FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

国際戦争仕掛人を追え!!

タク業界のアレなニュースについて色々語るの巻。
こんばんわ、ナベキチです。

古い上、やや愚痴気味になるかもしれんので、嫌な人は戻ってくんなまし。
長いよ~

その1~
島袋光年「トリコ」読者考案キャラに重大なパクリ発覚/ニュースウォッチ

ん~~。まぁこれぁ単純に作者と編集のチェック不足ってことじゃなイカ?
キン肉マンだってネプチューンマンはホーガンだし
サンシャインはゴールドライタンまんまだったしな。
比べるものでもないが、進研ゼミの読者ページなんかひどかったぞ。
でもスクエ二と蜜月の関係にあるジャンプで気づかないってのぁどうかと?

っつーかジャンプってまだこういうことやってたのね。
そのネタはまずくないか?

なんとしたこっちゃ~!

こーゆーんならギャグで済まされるんだがな。

その2~!
弘兼憲史氏、ジャンプ作家を斬る

あ、これは同意せざるを得ないわ。
むしろ遅かったくらいで、やっぱりこういう権威のある人がガツンと一発言ってやるのがいい薬だと思うのですよ。
でもねー、正直今のジャンプには富樫某よりも売れてて人気のある人が大勢いるんだから
いつまでも産廃を飼ってて非難されるよりは
適当なところでバッサリ終わらせたほうが雑誌のためにも良いとぼかぁ思うんだけどね。


その3~
あじま先生、アニメ版けいおんに辛辣な批評

我輩正直、「けいおん」は原作もアニメもほとんど知らないんだけど
そこまで嫌だったのかなぁ。
や、なんだかんだであじま先生ってロリでシュール漫画のパイオニア的立場だからさ
妙に説得力あるような無いような・・
先駆者

しかしメイド喫茶まで嫌ってたのはちょっと意外。
嬉々として行ってそうなんだが
ポロリって海賊なんだよね

ま、嫌ってるのはあくまで 「アニメ版」 の方で原作はそれなりに評価してるみたいだから
作品そのものがダメってことではないんだろうな。

・・・・でもアニメの方も有名な 「京都アニメーション」 って所が作ってるそうで
CDも狂ったように売れてるって話だしなぁ?
(どんだけ世事に疎いんだよ、仙人か我輩は)
そんなに原作と違うン?

でもやっぱり食指は動かないナベキチでしたとさ。
そういわんでもええやんねん
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/10/27(火) 00:53:12|
  2. 普通の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ギャングに挑戦 激走カーレース | ホーム | シカゴ戦争 ママコング大活躍>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/973-7141b753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する