FC2ブログ

ナベキチの珍奇講座 

他所がやらないようなアニメや漫画の紹介をするブログ・・だったのが今や秋田書店の漫画感想がメインに。

壮絶!シルバーチーム大奮戦

わいそうなみさとさんの巻。
こんばんわ、ナベキチです。

まぁオタクマンが「みさと」と聞いて真っ先に連想するのは「葛城ミサト」でしょーが
我輩が言うのはマジンガーZに出てきたボスの従兄弟の 「みさと」さんなのですよ。
(声は山口奈々さん。肉の小百合王妃って言えばわかるか?)

第64話で突如登場(一応前話でその含みはあった)した彼女。
光子力研究所の家政婦として来たものの
登場回で研究所をのっとろうとした凶悪死刑囚三人を手玉に取り、
ヘリや戦車も運転できる上に電子工学にも精通。
研究所のピンチをたびたび救い、戦闘要員として正式に所員に認定される。
そのうえボスとは似ても似つかない美人で、性格もさやかに比べグッとおしとやか。
家事全般なんでもござれと
ギャルゲーのメインヒロインかライトノベルの主人公かってほどの完璧超人ぶり!!

ロボットの操縦こそしないものの、仕込めば恐らくさやか以上のパイロットになるであろう
・・っていくらなんでもさやかさんがかわいそうだよなあ。
番組プロデューサーの横山賢二氏によると
「たぶんさやかがあまりにヒロインらしくなくなってしまったから、その対比として登場させた」
との事で、なるほどヒロイン然としてるのもちょっと納得。

で、なんでかわいそうなのかっていうと
スパロボをはじめ、コミカライズやリメイクアニメ等に一切出してもらってないってとこなんだよな。

スパロボ64では一回こっきりのゲストキャラのはずの「エリカ」ですら仲間になるというのに・・!
みさとさんもパイロットにしてやれよー!
マジンカイザーや真・マジンガーでも完全無視!
東映版アニメのキャラだからってのが理由になりそうだけど、マジンカイザーの一話に出てきた大量の機械獣のほとんどは東映アニメ版のみの機体だから、みさとさんをハブる理由にはならないよなぁ。

まぁ、その弱点のない完璧っぷりが逆にキャラとして使いにくくしてるってのが
理由なのかも・・・
ロボに乗らないのも、戦闘メインの作品としてはマイナスだったろうし。

でもローリィやロール、東らマジンガー軍団の役立たずどもよりは(ひでぇ)
絶対有能だと思うんだが、ねぇ?




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/11/22(日) 02:49:56|
  2. 我が愛しのキャラクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メニューは暗殺アラカルト | ホーム | オー・ゴッド!南海の決死行 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nabekiti.blog74.fc2.com/tb.php/996-7a0a298e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ナベキチ

Author:ナベキチ
生年月日 銀行強盗の日 ロンダースファミリー結成日

出身地 ジュラル星

趣味   昭和の文化研究、マイナー・怪漫画収集

ガンダムよりイデオン、ダグラム。ジャンプよりチャンピオン。アニメージュよりOUT。ヤッターマンよりイタダキマンが好き。

子供のころはジャンプ派だったが、高校のときにチャンピオンの魅力に取り込まれ、いまやすっかり秋田信者。
チャンピオンこそが最強の週刊少年誌であると信じて疑わず
最近ではREDやいちごにも手をつけている
チャンピオンジャンキー
だがそれではイカんと言うことで最近は他社の漫画もボチボチ読んだりしていたりする。
現在何度目かの流行リハビリ中。
意外と軌道に乗っていい感じ。
最近ではプリキュアシリーズにハマっており、一人で映画見に行くほどに回復。もしくは悪化。

いくら人気があり世間で流行っていようとも、興味の湧かないものに関しては絶対に手をつけないへそ曲がりなのでその点ご了承のほどを。
なおコメント、TB、リンクは自由ですが、一応健全なブログですので、アダルト関係はご遠慮ください。見つけ次第削除及び、スパムとして処理します。
あ、不快なコメントも消すよ。

最近の記事

現在のチャンピオン濃度

CP(チャンピオンポイント)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

あしあと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する