良かったのよね。

えーーーー!お前がー!? ってなスペツァルゲストも約二名ほどいたし(笑)
劇場でも笑いが起きてたね。
誰かはさすがに秘密。どうしても知りたい人は見に行くかWikiを参照

詳しくは書かないけどクライマックスは
ラリーたち「正義の」偉人軍団 対 カームンラー率いる「悪の」偉人軍団の
壮絶なバトルで見ごたえ十分、
絵面的にものすごいことになってるので、必見!
歴史人物たちのコラボって個人的に好きだから、テンション上がったね!

ま、人選の線引きにちょいと「?」な部分はあるが・・
カスター将軍が正義側で、ナポレオンが悪側ってクレーム来そうだよね・・でもヒトラーがいなかっただけましか?」(ネタバレ)

何より良かったのは、殺伐としてなくてあくまで「コメディー路線」を貫いてること。
今回のラスボス、カームンラーもなんか憎めない感じだったし
(ギャグシーン多し)
これが邦画だと、余計な「泣けるシーン」なんかを入れて
結局どっちつかずの中途半端な作品になることが多いんだよねえ。
(最近邦画はほんとうにそんなのが多い!)

コメディ映画なんだから腹のそこから笑いたいんだよ!
変な感動要素なんかいれんな!

・・・・ん、失礼。
まぁともかく、こんな駄ブログの感想なんぞ見てる暇があるなら
最寄の映画館にダッシュして今からでも見に行くべき傑作だと思うね!
(待て、今までの文の存在意義は何だ)

とりあえず 「アメリア・イアハート」 についてはもっと知りたくなったナベキチでしたとさ。
もう一回観に行っちゃおっかな~
エイミー・アダムス萌え~~~!

とりあえず劇場予告編をば・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/09/02(水) 22:07:31|
  2. アニメの感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メキシコ国境空から殴り込み | ホーム | 死の刑務所必死の脱出 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/920-eef4660e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する